2017年09月20日

奥山の木材腐朽型きのこ

 個人的に毎秋恒例の奥山キノコ探索へ行った。
今回は、木材腐朽菌でキノコらしくない(傘、茎が無い)のが多く見られた。
まずは、急斜面の大ミズナラの根元で大きなマイタケを見つけた。
 漢字で舞茸と書き、見つけると舞うほどに喜び湧き出ることから名づけられたという。
マイタケ170920.JPG

マイタケ170920-1.JPG

 さらに進んでいくと色合いが鱒の切り身と似ていることから名づけられたマスタケ
発生初めは、可食だが古くなると固くなってしまい食用不適となる。
マスタケ170920.JPG

 ミヤマトンビマイタケも見られた。これも同じように幼菌は、可食と言われている。
ミヤマトンビマイタケ170920.JPG

 ツガの枯れ木でサンゴハリタケが見られた。食用となるが無味無臭とあっさりしている。
サンゴハリタケ170920.JPG

 最後は、エゾハリタケ
湯でこぼした後で塩蔵して、塩抜き後味噌に半年以上漬け込んでからと食べるまでに
 かなり手間がかかるきのこだ。私はまだ食したとこがない。
エゾハリタケ170920.JPG
posted by 森のきのこ at 20:18| 東京 ☁| Comment(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

巻機山(まきはた山)登山

 台風が接近しているが連休初日は、天気が持ちそうだったので
新潟と群馬に跨る巻機山へ登ってみた。
 自宅を前日の夜に出て谷川岳PAで車中泊、5時40分に登山口の
桜坂駐車場へ車をとめて雑木の中を歩き始めた。
低木林170916.JPG

 1時間ほど歩くと若いブナ林の中を抜ける道となった。
太い木はまったく見られなかったので一度伐採されたあとにできたのかもしれない。
ブナ林170916.JPG

 急な道を何かありませんかな・・と目配せしながら進む登山道脇では
ツルリンドウとモウセンゴケが多く見られた。
 モウセンゴケは、湿地ではなく乾燥気味の場所に出るというコモウセンゴケかもしれない。
 7月に登った谷川岳でも同じような場所に生えていたのが思い出された。
モウセンゴケ170916.JPG

ツルリンドウ170916.JPG

 さらに進むと木々が、少なくなり森林限界っぽい場所に出た。
森林限界風170916.JPG

 巻機山避難小屋は、がっしりとした作りで中にはトイレもあり快適に泊まれそうである。
好天の時に宿泊して星空を見るのにも良さそうだ。
巻機山避難小屋170916.JPG

 8時30分に山頂へ到着した。
やはり日本100名山ということで人気がある山だ、既に10名ほどの登山者がいた。
 山頂は、ガスに覆われていたが時折風に飛ばされて八海山方面の展望が開けた。
 
巻機山山頂からの眺め170916.JPG

 下山途中では、サルナシの実、キソチドリ、駐車場で久しぶりにキベリタテハを見ることができた。
アオチドリ170916.JPG

サルナシ170916.JPG

キベリタテハ170916.JPG
posted by 森のきのこ at 10:06| 東京 ☔| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

菜園の虫達

 借りている菜園には、園主の好みで栽培している果樹・野菜の種類が多いので
これに依存する虫も当然のことながら多種類だ。
 注意深く見ていると一昨日のように熟した柿の実にクワガタまで集まってくる。
今日は、開き始めたイガにこれでもかというくらいホソヘリカメムシが見られた。
 この木には、ゴマダラオトシブミの葉揺も見られた。(いるわけないと思っていて見ていなかった)
ホソヘリカメムシ170910.JPG

 花ニラには、ヒメアカタテハ(写真)やイチモンジセセリが来ていた。
ヒメアカタテハ170910.JPG

 最近流行っているパッションフルーツを作り始めた人もいる。
花の形は、別名クダモノトケイソウというだけあって時計のようにも見える変わった形だ。
パッションフルーツの花170910.JPG
posted by 森のきのこ at 17:02| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

キャンプ場の池-オオルリボシヤンマ

 山間のキャンプ場にある池へトンボを見に行ってみた。
小さな池だが、集まる種類は多く今日は、オオアオイトトンボ、タカネトンボ、ミヤマアカネ、ショウジョウトンボ、シオカラトンボ、オニヤンマ、オオルリボシヤンマの7種が、姿を見せてくれた。
 オオルリボシヤンマ♂は、盛んにパトロールそして♀は産卵を繰り返していた。
オオルリボシヤンマ♂170909.JPG

オオルリボシヤンマ♀170909.JPG

オオルリボシヤンマ♀170909-1.JPG

 タカネトンボ♂♀も頻繁に現れたがホバリングが短いので綺麗に撮れず。
タカネトンボ♂170909.JPG
posted by 森のきのこ at 18:09| 東京 🌁| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

柿の実に集まるクワガタ

菜園の柿の実が、熟し始めたのでチョウが来ていないかなと見ていたらノコギリクワガタ♂がいた。
 近くにある雑木林のクヌギの樹液は、出なくなっているので熟柿の汁を吸いに飛んできたのだろう。
ノコギリクワガタは、成虫での越冬は、できないので活動期間もあと僅かだ。
柿にノコギリクワガタ170908.JPG

 こちらは、コクワガタ♂ 成虫で越冬することが可能で2〜3年程度は、運がよければ生きることができる。
柿にコクワガタ170908.JPG
posted by 森のきのこ at 19:11| 東京 ☀| Comment(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする