2018年05月26日

寺家ふるさと村

 今日は、寺家ふるさと村で花虫観察会
この公園は初めてだったが、道脇でゲンジボタルが見られるなど
 環境は良好に残されている。

 雑木林で見られるゼフィルスの中で個人的に今季未見の
ミズイロオナガシジミが数多く見られた。

ミズイロオナガシジミ180526.JPG

 オオミドリシジミも見られたが、ちょっと遠い位置だった。
同じ場所では、ゴマダラオトシブミが揺籃作りに励んでいた。

ゴマダラオトシブミ180526.JPG

 大きなケヤキの伐採木でケヤキナガタマムシ(写真)とキスジカミキリが見られた。

ケヤキナガタマムシ180526.JPG

 
 ベリー類のナワシロイチゴは花をモミジイチゴは実をつけ出していた。
モミジイチゴの実は誰かのお腹に収まったのは言うまでもない。

ナワシロイチゴの花180526.JPG

モミジイチゴの実180526.JPG
posted by 森のきのこ at 20:21| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

里山と炭焼き小屋

 定点観察をしている里山の谷戸と炭焼き小屋
谷戸では、キアシドクガが羽化しているのや飛んでいるやら
 やたらと目立った。顔のアップを一枚、確かに足が黄色い。

キアシドクガ顔180518.JPG

 剪定更新で切られたコナラでサトキマダラヒカゲ
樹液に集まるチョウの常連だ。今年はオオムラサキは見られるだろうか・・・

サトキマダラヒカゲ180518.JPG

 炭焼き小屋では、今季新顔
クビアカトラカミキリ、ヤツメカミキリ、ムツボシタマムシが姿を見せてくれた。
 ヤツメは、サクラがホストなので炭焼き用に積まれたヤマザクラに来たのだろう。
ムツボシタマムシは、見ていると鞘翅をサービスよく開いてくれた。
おまけに最後は万歳まで!

クビアカトラカミキリ180518.JPG

ヤツメカミキリ180519.JPG

ムツボシタマムシ開翅180518-1.JPG

ムツボシタマムシ180518.JPG
posted by 森のきのこ at 17:42| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

菜園と裏山の虫便り

 借りている菜園から裏山の雑木林を巡ってみた。
菜園は、主の好みで色々な野菜・果樹を植えているので
 それに集まる虫達も当然様々になってくる。

栗の葉上でゴマダラオトシブミが鎮座しているところを一枚。
 作った揺籃も何個か見られた。
ゴマダラオトシブミ180518.JPG

 とうがたって花が咲きだしたダイコンにはナガメが
バラの花には、隣の竹林で発生したベニカミキリが、集まっていた。
略してベニバラかな。

ナガメ180518.JPG

 
ベニカミキリ180518.JPG

 雑木林では、ゼフィルス2種、アカシジミとウラナミアカシジミ(初見)が見られた。
アカシジミは、翅の傷んだのも多くなってきている。
昨年見られなかったミズイロオナガはこれからかな・・・

ウラナミアカシジミ180518.JPG


アカシジミ180518.JPG

 羽化後まもないだろうアゲハチョウ夏型
菜園のミカンから発生したと思われる。

ナミアゲハ180518.JPG
posted by 森のきのこ at 17:21| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

炭焼き小屋の材置き場

 午後に時間が空いたので降雨の前にと
定点観察している炭焼き小屋の材置き場へ向かった。

 前回多かったキイロトラカミキリが、2頭しか現れず、キンケトラカミキリは
全く姿を見せなかった。
材置き場の新顔チャイロホソヒラタカミキリとヒメヒゲナガカミキリ(顔アップ)が見られた。

チャイロホソヒラタカミキリ180513.JPG

ヒゲナガカミキリ180513.JPG

 ナミハセイボウと思われるのが炭焼き小屋の柱に2回飛んできた。
宿主を見つけに来ているのだろうか?

ナミハセイボウ180513.JPG

 本題と違うけれど朝の裏山散策で今期初見のアカシジミ
コナラの梢でちょっと遠かった。

アカシジミ180513.JPG
posted by 森のきのこ at 15:18| 東京 ☁| Comment(2) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

大地沢観察会

 今日は、毎年恒例の町田市大地沢青少年センター
で行われる花虫観察会に参加した。
 会参加前に近くにあるイロハミミジでファウストハマキチョッキリ
の揺籃作りを見ることができた。

ファウストハマキチョッキリ180512.JPG

 集合場所から歩き始めると発生末期のウスバシロチョウ♀が
ヒメジョオンで吸蜜するシーンを見られた。
 産卵のための栄養補給なのだろう長い時間同じ場所にとどまっていた。
翅は鱗粉が無くなってきており真のウスバシロのよう。

ウスバシロチョウ180512.JPG

 細い小枝を組み合わせた柵は、カミキリムシの
集合場所となっており、アメイロカミキリ、アトジロサビカミキリ
 ゴマフカミキリ等が顔を見せてくれた。

アメイロカミキリ180512.JPG

アトジロサビカミキリ180512.JPG

ゴマフカミキリ180512.JPG

 オトシブミの仲間は、ヒゲナガ、ヒメコブ、ルイスアシナガ(写真)を
見ることができた。
 
ルイスアシナガオトシブミ180512.JPG

 見つけるとついつい撮ってしまう。
定番の美麗甲虫アカガネサルハムシとハンミョウも見られた。

アカガネサルハムシ180512.JPG
 

ハンミョウ180512.JPG
posted by 森のきのこ at 19:39| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする