2009年04月25日

ウラシマソウとニホンカワトンボ

 今日は、雨降りということで、先週歩いた里山からの投稿です。まずは、ウラシマソウ、花から長く伸びた糸状の物を浦島太郎の釣り糸に見立ててこの名前がついたとのことですが、鞭に見えなくもないですね。今名前をつけるなら、ムチウチソウなんてどうでしょう。

ウラシマソウ

























 羽化したニホンカワトンボ(旧オオカワトンボ)が、道脇を飛び始めていました。林縁で、虫を食べて成熟すると川辺に戻って来ます。

オオカワトンボ0425


posted by 森のきのこ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

ナミテントウがやって来た。

 菜園のソラマメにアブラムシが、たかりだしたので困ったなあと思っていたら、天敵のナミテントウが来てくれました。無農薬で、アブラムシを退治するのは、トウガラシを混ぜた焼酎を使ったりするのも有効なようですが、やはり天敵が、来てくれるのが一番です。

ナミテントウ0419















 カップルも現われました。産んで増やして、ソラマメを守ってくれよ!

ナミテントウの交尾
posted by 森のきのこ at 21:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

セリバヒエンソウ

 セリバヒエンソウが花盛りです。明治時代に中国から入ってきた帰化植物で花の形が、飛ぶツバメに似ていることから名前がついたようですが、ツバメよりもトンボやチョウに似ているような気もします。

セリバヒエンソウ0418
posted by 森のきのこ at 16:19| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

りんごの花

 近所にあるりんご園で、花が咲き出しました。蕾は薄いピンク色を帯びていますが、開くと白くなります。りんごは、収穫までは、かなりの手間がかかるようですが、このりんごを農薬と肥料無しで作った方の本『奇跡のリンゴ』が、最近書店に並んでいます。私の菜園も無農薬で栽培しているのですが、肥料無しは勇気が入りますね。どんな結果がでるか、今度、試しに、やってみようと思っています。

りんごの花
posted by 森のきのこ at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

動き始めた幼虫達

 近所の公園で、植え込みの中から伸びているエノキにアカボシゴマダラの幼虫を見つけました。このチョウは、放蝶が原因で増加しているらしく、ちょっとした空き地でもエノキがあれば、生きていくことのできる逞しいチョウです。

アカボシ幼虫0412














 冬に見つけた、ミズイロオナガシジミの卵は、既に孵化して、幼虫が、コナラの葉にとまっていました。
天敵から逃れるために葉と同じ色になりきっています。
ミズイロオナガシジミの幼虫0412

posted by 森のきのこ at 18:49| Comment(2) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

黄緑と黄色の谷戸

 この頃の暖かさで、谷戸の風景も春たけなわとなってきました。雑木林もクヌギやコナラが芽吹いて黄緑色です。

新緑の雑木林0411















足元は、在来型のタンポポの花畑で黄色の地面が広がっていました。

タンポポ0411
posted by 森のきのこ at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

春の訪れを告げるきのこ

 今年もトガリアミガサタケの出る場所へ行ってみました。コツバメ同様に、この時期になるとこのきのことの出会いを楽しみにしています。

トガリアミガサタケ0404−2















 タチツボスミレの花に囲まれた中から出ている写真を撮ってみたいのですが、なかなかそういう場面には、出会うことができません。かろうじて背景に数輪咲いているところを撮ってみました。

トガリアミガサタケ0404−1
posted by 森のきのこ at 17:08| Comment(2) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする