2009年10月31日

ナメコ日和

 ナメコを探して奥山のブナ林を歩いてきました。晩秋の奥山は、葉を落とした木々も目だってきましたが、中腹は、まだ真っ盛りです。

奥山紅葉














 ブナ林では、枯死した木に色々な菌類が入り込んで土に還していきます。きのこ獲りは、そんな木を見ながらひたすら急斜面を歩きます。これは登山道を歩くのとは、比較にならない体力を要求されるので毎日走っているのはその為でもあります?足回りも登山靴では、グリップが効かないので、スパイク付きの地下足袋がベストです。

ブナ・ミズナラ林















 ひたすら歩いていくと、出ていましたナメコ!
このブログをご覧頂いている皆様にも味噌汁をご馳走したいところですが、写真だけでご勘弁ください。
風倒木にびっしりと発生したナメコです。

ナメコ1















ナメコ2















ナメコ3
posted by 森のきのこ at 18:58| Comment(2) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月25日

キクイモ料理

 さて、昨日のキクイモを料理してみました。写真上の左がホイル焼き、右がシシトウとの炒め物、下左が洋風煮込み(コンポタ)、右が市販の漬ダレで漬物です。

キクイモ料理














 このイモは、かなり長く茹でてもジャガイモのようなホクホクした食感にはならず、シャキシャキとした感じが残ります。私的には、スライスして炒め物と漬物が美味しく食べられる料理でした。


posted by 森のきのこ at 18:12| Comment(6) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

キクイモとイヌキクイモ

 地上部が枯れ出したので、前々からやろうと思っていた河原のキクイモを掘ってみました。掘っている最中に気がついたのですがイモには2種類あって白くて大きいほうがキクイモ、紅色のついた小さい方がイヌキクイモです。これは地上部だけではかなり同定が難しいらしいです。

イヌキクイモ
















キクイモ収穫1
















キクイモ2














 短時間で小さな籠に一杯取れました。イヌキクイモは美味しくないと言われていますがどうでしょうか?料理レシピはネットに色々と出ているのでこれから食べ方を考えてみょう。
posted by 森のきのこ at 16:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 塊茎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

奥山の深まる秋

 秋の奥山を歩いてきました。ミズナラの大木も葉を黄色に染め出して秋の深まりを感じさせてくれました。

ミズナラ091017












 












倒木からは、写真上から順に、ヌメリスギタケ、ツキヨタケ(毒)、ムキタケ、ブナハリタケ、マイタケ(腐っていた〜)が出ていました。
マイタケは、もう1週間前だったかな〜

ヌメリスギタケ091017















ツキヨタケ091017















ムキタケ091017















ブナハリタケ091017















マイタケ(腐)















 樹林の中を降っていくと崖につきあたってしまいました。足がすくんでムズムズしながら撮った写真です。私は、高所恐怖症です。

崖091017


posted by 森のきのこ at 18:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

陸奥の秋 その3

 最終日は、新幹線に乗る前にちょっと時間があったので北上博物館と民俗村に行ってみました。
 民俗村の樹林では、コナラの木から樹液が出ていてアカタテハとルリタテハが集まっていました。なにしろ集まる数が多くてそれぞれ5頭ずつは来ていました。

アカタテハ&ルリタテハ














 エゴの木には、実を獲りにヤマガラが来ていました。エゴの実が好きなのは東京のヤマガラも岩手のヤマガラも同じですね。

エゴとヤマガラ
posted by 森のきのこ at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

陸奥の秋 その2

 今回の旅の宿は夏油温泉です。ここには20年ぶりに訪れたのですが、ひなびた温泉宿の雰囲気がそのままでした。

夏油温泉













 
 天気は、雨模様でしたが合間を縫って宿周囲の山道を歩いたところ、ブナ林の黄葉が始まっていて綺麗に染まってきていました。

ブナ黄葉















ブナ林黄葉















 秋のブナ林と言えばキノコです。少しですが天然のナメコを見ることができました。傘が開いた姿はお店で売られているとのは、大違いです。天然ものを見たことがない人は、これがナメコと言っても信じられないでしょうね。
お味噌汁に入れて食べたのですが、味の方も栽培ものとは違って最高でした。

ナメコ1011
posted by 森のきのこ at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

陸奥の秋 その1

 3連休で陸奥へ行ってきました。初日(10日)は、親戚のいる遠野へと向かいましたが、途中で雰囲気の良い場所があったのでちょっと寄り道。まずは、台風一過の空と収穫後の稲田です。

収穫後の稲田















 収穫前の稲田は、まばゆい黄金色です。田圃の周囲には、写真のようなため池が、点在しておりゲンゴロウも見られました。ひよっとするとタガメもいるかもしれません。夏に来てみたい場所でした。

黄色の田
















溜池1010



posted by 森のきのこ at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

ミゾソバとケリ

 河原の水辺ではミゾソバの花が満開です。ウラナミシジミが吸蜜に来ているところを撮りたかったのですが、センダングサには来るのですがミゾソバには来ませんでした。

バ1004.JPG

























 ミサゴが現われないかと腰を降ろして待っていたら遠くにケリが飛んでいました。移動の途中で立ち寄ったのでしょう。

ケリ1004

posted by 森のきのこ at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする