2010年10月24日

旅の途中−アサギマダラ

 先週の日曜日に近くの公園でアサギマダラがひらひらと飛んでいました。南へ向かって遠く海を渡る旅の途中です。

アサギマダラ101024
posted by 森のきのこ at 18:09| Comment(2) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

秋のブナ林U

 第一週に行った秋のブナ林を再度散策してきました。落ち葉を踏む足元では、キッコウハグマ(上)、崩壊して明るくなった場所にセンブリが咲いていました。今年は、秋の花も長期間咲き続けているみたいです。

キッコウハグマ101016


























センブリ101016
























 
 毒菌ツキヨタケが、傘を大きく広げていかにも『私食べられますよ!』と言いたげに出ていました。こんな風に生えているのを見るとなんとかなりそうな気になりますが絶対食べてはいけません!

ツキヨタケ101016














 ヌメリツバタケモドキも秋のブナ林でよく見るきのこです。今回は、光線状態が良かったのでボケ味を綺麗に出せました。

ヌメリツバタケモドキ101016

posted by 森のきのこ at 16:46| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

ブナ・ミズナラ林彷徨

 10月に入り奥山も秋真っ盛りです。ヤマブドウやサルナシが実り、冬を前にした動物達にとって食い溜めをする季節でもあります。

ヤマブドウ101008



















サルナシ101008



















木の実の写真を撮っていたら前のほうで木が揺れて何か降りてきました。熊が出たか!びっくりしましたがニホンザルでした。一匹だけだったので離れ猿のようです。

ニホンザル101008
















 先日、露店で間違えて販売されたニガクリタケ(上)とクリタケ(下)です。較べて見れば同定に迷うことはないのですが、なぜ毒菌を売ってしまったのでしょう。

ニガクリタケ101008


























クリタケ101008

























 お目当てのマイタケには、なかなか出会えませんでしたが、帰り間際にミズナラの古木から出ているのを見つけました。斜面の上り返しで足が限界にきている寸前でした。やはり苦労しなければ報われることはありません。

マイタケ101008















帰り道は、セキヤノアキチョウジを見ながら戻りました。面白い名前の花です。

セキヤノアキチョウジ101008
posted by 森のきのこ at 08:04| Comment(4) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

秋のブナ林

 秋のブナ林を歩いてきました。ようやく本来の季節らしくなってきたので倒木からは、秋のきのこが顔を見せはじめていました。チシオタケは、出ているとついついカメラを向けてしまう可愛らしいきのこです。

チシオタケ1002

























 ブナハリタケの大群生です。このきのこは香りに特徴があるので食べることにだけ関して言えば好き嫌いが大きく分かれるきのこです。私はブナ林を歩いて、この甘い香りを嗅ぐと毎年秋がきたなあと思うのです。

ブナハリタケ1002















 

ヌメリツバタケモドキも多く見られました。ひだに皺がよるのがこのモドキで、そうではないのがヌメリツバタケです。

ヌメリツバタケモドキ1002







 








 下山途中の岩場で、イワシャジンの花がたくさん見られました。まだ蕾もあったのでもう暫く花を楽しめそうです。

イワシャジン1002




posted by 森のきのこ at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする