2011年11月20日

晩秋の里山便り-ムラサキシメジとウスタビガ

里山も晩秋の様相となり、ムラサキシメジが顔を見せ始めました。昨晩の雨で傘を大きく広げたものや丁度キノコらしい形をしたものなど色々です。
ムラサキシメジ111120-1.JPG

ムラサキシメジ111120-2.JPG

先週見つけたウスタビガの繭が気になり、もしかしたらと寄ってみたところ、羽化が始まっていました。晩秋に発生する蛾で今頃が見ごろです。今日は残念ながら夕方暗くなる頃合だったので開翅の写真が撮れませんでした。
ウスタビガ羽化111120.JPG

ウスタビガ111120-2.JPG

posted by 森のきのこ at 18:53| Comment(2) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

里山散歩−シロノハイイロシメジ

 里山の散歩道にある竹林で白いきのこを見つけました。遠目に見た時は、オオイチョウタケかな?と思いましたが、柄の根元がラッキョウのように膨らむという特徴などからシロノハイイロシメジのようです。見てくれは、美味しそうなのですが食べ方や体質によって中毒することがあるというキノコです。
シロノハイイロシメジ111113.JPG

 こちらが、ほぼ同じ場所と同月で7年前に撮影したオオイチョウタケです。傘と柄の形もかなり違っていますね。このキノコも図鑑によって可食だったり、毒だったりするのでやはり食べ方と体質が関係しているようです。
オオイチョウタケ.JPG


posted by 森のきのこ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

サンチュの花

 プランタに植えたサンチュが花を咲かせました。キク科の仲間は花の形が皆よく似ていまが、この種は、花びらの脇が細かく波うって面白い形ですね。来春の菜園用に種を採ります。
サンチュの花111106-1.JPG

posted by 森のきのこ at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

里山散歩-柿実る谷戸とモズのはやにえ

11月に入り谷戸の柿の実が色づいてきました。干し柿として利用されてきた柿の実も今は取られることなく野鳥やタヌキの食べ物となっています。
谷戸の風景111105.JPG
 
 梅の小枝に、モズのはやにえを探したところ、イナゴが1匹刺されているのを見つけました。今年の初見です。
はやにえ111105.JPG

posted by 森のきのこ at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

里山散歩-モエギタケ

 里山の竹林脇でモエギタケを見つけました。10年程も前に丹沢で見て以来なので久しぶりの出会いです。アカネズミ等の坑道から発生することもあるというので、きのこの下はアカネズミの通路になっていたのかもしれないです。上から見ると名前の謂れ通りに傘が萌黄色です。
モエギタケ111104-1.JPG

カメラを地面に押し付けて撮った1枚です。きのこの手前が低くなっていたので下側から撮影することができました。きのこの撮り方では、これが、一番好きなのですが、時間がかかるのと蚊に刺されるなど忍耐が必要です。
モエギタケ111104-2.JPG

posted by 森のきのこ at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする