2011年12月31日

ガガイモの種とコムラサキの越冬幼虫

 河原の散歩道では、ガガイモの鞘が弾けて種が、顔を見せていました。綿毛を集めて布団でも作れば、快眠間違いなしという気になりそうなほど暖かそうです。
ガガイモの種111231.JPG

 ヤナギの木では、昨年と同じようにコムラサキの越冬幼虫が樹皮の割れ目に潜んでいました。やはり目が馴れてきているので見つけるのに短時間になっています。
コムラサキの越冬幼虫111231.JPG

 最後になりますが、今年一年、当ブログをご覧頂き有難うございました。来年も節穴の目で見た身近な自然をテーマに更新しますので、よろしくお願いいたします。
-よいお年を!-
posted by 森のきのこ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 草木の種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

枝になりたい!シャクガの幼虫

 クワの木で幼虫越冬するクワエダシャクを探してみました。見つけられたのは、シャクガの仲間の幼虫でどうもクワエダシャクとは違うようです。
 この仲間の幼虫は、上手に枝や葉に化けてしまうのでなかなか見分けることは、難しいですが、一度見つけてしまうと学習効果が出てくるようで、その後は、探すのが容易になってきます。
111224クワシャク幼虫.JPG

posted by 森のきのこ at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

クサギの葉痕

 裏山の散歩道でクサギの葉痕を撮ってみました。冬芽は、紅色の帽子で葉痕は、お面のようです。
クサギの葉痕111224.JPG

posted by 森のきのこ at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

コムラサキの越冬幼虫

 今日は、近くの公園に出向いて越冬中の虫探しです。キタキチョウとキタテハが見られないかとススキの株内や斜面を見て周りましたが、なかなか見つけられず。何気にヤナギが1本あったので、幹周りを見ているとコムラサキの越冬幼虫がいました。自慢するようなことではありませんが、昨年、多摩川で見つけたことで学習効果が出ているのか、幼虫のいる場所を何となく分かるような気がしてきたような・・・気がします。
komurasaki.JPG

posted by 森のきのこ at 15:57| Comment(6) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

ルリタテハの越冬

 越冬中のチョウを探しに里山の谷戸を歩きました。法面や枯れ草、枯れ木の根元などを見ながら歩いていた時に、もしかしたらこんな木橋の下にいるかもね。と何気に覗くと・・・
ルリタテハの越冬場所111217-1.JPG

 いました!ルリタテハ
まさかこんな場所で越冬しているとは、忍者顔負けです。恐らくこの場所で暖かくなる春まで忍耐強く掴まっているのでしょう。ちょっとしたことで弱音を吐く私などは、見習わなければなりません!
ルリタテハの越冬111217.JPG

 別な木橋でも、もう1頭見つけることができて!今日は、久々に達成感のある日でした。
ルリタテハの越冬111217-1.JPG



posted by 森のきのこ at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

河原散歩-ノスリとキバラカメムシ

 河原の散歩道でノスリを見ました。この時期になるとモグラ等を狙って河川敷に現われます。
ノスリ111216.JPG

 マユミの実には、キバラカメムシが吸汁に来ています。他の虫達は、ほとんど姿を消してしまいましたが、頑張っていますね。これから何処で越冬するのでしょうか?
キバラカメムシ111216.JPG

posted by 森のきのこ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

越冬中のキノカワガ

 越冬中の虫がいなかなとアカマツの幹を見ていたらキノカワガがいました。木の幹にあわせて体色を変化させて上手に隠れています。成虫越冬するので、このままこの幹に春までいるのかもしれません。
キノカワガ111211.JPG

posted by 森のきのこ at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

皆既月食

 今夜の皆既月食です。ちょうど真上あたりということで首が疲れるのと寒さを我慢して撮ってみました。
皆既月食111210-1.JPG

posted by 森のきのこ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イイギリの実

 昭和記念公園で職場のイベントがあったので行ったところイイギリの実が赤く熟していました。この実も野鳥たちは、食べるとのことですが、まだこんなに実っているということは、あまり美味しくないのかもしれません。
イイギリの実111210.JPG

 自転車で帰宅途中の多摩川からは、夕暮れの富士が綺麗でした。
今日の富士山111210.JPG

posted by 森のきのこ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

河原散歩-木の実その2

 昨日の続きとなります。本来は、河原のように環境が水の流れに大きく左右される場所には、ヤナギやニセアカシアが河畔林を作ることが多いのですが、私の散歩道では、野鳥たちによって運ばれてきた種から育った木を色々と見ることができます。写真のマユミの実も庭や公園から野鳥が運んできて育ったもののようです。この実を食べにメジロとコゲラが来ていました。
マユミの実111204.JPG

 ツルウメモドキの実が、熟すと冬近しという感じがします。この実も美味しそうに見えますが、野鳥の御用達果実です。
ツルウメモドキの実111204.JPG

最後は、ヘクソカズラで木の実ではなく草の実です。この実を潰すと強烈な臭いがして名前負けしません。見た目は黄金色で綺麗なのですがね。
ヘクソカズラの実111204.JPG

posted by 森のきのこ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

河原散歩-木の実その1

 師走の河原では、熟した木の実が目立ってきました。まずはアオツヅラフジの実です。ブドウそっくりで食べられそうですが、不食です。以前紹介したこともありますがこれの種はアンモナイトそっくりです。
アオツヅラフジの実111204.JPG

 ノイバラの実は、硬くて簡単にはつぶれないので、クリスマスリースの材料として利用されることもあります。
テリハノイバラの実111204.JPG

イボタの実も真っ黒に熟していかにも美味しそうに見えますが、これも野鳥は食べるけど人は食べられない木の実です。
イボタの実111204.JPG

posted by 森のきのこ at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする