2012年05月27日

オオホウライタケ

 昨日の新治でアカシジミが見られたというので近所の里山へと出向きました。

オオミドリやウラゴマ達もそろそろ羽化する頃なので期待してたのですが

生憎、出会うことはできませんでした。

写真は、雑木林の小道で撮ったオオホウライタケ

堆積した落葉を分解して森に還す大事な役割を担っています。
オオホウライタケ120527.JPG

posted by 森のきのこ at 17:17| Comment(2) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月26日

カミキリ日和

HP道端自然観察館の花虫さん主催による新治市民の森での自然観察会に参加しました。

 初夏の装いとなってきた雑木林では、カミキリ虫達が出揃ってきています。

まずは、久しぶりに見たヤハズカミキリ、鞘翅が矢はずのようで格好良いですね。
ヤハズカミキリ120526.JPG

 竹林で発生したばかりと思われるベニカミキリです。紅色が鮮やかでした。
ベニカミキリ120526.JPG

 ラミーカミキリは、カラムシの葉上等で数多く見られました。

こちらも鞘翅の模様が何とも言えない美しさです。

ラミーカミキリ120526.JPG
 
最後は、栗林で見た脱出中のシロスジカミキリ

薮蚊の襲来に辟易しながらも最後まで見届けました。

和名シロスジは、死んだものを見てつけたとのことで

実際は、写真のよう黄色っぽいスジなのです。
シロスジカミキリ120526.JPG

シロスジカミキリ脱出120526-4.JPG

posted by 森のきのこ at 18:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

塔ノ岳へ登りました

 丹沢の塔ノ岳へ登ってきました。

先週の今熊〜高尾間32キロから1週間、こちらは、コースは富士見平茶屋から

往復13キロと距離的には、半分以下ですが、アップダウンが結構あり、それなりに

大変なコースです。
スタート地点120519.JPG


 富士山は、天気が良いと毎日見てはいますけど山に登って見ると

別格な味わい有です。
富士120519.JPG


登山道で撮った花です。

ヤマルリソウは、20年も前には、八王子市鑓水の雑木林でも見られたのですが

今では、探しても見られなくなりました。
ヤマルリソウ120519.JPG

行者の岩場では、今日の目的の一つコイワザクラが、咲いていました。

周囲をしつこく探してみましたが、写真に撮れる場所にはこの一輪でした。
コイワザクラ120519.JPG

続きまして今日の目的二つ目、アカバナヒメイワカガミです。

こちらは、近づけない岩場にびっしりと咲いていました。

登山者が多く狭い岩場なので撮るに撮れないイワカガミです。

小さな株が綺麗に咲いていたので横から前からと撮ってみました。
アカバナコイワカガミ120519-1.JPG

アカバナコイワカガミ120519.JPG

最後は、ツルシロカネソウです。

小さな花ですが、この時期の丹沢を代表するとも言える花ですね。
ツルシロカネソウ120519.JPG


posted by 森のきのこ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

オオカマキリ孵化

 出勤前に菜園の様子を見ていたら孵化は、終わっていたと思っていたオオカマキリの卵のう

から新しい命達が生まれてきていました。

 既に一回目の孵化は終わっているので卵のうからは、複数回に分けて出るようですね。
オオカマキリ孵化120515-1.JPG

兄弟を踏み台にしながら厳しい生存競争へ旅立って行きます。
オオカマキリ孵化120515.JPG

posted by 森のきのこ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

ご近所散歩-庭と土手

 昨日、ちょこっと撮った庭と土手からの便りです。

菜園のジャガイモの葉にキクスイカミキリがとまっていました。

まだ気温が低い時間帯だったので身動きできない状況です。

キクスイカミキリ120513.JPG


オオカマキリの一令幼虫です。

孵化したところを撮ろうと思って家のブルーベリーに卵のうを縛っておいたのですが

生憎、出かけた隙に孵化してしまいました。

このぐらいの大きさだとまだまだ可愛い感じですね。
 
オオカマキリの一令幼虫120513.JPG

 土手では、マツバウンランが見られました。

この花の愛好会があって北は北海道、南は沖縄と全国規模のファンがいるそうです。

小さな花ですが、確かに綺麗です。
マツバウンラン120513.JPG

posted by 森のきのこ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月13日

今熊山から高尾山

 夏に高所登山をする予定なのでトレーニングも兼ねて

あきるの市の今熊山から高尾山まで32キロを踏破しました。

醍醐丸手前の伐採されて眺めが良い場所で1枚

自然林の新緑と植林がパッチワークのようです。
醍醐丸手前の伐採地120513.JPG

影信山からも素晴らしい眺めでした。

夜景も綺麗に見えそうです。
影信山からの眺め120513.JPG

やはり今年は、気温が低いのか?チゴユリが、まだ咲いていました。

高山植物のように背景を入れて一枚

チゴユリ120513.JPG

イカリソウは、影信山近辺で多く見られました。

花の形は、名前の通り錨のようです。
イカリソウ120,513.JPG



posted by 森のきのこ at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月08日

ユリノキの花

 職場の敷地内でユリノキが花開き出しました。

英名チューリップツリーと言い、ユリと言うよりは、チューリップの花に似ていますね。

蜜源樹としても有名で、蜜の重さで花が垂れ下がることもあるそうです。

ユリノキの花120508.JPG




posted by 森のきのこ at 19:50| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月07日

裏山便り-きのこ&甲虫

 昨日の裏山で蘭以外に見られた生き物を紹介します。

まずは切られた杉に来ていたスギヒメカミキリです。

何匹もの本種が、木の上をあちらこちらと行き来していました。

昨年、この場所では他の木も何本か切り倒しているので暫くカミキリや

タマムシの仲間が楽しめそうです。
スギヒメカミキリ120506.JPG

エビヅルでは、アカガネサルハムシを見られました。

この場所では、毎年累代繁殖していてるらしく昨年もまったく同じ場所で会っています。
アカガネサルハムシ120505.JPG

倒木で、見られたアミスギタケです。

今までも何回か撮ったことがあるのですが

傘の下から見あげることができる位置で初めて撮ってみました。

襞の模様が綺麗なきのこですね。
アミスギタケ120506.JPG

posted by 森のきのこ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

裏山の蘭

 GWの裏山では、キンラン、ギンラン、エビネランが花開いています。

キンランは手入れの良い雑木林で一番目にします。

キンラン120505.JPG

ギンランは、キンランに較べると数少なく、この雑木林ではやや日陰に多く

見られます。写真のは、ササバギンランっぽく葉が長いけれど花が葉より上に

伸びているので、ギンランであろう・・・!間違っていたら教えてください。
ギンラン120505.JPG

エビネランは、盗掘が多くて普通に見られる場所には、まず無いです。

写真の群生は、私有地で、地主の方に断わって撮らせて頂きました。

もうこの場所で、20年以上世代交代しながら生き続けています。
エビネラン120505.JPG





posted by 森のきのこ at 15:33| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月05日

春の里山散歩

 ようやくすっきりと晴れたので、早朝から里山散策へと・・・

緑は、かなり濃くなり雑木林からは、キビタキやアオバトの鳴き声も

聞こえて春たけなわです。

谷戸120505.JPG


特に目に付いた花達です。

上からホタルカズラ、昨晩の雨にうたれてまだ濡れていました。

少ないながら毎年この場所で咲いています。

中は、クサノオウ、去年は、カントウタンポポが多かった谷戸ですが

今年は、同じ黄色でもクサノオウが、かなり増えていました。

アルカロイドを含む毒草だけれど使い用によって鎮痛効果や虫刺されにも効く

薬草にもなるという草です。

下のヒメハギは、小さいですがこの時期になると谷戸の土手に

マクロレンズ越しに見るとランにも見紛うような、綺麗な花を見せてくれます。

ホタルカズラ120505.JPG

クサノオウ120505.JPG

ヒメハギ120505.JPG

最後に寄ったため池では、トウキョウダルマガエルの蛙合戦の最中でした。

♂が盛んに鳴いて、追いかけあいです。

トウキョウダルマガエル120505.JPG

トウキョウダルマガエル120505−1.JPG



posted by 森のきのこ at 18:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 両生類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

菜園の虫達

 雨の合間をみて、菜園のノミバッタを探していると

他の虫達も俺も撮ってくれよとばかりに目の前に現われてくれます。

まずは、ジャガイモの葉上でニジュウヤホシテントウとツマグロヨコバイ

両方とも農業上は、害虫扱いですが可愛らしい目をしていて憎めない・・

と言いたいところだけど、あまり葉っぱを食べないで欲しいです。

ニジュウヤホシテントウ120501.JPG

ツマグロオオヨコバイ120501.JPG

 ブルーベリーの葉には、ヒメクロオトシブミが毎年来て葉揺を作ります。

我が家でヒメクロの食草になるのは、これとハマナスの木ですが

雑木林では、クヌギ、コナラ、シデ等も使うので食樹の幅が、広いですね。

ヒメクロオトシブミ120501.JPG

posted by 森のきのこ at 14:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 半翅目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

ハルシメジ

 GW頃になると決まったように梅の樹下に出るきのこがあります。

ハルシメジ(シメジモドキ)と言って、食用にもなるのですが、

残念ながら、我が家の近くの公園に出るのは、ネコさんやらイヌさんの

トイレっぽいところなので、食べるのは、ちょっと躊躇われます。

ハルシメジ120501.JPG



ハルシメジ120501-1.JPG



posted by 森のきのこ at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする