2012年06月24日

枯れ松の姥様

 松枯れ病で枯れた松にヒトクチタケが出ていたのを思い出して

行ってみたところ姥様2種に出会いました。

 両方とも似たような色合いですが、片方はタマムシの仲間のウバタマムシ

もう一方は、コメツキムシの仲間のウバタマコメツキ

 両方とも姥などと言われるのは、地味な色合いだからでしょうか?

ウバタマムシ・・・地味ですがそれはそれで渋みもあろうかと。。
ウバタマムシ120624.JPG

ウバタマコメツキ・・体格体型は、ウバタマムシとほぼ同じ大きさだがややスリムか?

 肩のパットがややいかめしいような気もしますが・・
ウバタマコメツキ120624.JPG

最初の目的だったヒトクチタケ

成熟すると、下部から穴が開き胞子を出すのでヒトクチタケと名前がついたきのこです。
ヒトクチタケ120624.JPG

posted by 森のきのこ at 17:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

梅雨時のきのこ

 梅雨本番となってきのこ達も活気づいています。

毎年きのこを観察している緑道では、ニオイコベニタケが顔を見せ始めました。

 地面に錨でもうったように傘を並べて出てきています。
ニオイコベニタケ120623.JPG

 里山の桑の枯れ木から出たイヌセンボンタケです。

コンデジと一眼の両方で撮ってみました。

ピントはコンデジに分が有りますが、背景を選んだりピントを合わせる場所を

どこに?という場合は、やはり一眼ですね。
センボンクズタケ120623.JPG

センボンクズタケ120623-1.JPG

もうちょっと気温が上がるとテングタケやイグチの仲間も出てくるようになります。


posted by 森のきのこ at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

湿地の住人-サラサヤンマ

 久しぶりにミドリシジミとサラサヤンマに会いに湿地を訪ねました。

山へ行ったりしている間にピークは過ぎてしまったか?

ミドリシジミには、ふられてしまいましたが、サラサヤンマには今年も出会うことができました。

 このトンボは、ホバリング時間が長いので飛翔写真は、撮りやすいのですが

それも個体によってかなり違う場合があります。

 やはり飛んでいるものにピントを合わせるのは、それなりに難しいです。
サラサヤンマ120617.JPG

サラサヤンマ120617-1.JPG

サラサヤンマ120617-2.JPG

posted by 森のきのこ at 18:38| Comment(2) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

裏山散歩-キノコ

 昨日に続き今日も裏山散歩です。

入梅して雨降りの日が続き、キノコ達も傘を広げるようになってきました。

 ヒビワレシロハツは、この時期の裏山では、顔なじみとなっています。
ヒビワレシロハツ120610.JPG

 裏山で見たこともない新顔のキノコです。

ネットで調べたところウラベニガサの仲間に近いのが見当たりましたが

 どうもしっくりいきません。

 キノコの同定は難しいですね。
ウラベニガサの仲間?.JPG



posted by 森のきのこ at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

裏山散歩-ミズイロオナガシジミとコジュケイ親子

 朝方は、弱い雨だったのでビニール傘をさして裏山を歩きました。

透明なビニール傘は、光を透すので雨の日の撮影に重宝します。

 歩き始めた足元から飛んだのは、今年初のミズイロオナガシジジミでした。
ミズイロオナガシジミ120609.JPG

 毎年見られたウラナミアカシジミがいないかと歩いていくと

コジュケイの親子が、前を横切りました。

 暫く立ち止まって待っているとびっくりした親子を分断してしまったようで

雛の鳴き声に反応して親が現われました。
 
コジュケイ120609.JPG

その後、雛も現われて親子は再び一緒になったのでした。
コジュケイの雛120609.JPG

 コジュケイにしてみれば、こんな雨の日に物好きな人間だなあ思っていたことでしょう。


posted by 森のきのこ at 14:08| Comment(2) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月04日

南八ヶ岳へ登りました-その2

 翌日は、雨降りを覚悟していた天気の方もどうにか持ち直し、朝から晴れになりました。

縦走路から見た山並みです。

縦走路120603.JPG

赤岳120603.JPG

 尾根では、入梅前のこの時期に咲くツグモグサとオヤマノエンドウが見られました。

 ツグモグサは、早朝ということもあって花は閉じたまま

オヤマノエンドウもちらほらと咲くのみで本格的な開花はこれからです。
ツグモグサ120603.JPG

オヤマノエンドウ120603.JPG

 下山も登山道周りの花等を見ながらゆっくり降りてきたところ

 沢沿いでキバナノコマノツメ
キバナノコマノツメ120603.JPG

 15年も前に雲取山で見て以来の猛毒キノコ-シャグマアミガサタケ
シャグマアミガサタケ120603.JPG

 お菓子の果汁グミのようなキノコ?

レモングミモドキタケが見られました。・・・・所持している図鑑やネットで調べても不明、ご教示ください。
果汁グミのようなきのこ120603.JPG

 
posted by 森のきのこ at 20:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

南八ヶ岳へ登りました-その1

 なんと20年ぶりに南八ヶ岳(赤岳〜横岳〜硫黄岳)へ登ってきました。

登山道上部は、残雪が多く一時は、どうなるやらとドキドキでしたが

ゆっくりと慎重に行動してなんとか歩くことができました。

登山道で出会った花もまだ数は、少なかったのですが

針葉樹林の名花ホテイラン等を見ることができました。
ホテイラン120602.JPG

コミヤマカタバミ120602.JPG

タケシマラン120602.JPG

 地蔵尾根の上部では、特に緊張を強いられました。

キックステップで足場を確保しながら慎重に進みます。
雪渓120602.JPG

どうにか赤岳山頂に着きました。

写真は、横岳方面です。
赤岳から横岳方面120602.JPG

明日は、開山祭ということで山小屋では、前夜の余興、生ハムとお酒を飲み放題でした。
生ハム切120602.JPG

その2へ続く!

posted by 森のきのこ at 16:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする