2012年11月25日

初冬の里山散歩

 久々の更新です。

今月は、子供の結婚やら、10年ぶりのフルマラソン出場と忙しなく

 ブログの更新もできませんでした。

写真の谷戸も久しぶりです。

 朝の陽に地表が暖められて水蒸気が立ち上っていました。
朝の谷戸121125.JPG

 だいぶ寒さも感じるようになってきましたが、それでもまだ

 きのこや花も見られます。

写真のきのこは、襞の形状からハチノスタケと和名がついています。

 谷戸にあるハンノキの枯れ枝から出ていました。
ハチノスタケ121125.JPG

水路脇では、まだまだ元気よくリンドウが咲いていました。

ちょうど水面に日が差してきたので光のボケを使って撮ってみました。
リンドウ121125-1.JPG


posted by 森のきのこ at 17:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

庭便り-オオカマキリとツマグロヒョウモンの蛹

 庭の片付けをしていたらオオカマキリが日向ぼっこをしていました。

今年の春にブルーベリーで孵化した一匹かもしれません

 よくぞここまで大きくなっなものです。

里親?としては、感慨深いものがありました。 

 寒さが増してきたのでもう元気などないだろうとちょっかいを出してみたら

ファイティングポーズをとりました。

 まだまだ元気です。
オオカマキリのfファイティングポーズ121104.JPG

 ブロック塀には、ツマグロヒョウモンの蛹がありました。

とにかく増えているチョウで公園、人家、里山と色々な場所で目にします。
ツマグロヒョウモンの蛹121104.JPG

posted by 森のきのこ at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月02日

裏山散歩-ヤマガラの貯食とクサギの実

 11月に入って急に寒さも増してきました。

裏山ではヤマガラが、木の切り株にひまわりの種を貯食しようとしていました。
 
おそらく雑木林の脇にある人家から運んで来ているのでしょうが

人の生活(餌台含む)を利用してしたたかに生きていますね。

 また、木の実を糧にして越冬する生き物が貯蔵に励む季節でもあります。
ヤマガラの貯食121102.JPG

 散策路脇のクサギの実も青く色づいてきました。

かっては、この実で絹糸を空色に染めたこともあったそうです。

 贈答用の白いタオルでどんな色に染まるのか試してみようかと思っています。
クサギの実121102.JPG


posted by 森のきのこ at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする