2013年04月30日

伐採竹の再利用

 昨日、歩いた里山で竹林整備をしており、切られた竹を貰う約束をした。
以前から里山で出る竹の廃材を使って巣箱やらを作っていたのだが、今回はこの連休中に食器作りにチャレンジしてみたい。
 家にある道具で削ったりしてみたが、なかなかバランスよく作るのは難しい!
明日は、彫刻刀を用意して細かい部分を修正するのだが・・・
廃材アート130430.JPG

 貰った竹を運ぶ途中でベッコウバチの一種がクモを運んでいた。
クモは、毒を注入されて仮死状態だが、自分より大きな相手を引きずる力は、たいしたものである。
ベッコウバチ130430.JPG

posted by 森のきのこ at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

里山散歩-クヌギとオオジシバリ&ヒメハギ

 雑木林の小道を下っていると大きなクヌギがあり、何やら気になるので近づいたところ樹皮が割れて樹液がかなり出ていただろう形跡があった。
 オオムラサキが、生息するには充分な環境であり樹液に集まる虫も多そうなので今年の梅雨頃から要チエックのポイントである。
130429クヌギ.JPG

 畑脇の土手で並んで咲くオオジシバリとヒメハギ
草刈が適度にされて手入れの良い場所では、多種の花を見ることができる。
オオジシバリとヒメハギ130429.JPG





posted by 森のきのこ at 19:04| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

キビタキ来る

 里山の雑木林でキビタキに出会うGWです。

縄張り宣言か♀へのアピールなのか?盛んに囀っていました。

 ところが、鳴き声は、すれど姿はなかなか見れず

野鳥の写真は、まず見つけるところから始まりですね。

 小枝で鳴いているところ、探すのに一苦労でした。
キビタキ♂130428-2.JPG

キビタキ♂130428-1.JPG






 
posted by 森のきのこ at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昆虫顔面図鑑

 里山写真クラブ仲間の伊藤年一さんが、本を出版しました。

昆虫顔面図鑑ということで子供と一緒に楽しめる内容となっています。

 GW中にこの本に出ている虫と出会いに里山を彷徨ってみましょう!
a4174748w800.jpg

posted by 森のきのこ at 07:15| Comment(4) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月27日

観察会-イボタガとジンガサハムシ

 HP道端自然観察館の花虫さん主催による観察会に参加しました。

この観察会に参加するとめったにお目にかかれない虫さんに会うことがあります。

 前回は、シロスジカミキリの脱出中、今回は、なんとイボタガに出会うことができたのです。

この翅模様(目玉)は、天敵の野鳥対策で進化してきたのでしょうが脅し効果抜群ですね。
イボタガ130427.JPG

 ジンガサハムシ(写真)、キイロテントウ、アサヒナカワトンボなど多くの虫さん達に出会うことができました。
ジンガサハムシ130427.JPG


posted by 森のきのこ at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

雑木林の花-地表と枝

 生憎の天気で朝から雨ふり

それでも午後になって止んだので近所の都立公園を散策です。

 まだ木々の葉が伸びてこない雑木林では、地表の植物達が急ぎ足で花を咲かせています。

今日は、ジュウニヒトエとチゴユリ(写真)が特に目立ちました。
チゴユリ130421.JPG

 ヤマツツジもこの時期に目立つ花です。

先週、御岳山で見たミツバツツジの紫花も見事でしたが

多摩丘陵のヤマツツジの朱色花もなかなかのものです。
ヤマツツジ130421.JPG



 
posted by 森のきのこ at 17:18| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

ヤマブキソウ

 降雨のため短時間の散策となってしまいましたが

ヤマブキソウの自生地へと行きました。
 
 群生している様子は、なかなか見事です。
ヤマブキソウ130420.JPG

 生憎の天気で一輪も開いておらず残念でした。
ヤマブキソウ130420.JPG

 林床でかなり暗い条件でしたが、ミラーレスの特性で手ブレは、ほとんど起きません

ラショウモンカズラの花 かなり暗い場所で撮っています。
ラシヨウモンカズラ130420.JPG

posted by 森のきのこ at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

裏山歩き-マイクロフォーサーズ初撮り

 昨日の長時間歩きで流石に筋肉痛が出たので今日は、短時間の裏山散歩です。

積まれた杉の丸太にスギカミキリを見つけました。
 図鑑によると夜になると杉丸太上を這いまわって活動するということなので目につきにくいのかもしれません、スギヒメカミキリと比べてやや早め3月〜4月と出現時期がずれているようです。
スギカミキリ130414.JPG

 林縁でクサボケの花が盛りです。
丈が低いので周りに大きく育つ植物が現れると生育不利になるので草刈等で
人手の入る環境でよく見ます。
クサボケ130414.JPG

 サルトリイバラの葉にルリタテハの卵を見つけました。
レンズは、シグマの20ミリ(40ミリ)一本だったのでかなりトリミングしています。
 
ルリタテハの卵130414.JPG

果樹園のリンゴの花は満開でした。
蕾には、微妙に薄ピンク色が残っていますが開花すると真っ白になります。
リンゴの花130414.JPG

 今回は、OM-D5にレンズアダプタをつけてシグマの20ミリで撮ってみました。
強力な手振れ補正とピント合わせの有利なファインダー、そして
マウントさえ用意すれば、純正以外のレンズでもつけられるのでどんなふうに撮れるのか楽しみなカメラです。
OM-D.JPG


posted by 森のきのこ at 18:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

奥多摩の尾根に春の花を訪ねて

30年ぶりに奥多摩の御岳山〜大岳山〜鋸山を登ってきました。
 前回は、ただひたすらゴールを目指して歩くのみでしたが今回は花見をしながらゆっくりのんびりと歩いてみました。
 まずは、今回の目的でもあるイワウチワ、急な斜面で何か所か群生していました。
イワウチワ130414.JPG
イワウチワ130414-1.JPG

 スミレの仲間では、エイザンスミレ(上)、アケボノスミレ(中)、ナガバノスミレサイシン(下)が林道脇でたくさん花を咲かせていました。
 この仲間を同定するのは、かなり難しい場合もあり、専門家に聞くか、図鑑の記述を見ながら判断するケースも多々ありです。
エイザンスミレ130414.JPG

アケボノスミレ130414.JPG

ナガバノスミレサシン139414.JPG

 ミツバツツジは、御岳山の林道周辺で、ハシリドコロは沢沿いの斜面で群生していました。

ハシリドコロは、見た目は、美味しそうな山菜に見えるけれど大変な毒草で誤って食すと幻覚症状を起こし死に至ることもあるという要注意植物です。
ミツバツツジ130414.JPG

ハシリドコロ130414.JPG

 のんびり歩きすぎたせいかゴールの奥多摩駅には夕方4時となってしまい駅近くの土産物店でゆっくり見物どころでは、なくなってしまった。
posted by 森のきのこ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

里山の風景と虫達

 強風の中を昨日と同じ里山へと繰り出しました。

山桜は、既に散り、コナラやクヌギの芽が勢いよく伸び始めています。

 休耕田のカントウタンポポとヒメオドリコソウを前景に一枚!
谷戸の風景130407.JPG

 エノキには、テングチョウが産卵、その他ミヤマセセリ、ツマキチョウ、ルリタテハ、ツバメシジミ、ベニシジミ、など見られましたがコツバメは現れず。
テングチョウ130407.JPG

 キジムシロに吸蜜に来るビロードツリアブ

これも春を代表する虫です。
ビロウドツリアブ130407.JPG

posted by 森のきのこ at 17:39| Comment(2) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月06日

里山歩き

 今日も天気が不安定な様子なので朝方の短時間、いつもの谷戸を散歩しました。

 春先に出るトガリアミガサタケがいつもの場所で顔を見せてきれました。

この場所は、10年以上も前から見続けていますが、年々発生量が少なくなってきているような

 気がします。
トガリアミガサタケ130406.JPG

 斜面を登って雑木林に出て林床の花を見て歩きました。

タマノカンアオイの花は、葉に覆われていて上からは見ることができません

 這い蹲って撮ってみました。
タマノカンアオイ130406.JPG

 この場所、昨年は草刈をしなかったせいなのか?

アカネスミレも少なくなり、ひっそりと咲いていました。
アカネスミレ130405.JPG

 越冬明けのツチイナゴです。

隠れているつもりになっているのか?

葉上で不動の状態でした。
ツチイナゴ130406.JPG




 
posted by 森のきのこ at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする