2013年12月31日

里山散歩-越冬虫さがし

 早いもので今年も大晦日となってしまいました。
忙しい合間を縫ってちょこっと越冬中の虫達に会いに里山散歩です。
 コナラのひごばえを探しながら歩くと、ありました。
オオミドリシジミとミズイロオナガシジミの越冬卵
オオミドリシジミの卵.JPG

ミズイロオナガシジミの卵.JPG

 谷戸の湿地では、ハンノキでミドリシジミの越冬卵は見つけたけれど
同じような環境を好むイボタの木でウラゴマダラシジミの越冬卵を探しましたが見つからず
ミドリシジミの卵131231.JPG

 法面でキタキチョウの越冬、クワの木でクワエダシャクの幼虫を見つけて今年最後の散策を終えました。
虫達も寒い冬を越すのに化けたり隠れたりとあらゆる術を使って必死です。
 私も毎日無駄なく必死に生きねば!と見た時には思うのですが。。。。
キタキチョウの越冬131231.JPG

クワエダシャク.JPG

 当ブログをご覧の皆様、今年も飽きずにご覧下さりありがとうございました。
来年も節穴の目で見た自然情報を投稿するのでよろしくお願いします。
 よいお年を!

posted by 森のきのこ at 17:13| Comment(2) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

キタキチョウの越冬

 里山をジョギング中に、斜面に何やら気になる黄色が・・
キタキチョウが越冬中でした。
 今シーズンは、なかなか探しても見つけられなかったので予想外の出会いとなりました。
キチョウの越冬131228.JPG

posted by 森のきのこ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

マユミに集合

 今朝の気温は、氷点下となり、いよいよ本格的な厳冬となりました。
里山の鳥たちも食べ物乏しくなってマユミの木の傍で待っていると、ひっきりなしに
 飛んで採餌にやってきます。
メジロ131229.JPG

 
コゲラ131229.JPG

シジュウカラ131229.JPG


posted by 森のきのこ at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月23日

丹沢から世界遺産富士を見る-その2

 生憎とご来光は、雲の合間からとなりました。
年に何回かは、雲一つ無いご来光もあるようですが、相当に普段の行いが良い人でなければ
見ることができないであろう・・・
131222ご来光.JPG

 富士山は、ばっちりと見ることができました。
紅とはほど遠く、ややほんのりと赤みがかった富士です。
131222富士.JPG

 両側ブナ林の雪の尾根道を鍋割山へ向かいます。
ブナは、若い木が多く老齢木は、この20年でほとんど土に還ったような感じでした。
小丸付近のブナ林.JPG

鍋割山への尾根.JPG

 尾根道は展望良く、富士山を見ながらの歩きとなります。
尾根からの富士.JPG

 鍋割山へは、9時に着きました。
名物鍋割うどんを食べていきたかったところですが
 まだお腹いっぱい状態だったので今回は、パスしました。
鍋割小屋.JPG

 最後は、鍋割山からの富士を見て下山しました。
鍋割山からの富士.JPG

 久々の塔が岳〜鍋割山で世界遺産となった富士山展望を楽しめました。


posted by 森のきのこ at 16:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

丹沢から世界遺産富士を見る−その1

 20年ぶりに丹沢の大倉尾根経由で塔が岳〜鍋割山を歩きました。
大倉バス停から暫く歩むと登山道に入ります。
大倉尾根131221.JPG

 2時間ほど登り、花立山荘まで行くと急に積雪が多くなりました。
個人的に今冬の初雪見です。
 塔が岳までキックステップで慎重に歩きアイゼンは、使わなかったけれど
朝方の凍結時には、必ずつけなければならないでしょう。
 
131221花立山荘.JPG

131221雪景色.JPG

 初日は、雲がかかり綺麗な富士は見れず!
富士の夕景を撮りました。
 
131221富士夕景.JPG

 塔が岳山頂からの夜景が見事でした。
東京方面(上)、秦野方面(下)です。スカイツリーや東京タワーも見えました。
 20年ぶりに見た夜景ですが、当時より明るくなったような気がします。
これだけ電気を使うのだから、原子力がどうにもならない現在、エネルギー政策は大変な舵取り
 が必要なのが分かります。
131221東京方面夜景.JPG

 
131221s秦野方面夜景.JPG

 その2鍋割山経由の下山へ続きます。
posted by 森のきのこ at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月16日

モズとはやにえ

 先日、ワンド周辺を縄張りとするモズを撮っていたら
その木にはやにえ(写真右上イナゴ)も刺されていました。
 はやにえをたてている場面など、なかなか見ることはできないけれど
こうした枝ぶりの木の近くで待機していれば、いつかは見ることができそうです。
モズとはやにえ131215.JPG

 この雌モズは、ノネズミを狩ったり、ホオジロやカシラダカを追いたてたりと
なかなかの狩りの名手です。
モズ♀131215.JPG

posted by 森のきのこ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

公園散歩-越冬虫さがし

 公園のモミジがすっかり葉を落として冬本番です。
落ちて間もない葉は、色あせず綺麗なので撮ってみました。
 微妙に色の違うのを集めてパウチしてみれば、良いプレゼントにりそうです。
モミジの落ち葉131215.JPG

 さて毎年同じようなことばかりやっていますがまずは、桑の木でクワエダシャク探しです。
化け方は、色々で今日見た幼虫君は、枝にしがみついていました。
 
クワエダシャク131215.jpg

 コナラの枝では、ミズイロオナガシジミの越冬卵が見られました。
アカシジミの卵も見つけたいけれど偽装工作を丹念にやるのでかなり難度が高い探し物です。
ミズイロオナガシジミの卵131215.jpg

 ヤナギでは、私的に定番となりつつあるコムラサキの越冬幼虫を探しました。
今日は、いつもの木では見られず、別な木で数頭確認できました。
 この公園で確実に定着しているようです。
コムラサキの越冬幼虫131215.JPG

posted by 森のきのこ at 17:11| Comment(6) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

まだまだ頑張っていたリンドウとコバネイナゴ

 越冬するチョウとリリビタキに会いに里山を散歩しました。
生憎とチョウ(キタテハとキチョウ)は見つけられず
 ルリビタキ♂は、近くには来るものの撮影はできずでした。
頑張っていたのは、リンドウの花とコバネイナゴ
 イナゴの方はあと17日で今年も終わりだけれど年明けまで頑張れるかな?
リンドウ131214.JPG

 
コバネイナゴ131214.JPG

posted by 森のきのこ at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

コブシの冬芽

 コブシの冬芽です。
寒い日が続きますが、毛のコートに包まれたこの芽を見ていると少しほかほかしてくるような気がしますね。
コブシの冬芽131208.JPG

 
posted by 森のきのこ at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 冬芽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

観察会その2-擬態する虫

 昨日の続きです。
姿を見せる虫達に代わって姿を隠そうとする虫達
 まずは、コムラサキの幼虫です。シダレヤナギの樹皮の割れ目に入り込み
天敵の目から巧妙に隠れています。
 以前は、多摩川中流域から姿を消してしまい、少なくなったチョウでしたが
近年、町田の里山や長池公園(八王子)そして今回の高根森林公園(川崎)で見られるなど
河川周辺に限らず丘陵地でも見られるようになり増えてきている気がします。
コムラサキの越冬幼虫131208.JPG

 お次は、枝化けの名手、クワエダシャク
桑の木が数本あったので、いるのではないかと
 3周ほどぐるぐる廻ってみたところ、ようやく1頭見つけることができました。
クワエダシャク131208.JPG

 最後は、オオミドリシジミの越冬卵
コナラの細枝を上から下まで何かいるだろうと見ていたところ
 一番下の枝で見つけることができました。
オオミドリシジミ越冬卵131208s.jpg

 思いがけない出会いがあって楽しい観察会となりました。
企画された花虫さん、そして一緒に参加された皆さん
 どうもありがとうございました。

posted by 森のきのこ at 20:01| Comment(2) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

観察会その1-手摺に集まる虫達

 道端自然観察館の花虫さん主催の観察会(高根森林公園)に参加しました。
手摺に集まる虫を見ようという企画で、その道のプロのような人達が次々と小さな虫を見つけていきます。
 コミミズク、クヌギカメムシ、ウシカメムシ、クモの仲間、など
マクロレンズで覗くと人間と同じようにそれぞれの顔や体型に特徴があって見ていて飽きません
コミミジク131208.JPG

ウシカメムシ.JPG

クヌギカメムシ131208.JPG

 
131208.JPG

 
次回は越冬する虫達(その2)へ続きます。
posted by 森のきのこ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする