2014年05月31日

樹液を巡る

 河原に点在するヤナギを巡ってみた。
例年、5月下旬から梅雨末期くらいにかけて、安定的に樹液が出るので
これに集まる虫達を見るのに好条件となる。・・・人間にとっては、暑くてたまらないけれど!
 早速見られたのは、コクワガタ♂であった。
今回は見られなかったが、ノコギリやヒラタも間もなく顔を見せてくれるであろう。
 
コクワガタ140531.JPG

 先々週は、チョウでは、ゴマダラチョウ*1頭しか樹液に来ていなかったが
今日は、ゴマダラ、コムラサキ、キタテハ、サトキマダラヒカゲが見られた。
 写真は、ゴマダラとコムラサキ
かなり枝の高い位置だったので思うようには、撮れなかった。
コムラサキとゴマダラチョウ140531.JPG




posted by 森のきのこ at 14:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

ヒオドシチョウの蛹

 自然観察指導員の講習会に参加した際に
その建物の敷地でタテハチョウ科の蛹を見つけた。いや・・見せて頂いた。
 この蛹、調べようと思いつつ、何チョウかな?となっていたけど
今日、知人のブログを見てヒオドシチョウと分かりました。
 広い敷地でこの1蛹のみ、沢山産んで生き残りを図る戦略ですねえ
ヒオドシチョウの蛹140525.JPG

posted by 森のきのこ at 19:48| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

アシナガオトシブミの揺籃作り

 散策中にクヌギの幼木にオトシブミの揺籃があるのを見つけた。
よく出会うヒメクロオトシブミと作り方と大きさが違うので探していたらアシナガオトシブミの♀がいた。
これで多摩丘陵で出会ったのは、3回目、この内2回は、♂なので運が良ければ揺籃作りが見られるかもと
 粘ってみたところ作り始めてくれた。
葉の左右から切り主脈を残す。
アシナガオトシブミ140518-4.JPG

 細かな工程はあったが、大まかに表現すると真中から2つ折りに作業していた。
 
アシナガオトシブミ140518-6.JPG

 葉の先へ行き、巻き始める。
アシナガオトシブミ140518-2.JPG

 時折、アリが邪魔しに来るけれど、ひたすら作り続ける。
アシナガオトシブミ140518-3.JPG

 最後は、他のオトシブミ(ヒゲナガ、カシルリ、ヒメクロ)で見たのと違って点検などせず、あっけなく揺籃から離れて行った。 産卵もどの段階で行ったのか分からずであった。
アシナガオトシブミ140518.JPG




posted by 森のきのこ at 18:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

樹液出始める

 河原のヤナギで樹液が出始めた。
ヤナギの幼木は、樹皮が薄くスズメバチが傷つけて出したり、カミキリムシが抜けた穴からや枝が擦れて出る等色々な要因で樹液が出て、これを目当てに甲虫やチョウが集まってくる。
 今日は、マイマイカブリ、コクワガタ、スズメバチ、ハナムグリ、ゴマダラチョウが見られた。
写真は、ゴマダラチョウ春型とハナムグリ 懸命にに樹液を吸っていた。
ゴマダラチョウ140517.JPG

posted by 森のきのこ at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

観察会-ルイスアシナガオトシブミ他

 先月に続き、道端自然観察館の花虫さん主催による観察会に参加しました。
ウスバシロチョウ、アサギマダラ、カワトンボ、ダビトサナエ、ヒメクロオトシブミ、ルイスアシナガオトシブミ、ヒゲナガオトシブミ、イタヤハマキチョッキリ(痕跡)、ニワハンミョウ、ナミハンミョウ、ノミバッタ、など多くの虫に出会うことができました。
 写真は、ルイスアシナガオトシブミの揺籃づくり、ケヤキの葉を器用に巻いていました。
ルイスアシナガオトシブミ140510.JPG

 ニワハンミョウとノミバッタのツーショット
夕方になり気温が下がってきたからか?疲れたのか?
 同じ場所で静止してくれました。
ニワハンミョウとノミバッタ140510.JPG
posted by 森のきのこ at 17:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

裏山の甲虫-アカガネサルハムシとアシナガオトシブミ

 連休の最後の夕方に裏山を散策したところエビヅルの葉にアカガネサルハムシがいた。
変な開発が進んで林縁のエビヅルが刈られたりしたので今年はどうかな?と思っていたのだけれど
 姿を見せてくれて良かった。
アカガネサルハムシ140506.JPG

 さらに歩いていくと道脇の葉上に何やら赤黒で気になる甲虫がいた。
なんとアシナガオトシブミであった。
 多摩丘陵(かなり分断されているけれど)で個人的に確認しているのは、これで2回目
前回は、多摩市の原峰公園で野鳥を観察している時に足元を何気に見ていたらいたという偶然の出会いであった。そう言うと今回のも偶然のようなものだ。
 本種は、多摩丘陵に限らず、他の場所でも生息数がそれほど多くないオトシブミのようです。
アシナガオトシブミ140506-3.JPG
posted by 森のきのこ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

クチナシグサ

 昨年、クロホシタマムシが見られた伐採木を見ていたら、この斜面に個人的に今まで見たことが無い花を見つけた。
 図鑑で調べたところクチナシグサと言い、半寄生性で、イネ科の植物の根からも栄養分をとるというちょっと変わった植物です。
クチナシグサ140505.JPG


クチナシグサ140506.JPG


posted by 森のきのこ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月05日

雑木林のキビタキ

 キビタキ♂の囀っているところを撮ろうと公園の雑木林へ行った。
囀っているところを見つけるところから難しく、なかなか姿を見つけられない
 さらにレンズを向けてピントを合わせる、これも林内は暗めなので難度が高い
どうにかまともに撮れたのが、この一枚です。
キビタキ♂s.JPG
posted by 森のきのこ at 17:54| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

ウスバシロの楽園

 多摩川上流へ行ったところ、草地にウスバシロチョウが20頭以上飛び交っていた。
この場所、以前はニセアカシアの林になっていたけれど伐採と草刈で環境が変わって食草のムラサキケマンが生えだしたことでウスバシロが増えたようだ。
ウスバシロチョウ140503.JPG

ウスバシロチョウ140503-1.JPG
posted by 森のきのこ at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

落とすべきか落とさざるべきか?-カシルリオトシブミ

 川辺のイタドリで葉を巻くカシルリオトシブミを観察していたところ
巻いた葉を落とすのと落とさずに飛び去るのと2通りいるのに気が付いた。
 本能で行動しているので、落とすか落とさないかをその時の条件で判断してはいないだろうけれど
なぜ、そうするのかは、不思議だ。
 写真は、落とそうとして付け根を切り始めたところ
落とした瞬間を撮りたいけれど、そう上手くはいかない。
カシルリオトシブミ140503.JPG
posted by 森のきのこ at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

オオカワヂシャにアオスジアゲハ

 河原では、オオカワヂシャの花が目立ってきた。
特定外来植物に指定されていて在来種のカワヂシャとの交雑(ホナガカワヂシャ)も起きているということだけれど、これだけ繁茂していては、とても防ぎようがないでしょう。
 生き物達は、環境の変化を強かに利用して生きており、花には、アオスジアゲハ、キタテハ、ベニシジミとチョウが集まり賑わっていた。
アオスジアゲハ140502.JPG

アオスジアゲハ140502-1.JPG

 
posted by 森のきのこ at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

ベニカミキリの産卵

 切られた孟宗竹が積まれていたのでベニカミキリが来るだろうと待っていたらすぐ現れた。
本種は、節で産卵すると記載されているので観察していると節の近くで動きをとめて産卵し始めた。
ベニカミキリ140501.JPG

 図鑑に記されていることを調べるのには、繰り返し観察し続けなければならず。
専門家の観察眼には、頭の下がる思いです。


posted by 森のきのこ at 17:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする