2014年07月30日

水辺を歩く

 多摩川流域には、湧水池や流れ込む小川等、変化多い水辺環境があり
昨日は、その中でもかなり綺麗であろう小川廻りを散策した。
 いきなり現れたのは、カトリヤンマ♂であった。
かっては、日野市にある湧水池でも見ることができたけれど
 今では、さらに上流でないと適した条件が無くなってきている環境変化に弱いトンボである。
カトリヤンマ140729.JPG

 夏本番となり、ハグロトンボが目立つようになってきた。
こちらは、緩やかな流れを好むトンボで多摩川でも夏場によく観察できる種である。
 かなり敏感なトンボで、近づくと警戒してすぐに翔んでしまう。
ハグロトンボ140729.JPG

 河原のクヌギの樹液にコムラサキが来ていた。
このチョウも水辺環境を好み、産卵〜成虫まで川辺のヤナギを拠り所としている。
コムラサキ♂140729.JPG









posted by 森のきのこ at 22:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

夏はセミだ!

 昨年、ツクツクボウシタケが沢山発生した公園に今年も出始めたとの情報を得たので
早速行ってみると、なんと10以上が、園路脇の斜面に発生していた。(*藪蚊に纏わりつかれて痒くてたまらないので途中で逃げ出して数えられず!)
 これだけの数が発生するのは、この冬虫夏草菌が好む条件が揃っているということであろう。
ツクツクボウシタケ140729.JPG

 ニイニイゼミの羽化も見られた。
このセミにもセミタケという冬虫夏草が出るのだが、個人的に町田の里山でしか見たことがない
 いずれ多摩ニュータウンの公園でも見つけてみたい!
ニイニイゼミ羽化140729.JPG



posted by 森のきのこ at 18:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

多摩川の生き物写真展のお知らせ

 当ブログをご覧頂いている皆様
下記のように写真展を開催します。
  『多摩川の生き物 写真展』
日時:2014年 8月7日〜8月12日
午前 10時〜午後8時 最終日は6時まで
会場 :京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンターAB館5階ブリッジギャラリー(京王聖蹟桜ヶ丘SC)
 
カワセミ140123.JPG

身近な都市河川 多摩川には多くの生き物たちが棲息しており
今回の写真展でお見せできるのは、ほんの一握りとなりますが
 ぜひご覧ください。
posted by 森のきのこ at 21:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

夏の里山―ヤマユリとタマムシ

 関東の梅雨明けもそろそろだ。
今日の里山は、日差しが強く汗を拭きながら散策路を
 歩いた。道中には、ヤマユリが大輪の花を咲かせていた。
ヤマユリ140720.JPG

 伐採木にも夏の甲虫タマムシが集まりだした。
暑い日差しの中、どうしてこんなにタフなのか!
 と感心するくらい暑さに強い
10頭ほどの♀が産卵に来ていたけれど切られた木の臭いを感じて
 集まるのだろうか?
140720タマムシー1.JPG

140720タマムシー2.JPG








posted by 森のきのこ at 17:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

緑道のムラサキ色きのこ

 梅雨本番となり、多摩ニュータウンの緑道でも見られるきのこが多くなってきた。
週末観察ということでなかなかタイミングが合わず、傷一つ無いものに出会うのは難しい
 ムラサキヤマドリタケは、久しぶりに見ることができたけれど
急速な日差しで、傘がひび割れていきていた。
ムラサキヤマドリタケ140713.JPG

 このムラサキホウキタケは、個人的に緑道で初めて見るきのこだ。
昔、大菩薩の近くのブナ・ミズナラ林で出会ったことがあるけれど時期や出る場所が
 まったく違うので同種なのか不明。
とりあえず図鑑との絵合わせでムラサキホウキタケとしました。
ムラサキホウキタケ140713.JPG


posted by 森のきのこ at 19:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

川辺のトンボ

 観察ポイントとしている上流の河原へ行った。
台風の影響で水量が多いかなと思ったが、前回より少なくなっており
 対岸へも歩いて渡ることができた。
アオハダトンボが、緩やかに流れる川辺で見られた。
 警戒心強く、かなり敏捷なトンボで翅を広げたところを撮ろうと狙ってみたが
なかなか近づかせてくれない、ようやく撮れた一枚。
アオハダトンボ♂140712.JPG
 
 同じ場所では、ミヤマアカネが増えてきた。
成熟♂が暑い日差しで体温が上がるのを防ぐため、逆立ち状態で縄張りを張っていた。
ミヤマアカネ140712.JPG


posted by 森のきのこ at 15:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする