2015年01月25日

キセキレイとジョウビタキ

 今日は、いつもの川辺へ出向いた。
川辺の浮遊物の上を歩くキセキレイ、忍法ギタンの術のように素早く移動する。
箱根駅伝でも最後の坂で体重の軽い選手が素晴らしい走りをしていたけれど、身が軽いというのは体を素早く移動させる時には、もっとも重要な条件なのであろう。
 
キセキレイ150125.JPG

 人馴れしたジョウビタキ♂が、今日も姿を見せてくれた。
河畔林が、伐採されて餌不足なのかもしれない。
ジョウビタキ♂150125.JPG
posted by 森のきのこ at 17:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

モミジバフウの葉痕とシロハラ

 河原を歩いていたら見慣れない木を見つけた。
葉痕には、顔のような特徴があって冬芽図鑑で調べるとモミジバフウのようである。
 公園などに植えられることが多い木なので種が飛んできて生えたのかもしれない。
モミジバフウの葉痕150118.JPG

 写真展の作品を渡しに行った公園でシロハラに出会った。
地上で吸水や採餌するところを狙って撮ったが、なかなか上手くいかず、木の間に隠れて寛いでいるところをようやく一枚。
シロハラ150118.JPG
posted by 森のきのこ at 18:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 葉痕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

越冬虫探し

 今日も越冬する虫達の姿を求めて公園を歩いた。
コナラの小枝では、定番となっってるチョウやガの卵を探してみた。
 見つかったのは、ミズイロオナガシジミとヤママユの越冬卵
ヤママユの方は、寄生蜂?が羽化して抜けた穴が開いている。
ミズイロオナガシジミ越冬卵150117.JPG

ヤママユ越冬卵150117.JPG

 樹木のプレートを下げてみたらナミテントウとウスキホシテントウが越冬中
鞘翅の模様は、色々だ。
テントウムシ越冬150117.JPG
posted by 森のきのこ at 17:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

第11回里山写真クラブ作品展のお知らせ

 当ブログをご覧の皆様
新年恒例の里山写真クラブ作品展(第11回)は、かなっくホール(添付地図)、ギャラリーAにて、平成27年1月21日〜1月26日の開催となります。
10:00〜18:00(最終日は〜17:00)出展者総数20名、半切(A3ノビ)総数40点力作揃いです。
私、森のきのこの当番日は、24日(土)となります、ぜひご来場ください。
11469.gif


posted by 森のきのこ at 21:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

公園お散歩観察会

 近所の公園でお仲間と観察会を行った。
スタート前にエナガの群れが飛び回っていたのでまず1枚
 動きが、素早いので撮るのは難しい。
エナガ150112.JPG

 モズにはやにえにされたセンチコガネ
昨年は、カナヘビが刺されていた近くだった。
センチコガネのはやにえ.JPG

 クワエダシャクの越冬幼虫は、見つけておいたのは、すべて姿が無くなっており、一緒に歩いたネコ虫さんが見つけてくれた一頭だけだった。鳥に食べられることも多いようだ。
 コムラサキ越冬幼虫は、どうにか一頭見られた。
木の割れ目にピッタリと入って越冬中
コムラサキの越冬幼虫150112.JPG

posted by 森のきのこ at 16:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

茅ヶ崎公園観察会

 道端自然観察館の花虫さん主催による茅ヶ崎公園観察会に参加した。
公園遊歩道に出てコナラの細枝を見ていくとミズイロオナガシジミの越冬卵があった。
 幅は狭いスペースだが、長く続いており、ウラナミアカシジミも観察できると生態園の資料にあった。 
 
ミズイロオナガシジミ越冬卵150110.JPG

 手摺を観察しながら歩いていくとチャバネフユエダシャクの♀等が次々と見つかるが、個人的な今日の大収穫は、コブシの幹に逆向きでとまっていたオオアヤシャクの越冬幼虫を見られたことだ。
 次回は、きちんと冬芽に擬態する姿を撮ってみたい。
オオアヤシャク.JPG
 
 最後は、カワセミが大サービスをしてくれた。
カワセミ150110.JPG
posted by 森のきのこ at 19:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

枝化けと樹皮化け

 裏山で越冬する虫達を探してみた。
前回は、ミズイロオナガシジミとオオミドリシジミの越冬卵を見つけられたので
 今回も粘って探したところ、シャクガの幼虫が枝にへばりついていた。
越冬するシャクガの幼虫150104.JPG

 キノカワガは、苔むしたサクラの樹皮で化けていたけれど、ちょっと目立っていませんか?
これでは、天敵カラ類に見つかってしまいますよ・・・
キノカワガ150104.JPG

 
posted by 森のきのこ at 20:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

河原でのんびり

 当ブログをご覧頂いている皆様、今年も節穴で見た自然観察諸々を紹介してますので、よろしくお願い致します。
 さて、今日は、昨年と同じ河原の定位置に待機して近くに来る野鳥を観察してみました。
 この場所、河原本来の環境への復元工事ということでかなり伐採が入ってしまったけれどカワラヒワ、ベニマシコ、アオジ、ジョウビタキ、カシラダカ等いつもの面々が姿を見せてくれました。
 ベニマシコ♂は、近くに来てくれたけれど逆光で上手く撮影できず、かなり露出補正しています。
ベニマシコ♂150103.JPG

 ♀も一回だけ遠くに姿を見せてくれました。
この時期は、イノコヅチの種をかなり好んで食べているようで
 これが繁茂している場所を見つければ、近くで観察するチャンスはありそうです。
ベニマシコ♀150103.JPG

 ジョウビタキ♂は、何回も近くに来てくれて大サービスでした。
もしかしたら、どこかで誰かが餌付けでもしていたのかもしれない?と心配になるくらいでした。
 750ミリ相当の望遠レンズでは、近すぎて撮れず、後ずさりして距離をあけて撮影しました。
ジョウビタキ♂150103.JPG

ジョウビタキ♂150103-1.JPG


posted by 森のきのこ at 17:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする