2015年04月29日

裏山歩き-キンランとゾウムシの仲間

 裏山では、キンランが満開となった。
ギンランも探したけれど見つからず、この近辺では、なかなか見ることができない。
キンラン150429.JPG

 甲虫では、ヒメクロオトシブミとこのエゴニセサル・・であろうゾウムシ見られた。
ネット等で検索したところ長池公園生き物図鑑でこれに該当しそうな種が見つかった。
体長2~3ミリほどで口吻が赤っぽい色だ。
ゾウムシ150429.JPG
posted by 森のきのこ at 19:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

里山歩き-しがみつくオジロアシナガゾウムシ他

 クヌギやコナラの葉が展開し始めたのでオトシブミの類を探して里山を歩いた。
最初に見つけたのは、クヌギの小枝にしがみつくオジロアシナガゾウムシだった。
 この体色は、鳥の糞に真似て敵を欺くための物と言われている。
オジロアシナガゾウムシ150426.JPG

 山道では、スミレ(マンジュリカ)が丁度見頃だった。
昨年は、気が付かなかったのか、それとも興味をひかなかったかのか?
 今年はかなり多く咲いている。
ノジスミレ150426.JPG

 お目当てのアシナガオトシブミは、見られなかったけれど
ウスモンオトシブミは、キブシの葉上で見ることができた。
ウスモンオトシブミ150426.JPG

posted by 森のきのこ at 18:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

新治市民の森-観察会

 HP道端自然観察館の花虫さん主催による観察会へ参加した。
今月2回目となるが、前回はあまり見られなかったカミキリムシ類をはじめ甲虫たちが
 数多く姿を見せてくれた。
リンゴコフキゾウムシが、シャガの花上にいたのを一枚
 鞘翅の色合いがなかなかに綺麗な甲虫だ。
 
リンゴコフキゾウムシ150425.JPG

 藪中にエビネランが、咲いていた。
人目に付くところは盗掘によって無くなってしまうことが多い花だ。
エビネラン150425.JPG

 今日は、特にアカメガシワの新葉が目立った。
アカメガシワ150425.JPG
posted by 森のきのこ at 19:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

高尾山テクテク歩き

 久しぶりに高尾山を歩いた。
目的は、春の花を観察ということで、ゆっくりと稲荷山から日影沢林道コースをたどったところ
 咲き残りのヒナスミレ
ヒナスミレ150423.JPG

 丁度見頃のマルバスミレ
華奢な感じではなくがっしりとした花だ。
マルバスミレ150423.JPG

 個人的に高尾山では、初見のオウギカズラ
オウギカズラ150423.JPG



 センボンヤリも数本見た。
名前の由来は、沢山の花が並んだ様子からつけられたとのことで今だったらイッポンヤリと変更になるかもしれない。
センボンヤリ150423.JPG

 最後にホソミイトトンボを林道脇で見つけた。
これも個人的に高尾で初見となる。
ホソミイトトンボ140223.JPG

 

 
posted by 森のきのこ at 21:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

アジアイトトンボ若齢♀

 多摩川の湧水池でアジアイトトンボの若齢♀を見つけた。
かなりしつこく探したけれど見られたのはこの1頭のみだった。
アジアイトトンボ150419.JPG

 
posted by 森のきのこ at 19:47| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

八王子城址の花

 久しぶりに八王子城址へ行った。
黄砂の影響か眺めはどんよりとしていたが新緑は、見事だった。
 夜景は、さぞかし見事だろう、遠くの市街地まで見渡せる。
八王子城からの眺め150418.JPG

 登り道では、あまり見られるものはなかったけれど降りてから歩いた
沢沿いでミドリニリンソウを見ることができた。
ミドリニリンソウ150418.JPG

 帰りによった多摩森林科学館のヤマルリソウ
園路沿いにかなりの群生を見ることができた。多摩丘陵では、ほとんど見なくなっている。
ヤマルリソウ150418.JPG
posted by 森のきのこ at 17:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

フデリンドウ咲く里山

 久しぶりの好天だ。
愛犬を連れて里山を散策してみたところ
草地でフデリンドウが咲いていた。
フデリンドウ150412.JPG

 近くの伐採後では、越冬明けのヒオドシチョウが日光浴中
成虫越冬するタテハの仲間は、キタテハが法面の草間、ルリタテハが桟橋の下などで
 見たことがあるけれど本種は、どんな場所で冬越しするのだろう?
ヒオドシチョウ150412.JPG

 最後に菜の花越しのヤマザクラ
花見ももう終わり、季節の進み方はあっという間だ。
里山の風景150412.JPG



 
posted by 森のきのこ at 18:27| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

ヤマエンゴサク

 気温が低く不安定な天気が続く
町田の小山田を歩いてみたが、少しの間除いた晴れ間にツマキチョウ(写真)
 ミヤマセセリが飛ぶのが見られたくらいであった。
ツマキチョウ150411.JPG

 ヤマエンゴサクは、纏って見られる場所があった。
毎年歩いているけれど、興味を持たないと何も見えてこない。
ヤマエンゴサク150411.JPG
posted by 森のきのこ at 19:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月05日

コナラの芽生え

 公園の苔むした法面でコナラの団栗が芽生えていた。
今は、高木が葉を展開していないので林床まで太陽光が届くけれど
 暫くすると薄暗くなってしまうのでここから成長することなく姿を消してしまう
無駄なことをしているようだけれど命を繋ぐためのチャレンジは繰り返し行われている。
コナラの芽生え150405.JPG

コナラの芽生え150405-1.JPG
posted by 森のきのこ at 18:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

里山花めぐり

 雑木林の林床では、アカネスミレが咲きだしていた。
他のスミレも探してみたけれどタチツボスミレ(多い)と本種以外は見られなかった。
アカネスミレ150404.JPG

 畑では、採り忘れたのか、残ったダイコンが花を咲かせていた。
十字の花型は、アブラナ科の特徴で紫色の縁取りも独特な花だ。
ダイコンの花150404.JPG

 今年も同じ場所でトガリアミガサタケが出ていた。
この場所を観察し始めて20年近くになるが、毎年この時期になると姿を見せてくれる。
 きのこは、菌類が繁殖するために出るもので植物にとっては花に相当する。
トガリアミガサタケ150404.JPG


posted by 森のきのこ at 18:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする