2015年05月31日

伐採木に集まるタマムシ

 今日は、ちょっと前に見つけておいた伐採木が積まれている場所へ
お仲間の秀さんと行ってみた。
 この場所、2年前にクロホシタマムシを見たところからそれほど離れておらず
周囲の環境もそれなりに保たれている。
 案の定、クロホシタマムシが現れてくれた。
2頭だけだったが、産卵している時には、動かないのでじっくりと撮影できた。
クロホシタマムシ150531.JPG

クロホシタマムシ150531-1.JPG

 近くには、ケヤキの伐採木が積まれており、こちらではケヤキナガタマムシが
多く見られた。
ケヤキナガタマムシ1505031.JPG

posted by 森のきのこ at 17:06| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

河畔の水溜り

 定点観察している河畔の水溜りへ行ってみた。
以前にも記事にしたけれど足を浸すと水温が高く暖かい
 ちょっと高めの水温の方が餌となる生き物も多く繁殖できるのか
トンボの種類も多いようだ。
河畔の水溜り150530.JPG

 今回は、一頭だけだけれどヨツボシトンボが見られた。
温暖地では、春に見られる種で生息数も少ないようで多摩地域
で個人的に見たのは5年ぶりだ。
ヨツボシトンボ150530.JPG

 ホソミオツネントンボは、2ペアが産卵していた。
前種のヨツボシと合わせてこの水溜りでは初見のトンボとなった。
ホソミオツネントンボの産卵150530.JPG



posted by 森のきのこ at 20:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

裏山のゼフィルス

 今日もやや奥山の林道を歩く予定だったが
急な用事ができたので早朝に裏山を散策してみた。
 剪定更新されたクヌギの幼木近くでウラナミアカシジミとアカシジミが見られた。
ウラナミアカシジミ150523.JPG

アカシジミ150523.JPG

ほんの僅かに残された雑木林だけれどオオミドリジシミの卵を含めて4種類のゼフィルスが棲んでいる。
posted by 森のきのこ at 18:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

ドロハマキチョッキリの林道

 先週 ファウストハマキチョッキリを見た場所へ行ってみたが
前日の雨で木の葉が、ずぶ濡れ状態なので先に近くの林道を歩いてみた。
 歩き始めていきなり出会ったのはドロハマキの濃青型の♀とカシルリ♀であった。
先に揺藍を作り始めたのは、カシルリの方で、ドロハマキは、葉を巻き始めてから
 気が付いたらしく、かなり気にして纏わりついていたが最後は諦めて放棄してしまった。
ドロハマキチョッキリとカシルリオトシブミ150518-1.JPG

 林道脇には、ドロハマキの食草イタドリが多く生えており、そこかしこで揺藍を作っているのを見られた。
ドロハマキチョッキリ150518-2.JPG

 道脇には、イラクサも多く、これを食草とするサカハチチョウも多かった。
サカハチチョウ150518.JPG

 帰りにファウストの見られた場所に寄ったが、期待していたイタヤハマキは見られず!
ファウストも一頭のみであった。
ファウストハマキチョッキリ150518.JPG

 
posted by 森のきのこ at 18:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

オオルリ訪ねて林道歩き

 再びオオルリを見に林道を歩いた。
ちょっと遠くて家から1.5時間かかるのだが、それなりに収穫があった。
 まずは、本命オオルリ 近距離の新緑の梢で囀るところを撮りたかったのだが
かなり離れた位置であった。
 なかなか思うようにはいかない・・・
オオルリ150510.JPG

 キンモンガも林道脇で見られた。
チョウのようなガで、ウツギの花に吸蜜中。
キンモンガ50510.JPG

 帰りの道路脇でカエデが多く植林されていたので覗いてみたら
ファウストハマキチョッキリが葉揺を作っていた。
 同じ場所では、イタヤハマキチョッキリの葉揺もあったので
今月中に、しつこく通えば、見られそうだ。
ファーストハマキチョッキリ150510-1.JPG

ファーストハマキチョッキリ150510.JPG
posted by 森のきのこ at 18:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

山裾の観察会

 HP道端自然観察館花虫さん主催の観察会に参加した。
場所は、山裾ということでちょっと変わった虫達が姿を見せてくれた。
 このクチキクシヒゲムシは、成虫までの過程で他の昆虫に
寄生するというちょっと変わった暮らし方をしている甲虫だという。
 昆虫写真家 新開孝さんのHP過去ログで顔のアップを撮った写真を
見たが顎と触覚に特徴大だ。
クチキクシヒゲムシ150509.JPG

 イラクサで葉揺を作るコブオトシブミとクヌギ幼木の葉上でアシナガオトシブミも久しぶりに見ることができた。
ヒメコブオトシブミ150509.JPG

アシナガオトシブミ150509.JPG

 盛夏までの間は、とても楽しめそうな場所である。

 
posted by 森のきのこ at 19:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

林道歩き-オオルリ他

 先日歩いた多摩川水系の林道を再び歩いてみた。
オオルリが、近くまで来てくれたけれど撮るのは難しい、梢で囀るところを狙うのだが、青色はなかなか再現できない。
オオルリ150506-2s.JPG

 渓畔の道では、クワガタソウが目についた。
ゴマノハグサ科なのでオオイヌノフグリと花形が良く似ている。
クワガタソウ150506.JPG

 虫を探しながら林道脇を見て歩くとヒゲナガオオシブミ(上)とドロハマキチョッキリ(中)、ウスバシロチョウ(下)が見られた。
 まだ数は、少ないのでこれからもっと増えてくるだろう、この林道歩きは病み付きになりそうだ。
ヒゲナガオトシブミ150506.JPG

ドロハマキチョッキリ150506.JPG

ウシバシロチョウ150506.JPG
posted by 森のきのこ at 19:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

里山-シロバナキンラン他

 里山も初夏の装いとなり、歩いていると汗ばむ陽気だった。
里山の風景150504.JPG

 今日は、キビタキがいないかなと探してみたのだが生憎、鳴き声すら聞くことができなかった。
代わりに黄色が目立ったということでキンラン
 この株は、特に沢山の花をつけていた。
キンラン150504.JPG

 クリーム色のキンランがあった。
調べてみたところシロバナキンランというらしい、個人的には初見だ。
クリーム色のキンラン150504.JPG

 田圃では、ムラサキサギゴケが目立った。
寄ってみるとなかなか綺麗な花である。
ムラサキサギゴケ150504.JPG



posted by 森のきのこ at 17:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月03日

裏山-エゴツルクビオトシブミ

 今日は、短時間だが裏山を歩いてみた。
林縁のエゴの木にエゴツルクビオトシブミの葉揺を見つけたので、きっと作っているのも見られるはず、と探してみたところ雌雄でいるのを見つけた。♂は、葉揺作りを手助けするということはまったくなく、他の♂の干渉を防ぐために見守っていると思われる。
エゴツルクビオトシブミ雌雄150503.JPG

posted by 森のきのこ at 18:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

多摩川水源を歩く

 多摩川の水源は、笠取山の水干が有名だが、奥多摩湖でプールされているので
直接流れ込むとしたら湖のあとからの流入ではないであろうか・・
 今日は、そんな渓流を辿って山へ登ってみた。
林道から振り返ると山並みが綺麗に広がっていた。
水源の森q50502.JPG

登山道では、ラショウモンカズラとクワガタソウが満開だった。
ラショウモンカズラ1505.JPG

ヤマクワガタソウ150502.JPG

 絶滅危惧種というヒイラギソウの群落があった。
紫色が見事な花だ。
ヒイラギソウ150502.JPG

ヒイラギソウ150502-1.JPG
posted by 森のきのこ at 19:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月01日

道教え

 今日からGW休みなので城山近辺をぶらぶらと散策してみた。
早速みられたのは、ニワハンミョウ
 昨年もこの場所で見られたので一年ぶりの出会いとなる。
ニワハンミョウ150501.JPG

 もちろんハンミョウも見られた。
さも肉食の昆虫という恐ろしい面構えだが、鞘翅の模様は怪しげな美しさだ。
 体を高く持ち上げているのは、太陽光にあたる面積を少なくして体温が上がるのを防いでいるという。
ハンミョウ150501.JPG




posted by 森のきのこ at 17:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする