2015年06月27日

ラミーカミキリ

 雨の合間に河原を歩いてみたがあまり被写体に出会うことなく戻る途中で
アオギリの葉上にラミーカミキリがいるのを見つけた。
 他の木も含めて4頭もいたのでアオギリの葉も食べることがあるのかもしれない
本種の食草は、カラムシなのだがこの近辺に見当たらなかった。
ラミーカミキリ150627-1.JPG

 逃げずにお相手してくれたラミー 顔はなかなかいかつい
ラミーカミキリ150627.JPG
posted by 森のきのこ at 17:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

クロホシ再び

 河原から戻る途中で5月31日にクロホシタマムシが見られた場所へ寄ってみた。
5分ほど探してもゴマフカミキリ以外何も見られず、今日はだめかなと思いながら
伐採木の廻りをしつこく探していると いました!小さいクロホシさん
 産卵中のクロホシさんは、音や振動などに注意して驚かさなければ撮影に協力的です。
クロホシタマムシ150623.JPG

 雨も少しパラついてきて一頭だけだったなあと諦めて帰ろうと・・
それでもチラチラ見ていると何と・・ちょっと大きめのがいました。
 自宅に帰ってから画像を確認するとこのクロホシさんは、右前脚を失っているのに気が付きました。
虫の一生にも色々な困難があります。
クロホシタマムシ150623-1.JPG
posted by 森のきのこ at 19:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

川辺のトンボ便り

 定点観察している水溜りのような池では、クロイトトンボが目立っていた。
採餌にホバリングしたり産卵したりと活発だ。
クロイトトンボ飛翔150623.JPG

 本流の岸辺では、テトラポットにコオニヤンマの抜け殻(ヤゴ)が沢山ついていた。
探してみると羽化している個体や上陸してくるヤゴを見つけることができた。
 下の写真は、上陸してきたヤゴ 、まだ体が濡れている。
コオニヤンマのヤゴ150623-0.JPG

 テトラポットで羽化しているのに出会った。
コオニヤンマの羽化150623-1.JPG

 暫くすると翅と尾が伸びた。
コオニヤンマは、日中でも羽化するのが多いようだ。
 そのかわり羽化の時間はかなり短い。
コオニヤンマの羽化150623-2.JPG

 多摩川でのコオニヤンマの羽化は、今頃にかなり集中するようだ。
今週末は、天気が気になるけれどまた会いに行ってみたい。
 
posted by 森のきのこ at 16:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

活発なきのこ達

 本格的な梅雨となって緑道では、きのこが出始めた。
ただヤマドリタケモドキやアメリカウラベニイロガワリといったやや大型のきのこは、虫等に食べられてしまうことが多くてなかなか写真になるような被写体には出会えなかった。
 写真は、ヒナノヒガサ 小さなきのこで苔の間から傘を広げていた。
ヒナノヒガサ150620.JPG

 TG-4の深度合成モードできのこ撮りは、手軽に楽しめるようになった。
以前は、蚊に纏わりつかれながら痒い思いをして撮っていたけれど短時間で済むのが嬉しい。
クヌギタケの仲間150620.JPG

 田圃のモウトンイトトンボもここにすっかり定着している。
稲とともに入ってきたと聞いたかれど、無農薬での稲作も本種の棲息場所として適しているのかもしれない。
モウトンイトトンボ150620.JPG
posted by 森のきのこ at 12:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

河畔ヤナギのクワガタ

 昨日の観察会でクワガタの事が話題になったので
そう言えば河畔のヤナギで見れるのも今ぐらいからだったなあと 思い出したように夕方行ってみた。
何本かのヤナギを巡ってみたところ、ノコギリクワガタが一頭だけだったので今日はこれまでかとそろそろ帰ろうかとしていたら前方にヤナギの低木があるのに気が付いた。
ゆっくりと近づいてみたら枝又にヒラタクワガタの♂がいるではないですか・・・
ヒラタクワガタ150614.JPG

 過去の経験からヒラタクワガタは、木の振動では、簡単に落ちたりしないと思っていたのが油断だった。
最初の一枚を撮ったところでクワガタ族に伝わる遁法 落下の術で逃げられてしまった。
 ノコギリクワガタは、捕えた♂を幹に放して撮ってみました。
TG−4の深度合成は、なかなかのものだ。
ノコギリクワガタ150614.JPG


posted by 森のきのこ at 19:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

新治観察会-マスダさんに会う

 HP道端自然観察館の花虫さん主催による観察会に参加した。
道々、出会った生き物を名前を確認しながら見たり撮ったりして歩いていくと
 まずは、カワトンボ♀が出迎えてくれた。なかなか凛々しい顔立ちだ。
カワトンボ♀150613.JPG

 今日は見られるかも・・と思っていたのだが、杉の伐採木でマスダクロホシさんに出会えた。
個人的に初見なので感動しました。
 赤っぽいのと緑の2頭が、産卵に訪れており観察会に参加した人たちで撮影会となった。
マスダクロホシタマムシ150613.JPG

マスダクロホシタマムシ150613-1.JPG

 これでクロホシ、マスダクロホシと2種見ることができたので次は、キンヘリタマムシに出会いたい。

 
posted by 森のきのこ at 18:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

公園散歩-TG−4のテスト

 お仲間内でTG−3を所持する方が増えて気になっていたので
その後継機種であるTG−4を導入してみた。
 まずナメアシタケの仲間であろうきのこを深度合成モードを使って撮ってみた。
ナメアシタケの仲間150607.JPG

 ヒナバッタが、丸太の上で鳴いていたのを顕微鏡モード
ヒナバッタ♂150607.JPG

 夜間が多いのだろうが、日中にシオカラトンボが何頭も田圃脇で羽化していた。
これも顕微鏡モードだ。
シオカラトンボ羽化150607.JPG

 被写界深度が深く、簡単にシャープな写真が撮れてしまうし、軽量なので屋外散策に気軽に持っていけるカメラだ。
 水中にもハウジング無で入れられるので次回はテストしてみよう。
 
posted by 森のきのこ at 17:45| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

水辺便り-アゲハ吸水とアオハダトンボ

 昨日の雨でやや増水気味の清流を訪ねてみた。
岸辺の砂利でアオスジアゲハとアゲハが吸水しに来るのを撮ってみた。
 暑くなってくると色々なチョウが訪れるようになる。
アオスジアゲハとアゲハ.JPG

 水辺ではアオハダトンボが目立つようになってきた。
♂が求愛する時には、盛んにホバリングするので狙って撮ってみたけれど
 ピント合わせはなかなか難しい。
アオハダトンボ求愛.JPG

posted by 森のきのこ at 18:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする