2015年07月27日

ハグロトンボ♂とオイカワ

 この猛暑で里山歩きは、流石にシンドイので当分中止。
暫くは、清流沿いを歩いて潜って被写体探しとなる。
 今日は、トンボでは、ハグロトンボ(写真)とオナガサナエが、かなり目立った。
ハグロトンボ♂150727.JPG

 暑くなってくると水中へ逃れて淡水魚を観察してみる。
ナマズの仲間やウナギを探してみたが、まるっきり見つからず!
オイカワ(写真)、カワムツ、ヨシノボリなど常連は、元気に遊泳していた。
オイカワ150727.JPG



posted by 森のきのこ at 18:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

オオムラサキに出会えた

 多摩丘陵のオオムラサキは、なかなか出会うのが難しい。
もっとも休みは、週末ということで出会いに行く数も少ないのだが・・
 今日は、運よく目をつけていたクヌギの樹液で♂チョウに出会うことができた。
カナブンやコクワガタくらいでは、びくともしないがオオスズメバチが来ると
 怖いようで樹液からじりじりと遠ざかっていく。
オオムラサキ&オオスズメバチ.JPG

 暑い中を汗を拭きつつ開翅するのを粘って待っていたところ
おしっこシーンを撮ることができた。
 フィルムを使っていた時に撮って以来なので20年ぶりくらいになる。
オオムラサキ♂おしっこ.JPG

posted by 森のきのこ at 16:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

緑道便り

 今日もかなり暑かった。
いつもの緑道では、ツクツクボウシセミタケが出始めていた。
 この場所は、このきのこのツボになっており毎年纏った数が発生する。
地面の下に、こんなにツクツクボウシの幼虫がいるのか・・と驚くほどだ。
ツクツクボウシセミタケ150719.JPG

 クサギの葉上でトックリバチの狩りが、見られた。
このシャクガの幼虫は、既に麻酔をかけられており、とっくり状の巣に運ばれる。
 追跡して巣までつきとめようかとも思ったけれど、とても暑くて無理だった。
トックリバチの狩り150719.JPG
posted by 森のきのこ at 16:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

伐採木に集まるタマムシ♀

 川での撮影の帰りにクロホシタマムシが見られた伐採木の積まれた場所へ寄ってみた。
知人のブログでタマムシの情報がかなり見られたが同じようにここでもタマムシ♀が産卵に多数来ていた。
 産卵時期は、だらだらと長く続くのかもしれないけれどピークは今頃なのかもしれない。
タマムシ150712.JPG


posted by 森のきのこ at 19:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

アオハダトンボ♂とコシアキトンボ

 アオハダトンボ♂が流れ脇の葦にとまって縄張りを張っていた。
じりじりと近づいて開翅の瞬間を狙って撮ってみた。
 翅が青藍色に輝くきれいなトンボだ。
アオハダトンボ150712.JPG

 いつもギンヤンマの飛翔を撮っている池でコシアキトンボ♂が
繰り返しホバリングをしていたので狙ってみた。
 ちょっと地味なトンボだけれどギンヤンマが縄張りを張るまではこの池の主(トンボ)だ。
コシアキトンボ150712.JPG
posted by 森のきのこ at 18:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

ベニナギナタタケ

 オオムラサキを見ようと里山のクヌギを廻ってみたが一頭も見ることができなかった。
元々、生息数が少ないのでまるで見られない年もあったりする。
 写真は、緑道で発生していたベニナギナタタケ
この場所では、初見のきのこだ。
ベニナギナタタケ150710.JPG
posted by 森のきのこ at 18:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月05日

梅雨時-きのこ便り

 本格的な梅雨が続いて週末も家に閉じ込められる時間が多くなってきた。
こういう時には、町の一角にあるちょっとした緑道を歩いて観察してみよう。 
 蚊が多いのには、悩まされるけれど色々なきのこが、出ていて飽きることがない。
昨日歩いた場所では、かっては普通に食べられたきのこが3種見られた。
 残念ながら11年の震災以降は放射能汚染の問題があり採取して食べるのは自己責任
ということになる。
 まずは、傘の緑色したひび割れ模様が特徴あるアイタケ、お吸い物にして食べるとかなりイケるきのこでした。
アイタケ150704.JPG

 チチタケは、栃木県では、かなり人気があり傷つけると白い乳液を出すことから名前がついたきのこだ。
 良い出汁がとれるのでそばの具に入れると美味しいきのこだった。
チチタケ150704.JPG

 ヤマドリタケモドキは、ヨーロッパではかなりな人気のきのこで煮込んだ洋風料理やソテーにして食べるとかなり美味しいきのこでした。
ヤマドリタケモドキ150704.JPG

 過去形で書かなければならないのが悲しいですが
今回紹介した菌根性のきのこは放射線の吸収力が特に強く
 安全に食べられるようになるのはかなりまだ先になるようです。
posted by 森のきのこ at 12:51| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

傘が開く雨続き

 雨が続くので虫達の活動は鈍っており、伐採木を巡っても甲虫は見られず。
こういう日が続くと活発なのはきのこだ。
 雨が降ると傘を開くのは、人ばかりではなかった。
写真はアシグロホウライタケ 沢沿いの枯れ枝で傘を開いていた。
アシグロホウライタケ150701.JPG
posted by 森のきのこ at 21:01| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする