2015年09月27日

多摩川野鳥便り

 土日ともに何だかすっきりとしない天気だったが、多摩川の観察ポイントをぶらぶらと歩いてみた。
土手沿いでダイサギが、カナヘビの狩りをしていた。
 見ている間に4回チャレンジして3匹のカナヘビを捕えていたのでこの狩りの成功率は、かなり高い。
ダイサギの狩り15926.JPG

 秋らしくツリガネニンジンも花を咲かせていた。
ベルのようでなかなか可愛らしい。
ツリガネニンジン150927.JPG

 まだまだ警戒心強くて近づくことができなかったが、ノビタキにも会う事ができた。
ノビタキ150927s.JPG
posted by 森のきのこ at 17:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

北海道遠征その4−美瑛

 帰りの飛行機に乗る前に美瑛の森林公園に寄ってみた。
園路をぶらぶらと歩いているとエゾリスが、栗の実を咥えて走っていた。
 傍には、栗の木があり栗の実がばらばらと落ちている。
ここで待っていれば、戻って来るであろうと座っていると現れました。
エゾリス-1.JPG

エゾリス.JPG

 最後は、栗の木に登って見送ってくれた。
エゾリス―2.JPG

posted by 森のきのこ at 08:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 哺乳類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

北海道遠征その3-富良野

 富良野というと『北の国から』を連想される人も多いかと思います。
このドラマの中では、野生動物が多く登場していましたが、確かにちょっと市内を外れて
 森林の残るところへ行くと普通に目の前に姿を見られますね。
エゾリスが、冬越しのために胡桃やカラマツの実を集めて埋めたりしているのを観察できました。
エゾリス150922.JPG

エゾリス150922-2.JPG
 
posted by 森のきのこ at 19:51| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 哺乳類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

北海道遠征その2−十勝岳登山

 十勝岳は、日本100名山の一つで、以前から登ってみたい山であった。
登り口は、白銀荘からとして体力&時間的に余裕があれば富良野岳を廻って白銀荘に戻るプランとした。
 コースタイム12時間の中高年には、ややハードな設定となる。
花を愛でる高山植物の時期は、とっくに終わっており、道々で目立ったのは、シラタマノキの実だった。
 サロメチールを舐めたような味がするせいか、生き物は食べない実のようだ。
シラタマノキ150921.JPG

 十勝岳への最後の登りは、急なガレ場となり、同じような火山である富士山への登りを思い出し、思わずため息が出てしまった。
十勝岳150921.JPG

 山頂へは、8時ちょっと前にに到着した。
登山開始は、6時だったので3時間で登ることができた。
 ちなみにコースタイムは、4時間超である。
山頂からは、見事な眺が広がり、登りの疲労がいくらか癒された気がした。
十勝岳眺め150921.JPG

 今回の登山の目的の一つは、ナキウサギに出会うことだ。
写真は、棲息する岩場で三峰山近辺には、こういう場所が多い。
 そして運よく見ることができた。
2年前に然別湖で見た時のように間近で見ることは、叶わなかったけれど嬉しい出会いとなった。
 ここでも登りの疲労が、いくらか癒された気がした。
ナキウサギ棲む岩場.JPG

ナキウサギ150921.JPG

 流石に昆虫は、殆ど見ることができなかったが、コヒオドシだけは、数多く見られた。
かなり耐寒性もあるようだが、陽が陰ると岩の間に隠れたりしており寒さを凌ぐ工夫も怠らないようだ。
コヒオドシ150921.JPG

 富良野岳は、時間&体力的に無理と判断してパスした。
下山口から見た山塊も見事だった。
下山口からの眺め.JPG
posted by 森のきのこ at 19:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

北海道遠征その1―支笏湖畔

 19日から北海道へ旅に出た。
到着日は、悪天候だったが、翌日は、朝から少し晴れ間が出て
 湖畔からの樽前山が、綺麗に見えた。
樽前山150919.JPG

 湖の周囲は、ミズナラ、ダケカンバ等の森に囲まれていて動植物を観察するには、最高の環境だ。
秋のきのこが出ていないかなと少し歩いてみたところ食べられる種が2つ見られた。
 ヌケリスギタケモドキは、ナメコの仲間で汁物にすると美味しいきのこだ。
ヌメリスギタケモドキ150920.JPG

 ブナハリタケも多く見られた。
香りが強いので茹でこぼしてから調理するのが一般的だ。
ブナハリタケ150920.JPG

 東京では、なかなか見ることができないアカゲラ
北海道では、あまり人を怖がらず近くに来ることが多い。
アカゲラ150920.JPG


posted by 森のきのこ at 21:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

初大菩薩登頂

 大菩薩嶺は、いつも近くまで行くのだが、山頂へは行ったことが無い山であった。
今日は、頂上まで行ってみようとコースタイムの短い南側から登ってみた。
 曇りがちの天気で期待していた富士山は、顔を見せてくれなかったが時折晴れ間が出て
山並みが綺麗に見えた。
大菩薩近辺.JPG

 シカが、増えているせいなのかかって群生していたというマツムシソウは、まったく見られず
僅かにウメバチソウ(写真)、オトギリソウなどが見られたのみだった。 
 ウメバチソウの花は、複雑な形をしていて接写して楽しい。
ウメバチソウ150912.JPG

 ヤマブシタケ、ツキヨタケ等、きのこ達もたくさん見られた。
ヤマブシタケ150912.JPG

posted by 森のきのこ at 17:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

カワウ軍団

 そろそろ落ち鮎の季節となるのかカワウが群れをなして川を移動して漁をし始めた。
 この大きさで集団になると迫力があってヒッチコックの『鳥』をイメージしてしまう。
カワウ軍団.JPG

 ミサゴも昨日と同じ場所から鯉?を狙っていた。
観察していると頭を動かして距離を測っているのか?フクロウと同じ様な仕草をしていた。
misago.JPG


 
posted by 森のきのこ at 16:35| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

只今入浴中-ミサゴ

 そろそろ猛禽たちも現れるだろうと
河原へ出向いて日陰に陣取って待っていたらミサゴが水浴びを始めた。
 かなり長い時間水浴びしていたので暑さのせいもあったのかもしれない。
ミサゴの水浴び150905.JPG

posted by 森のきのこ at 20:41| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする