2015年10月24日

河原の湿地

 今日もカトリヤンマに会いに河原の湿地へ行ってみた。
待機していると水浴びに次々と野鳥が、現れる。
 僅かに残る水溜りだが生き物にとっては、大事なオアシスとなっているようだ。
現れた野鳥は、シジュウカラ(写真)、エナガ(写真)、シメ、ガビチョウなど
 上空には、ノスリやミサゴも飛翔していて飽きることがなかった。
エナガ151024.JPG

シジュウカラ151024.JPG

 昼過ぎになるとカトリヤンマの♂が、現れてホバリングを交えながら湿地の上を飛び始めた。
カトリヤンマ♂151024-2.JPG

 さらに14時くらいになると♀も産卵に訪れだしたが、次々と♂に捕まって連れ去られた。
今日は、晴れて気温も高いので昨日とは、条件が違い♂の出現頻度がかなり高いような気がした。

posted by 森のきのこ at 17:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

河原のカトリヤンマ

 カトリヤンマが産卵に来るならここであろうと以前から目をつけていた河原の湿地へ行ってみた。
実は3週間前にも見に行っておりその時は、長靴でも入れないくらいの水深だったのだが、今日は干上がる寸前までの状態となっていた。
河原の湿地151023.JPG

 歩き出すといきなりカトリヤンマ♂のホバリングが見られた。
翅にかなり損傷がある個体だったが、長時間ホバリングを繰り返して楽しませてくれた。
 時間は14時くらいである。
カトリヤンマ♂151023-1.JPG

 その後、♂は、すぐにいなくなってしまったが、16時くらいまで♀が、次々と現れてホバリングと産卵を繰り返すのが見られた。
 ♀の数は、合計で10頭はいたのではないだろうか。
カトリヤンマは、水田の減少や干田化で減少したトンボだが、多摩川でも環境が良ければ、見られる場所がある。
カトリヤンマ♀151023.JPG

カトリヤンマ♀産卵151023.JPG


posted by 森のきのこ at 18:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

新治市民の森観察会

 今日は、HP道端自然観察館の花虫さん主催による新治市民の森観察会へ参加した。
駐車場がなかなか開かないというトラブルもあったが、クロコノマチョウや臨月のオオカマキリ♀等
 秋の虫が、色々と見られた。
メインは、オオアオイトトンボを見ようということなのでまず一枚。
オオアオイトトンボ151018.JPG

 胞子を出す前のシロツチグリも見られた。
確かに栗の実のように見えなくもない・・
ツチグリ151018.JPG

 
posted by 森のきのこ at 18:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

ミサゴの漁

 水面が、広がる河原で座っていたらミサゴが、何度も現れて漁を見せてくれた。
ダイビングは、離れたところだったので撮ることができなかったがザブーンと
 音が聞こえてくるような迫力があった。
ミサゴ151012.JPG

ミサゴ151012-1.JPG

 獲物は、アユが多いようだ。
もうそろそろ産卵時期となるアユは、大きく成長していて尺は、優に超えている。
ミサゴ151012-2.JPG

posted by 森のきのこ at 19:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

イヌセンボンタケ

 ミルンヤンマが見られないかと丘陵の小川に行ったが一度、現れたのみであった。
この小川は、丘陵の北側斜面を流れていて湿気があるせいか色々なきのこを見ることができる。
 被さるように倒れ込んでいる倒木にイヌセンボンタケが出ていたのを一枚。
目の高さ以上に出ていたので三脚が使用できず。
 感度を上げて撮ってみたが、かなりブレが、多い写真が多かった。
ヒトヨタケの仲間151004.JPG
posted by 森のきのこ at 21:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

奥多摩 天目山登山

 奥多摩の天目山へ登ってみた。
登り口から1時間ほどは、薄暗い植林の中を歩いていくのだが
その後はブナ・ミズナラ林の気持ち良い尾根道となった。
ミズナラ林151003.JPG

 やや大きめのブナとミズナラが並んでいたのを一枚、両方とも落葉広葉樹林の代表的な樹木だ。
ブナとミズナラ151003.JPG

 道々、きのこを探しながら歩んでいくとヌメリスギタケとクリタケが、見られた。
この2種も落葉広葉樹林帯の食べられる代表的なきのこだ。
ヌメリスギタケ151003.JPG

クリタケ151003.JPG

 天目山の山頂からは、秩父側に広がる綺麗な雲海を見ることができた。
天目山からの雲海151003.JPG


posted by 森のきのこ at 17:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする