2015年11月29日

河原の湿地

 今月初旬にカトリヤンマの見られた湿地に行ったが、最近の冷え込みで今年は終了であった。
湿地は、水位が上がって池のようになっていた。
河原の湿地151129.JPG

 待っていれば、何かしら姿を見せてくれるだろうと座っていたら、シメ、ツグミ、シジュウカラ、ジョウビタキが水浴び&飲みに姿を見せてくれた。
ジョウビタキ♀151129.JPG

ツグミ151129.JPG

シメ151129.JPG
posted by 森のきのこ at 18:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

河原の野鳥

 日月と曇天続きだったが、河原を散策してみたところ河川改修後に残った湧水池にカワセミが来ていた。
かなり力を入れた改修工事だったが、目指していた礫河原は、徐々に草薮に浸食されてきている。
 自然の力にかかっては、人間の思うようには、なかなかいかないものだ。
カワセミ151122.JPG

 冬鳥のベニマシコを期待していたが、出会うことはできず。
帰りがけにジョウビタキの♂にようやく会えた。
 
ジョウビタキ♂151122-1.JPG

10年超使ってきたS社の300ミリレンズのヘリコイドが固くなってきたので新たに純正の300ミリを手に入れて使い出した。トリミング耐性も強い。
posted by 森のきのこ at 20:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

泉の森観察会

 昨日は、道端自然観察館の花虫さん主催による大和市にある泉の森観察会に参加した。
例年のようにムラサキツバメの越冬集団が観察できた。
ムラサキツバメ越冬151121.JPG

 観察集団は、園路の柵や木の幹を丹念に見ながら進んでいく。
ハラビロカマキリ、アオマツムシ、ミノウスバ(蛾)が見られたが、ド派手なヒゲナガサシガメが印象に残った。私を食べても美味しくないですよ・・と言うことだろうが、かなり目を引く模様だ。
ヒゲナガサシガメ幼虫151121.JPG

 最後に寄った池でオオバン、ヒドリガモ、キンクロハジロ、カイツブリ(写真)等の水鳥が見られた。
カイツブリ151121.JPG


posted by 森のきのこ at 17:25| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

雨上がりの滴

 日曜日の午後になってようやく雨が上がった。
近所を散歩してみたけれど思うような被写体に巡り合えず。
 庭の皇帝ダリアについた滴を撮ってみた。
コウテイダリヤ滴.JPG
posted by 森のきのこ at 18:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

菜園開始

 近所の菜園の持ち主が、体調を崩されたので、空いたスペースを借りて野菜を作り始めた。
11月入りということでソラマメ3畝、サニーレタス&コマツナ&コカブで8畝に種を撒いた。
 ソラマメは、来年5月末が収穫、他は、2か月後を目途にしているが、どうなるか?
土壌の中和には、牡蠣殻石灰、肥料は、近所のコイン精米所から頂いた米ぬかのみだ。
家庭菜園151107.JPG
posted by 森のきのこ at 17:02| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

カトリに会いに

 朝方は、川霧が立ち込めていたが、9時を過ぎると急激に気温が上がり晴れ間が広がった。
河原をぶらぶらと歩く途中で
 縄張り宣言なのか、ジョウビタキの鳴き声が、多く聞こえるようになってきたなあ
林縁のマント植物(ヤマノイモ等)の葉もかなり色づいてきて晩秋の装いだ。
・・とそんな事を考えながらカトリヤンマの湿地に着いたのは10時過ぎ
 既に♂がホバリングを交えた飛翔を繰り返しており、今日は早い時間からお出ましであった。
残り少ない命を子孫を繋ぐために懸命だ、他の♂やアキアカネが、来ると邪魔だとばかりに追い払う。
 まず正面からのホバリングを一枚。
カトリヤンマ♂151103.JPG

 ♂は、繰り返し数頭現れたが歴戦の兵が多く、体に損傷がある個体が多い。
休憩中の♂の翅は、ボロボロであった。
まさに戦士の休息♪ ・・・ちょっと古いですね。
カトリヤンマ♂151103-2.JPG
posted by 森のきのこ at 18:00| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

湿地の住人

 カトリヤンマが来るのを待っていたらニホンイタチが現れた。
後ろ足で立ち上がって前方を気にしている。開けた場所に出るときにはかなり用心深い。
ニホンイタチ151101-1.JPG

 イタチは、かなり近眼だということだが、それは間違ってはいないと思った。
警戒していたにも関わらず、私の5m前まで接近してアメリカザリガニを捕えていた。
ニホンイタチ151101.JPG

 カトリヤンマ♂のホバリングも見ることができた。
かなり冷え込んできたので今年の見納めもそろそろだろう。
カトリヤンマ♂151101.JPG

posted by 森のきのこ at 18:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 哺乳類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする