2015年12月31日

大晦日の好運-ハヤブサ

 大晦日の河原を早朝から歩いてみた。
木の実、草の実を採餌に集まる小鳥達を狙ってだろう
ハイタカ、オオタカ、ハヤブサが姿を見せてくれた。
 なかでもハヤブサは、『クァーツ・クワーツ』とけたたましい鳴き声を発しながら
目の前を通過してくれた。
 数秒のチャンスだったが、どうにかピントが合っていた2枚。
ハヤブサ151231.JPG

ハヤブサ151231-1.JPG

posted by 森のきのこ at 16:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

アオジの水浴び

 珍鳥には、なかなか出会うことができなけれど、普段見慣れている鳥の色々な仕草を見ることで散策も楽しめる。今日は、アオジの水浴びが見られた。
アオジの水浴び151230.JPG

posted by 森のきのこ at 17:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

ミヤマホオジロ♀

 越冬昆虫と冬鳥を探して里山を歩いた。
越冬昆虫の方は、コナラやヤマグワの枝を丹念に見たが収穫ゼロであった。
 湧水がある広場で鳥が水辺に現れないかと座って待っていると
カシラダカの群れにミヤマホオジロの♀が混じっていた。
ミヤマホオジロ♀151227.JPG
posted by 森のきのこ at 17:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

河原のベニマシコ

 毎年、ベニマシコが来る川沿いの藪で待ってみたけれど
赤い♂は、なかなか現れず。
帰りも川沿いに戻れば、チャンスがあるかなと思いながら
歩いていると運よく、♂1羽が、目の前に出てくれた。
ベニマシコ♂151226.JPG
posted by 森のきのこ at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

池のヨシガモ

 毎冬、トモエガモが来ていた池には、去年からヨシガモが来るようになった。
頭部は、太陽光の当たり方で発色が、全く違う。
 日が当たってないとダークグリーンが目立つ。
ヨシガモ♂151219-2.JPG

 日が当たると酔っぱらったかのように頬の赤みが目立ってくる。
ヨシガモ♂151219-1.JPG

 
posted by 森のきのこ at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

ウスタビガの空繭

 紅葉したイロハカエデでミスジチョウの越冬幼虫を探してみたけれどまったく見られず。
今冬は、見つけてみたいと思っているが、東京では絶滅に近い種ということでかなり難しいようだ。
 ウスタビガの空繭は、5個ほど同じ木で見つけることができた。
紅葉とウスタビガの空繭151217.JPG
posted by 森のきのこ at 19:23| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物痕跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月12日

河原へ逃げた野菜

 暖冬なのか、河原のセイヨウカラシナやクレソンが青々として食べごろ?となっていた。
農家では、ダイコンが生産過剰となって廃棄されていると新聞に載っていたが、これを見るとなるほどと思ってしまう。
カラシナ151212.JPG

クレソン151212.JPG

 冬鳥を探してみたけれど姿見られず。
ヤナギも落葉している木を探してようやくコムラサキの越冬幼虫を1頭だけ見つけることができた。
コムラサキの越冬幼虫151212.JPG

posted by 森のきのこ at 17:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月07日

菜園廻りの虫達

 11月から始めた菜園の周囲を歩いて虫を探してみたところ
境界のトタンにモンシロチョウの越冬蛹がついていた。
 キャベツを穴ぼこだらけにする等、農業上の有害虫だけれど厳しい寒さをこの状態で乗り切っていく。
モンシロチョウ越冬蛹151206.JPG

 放任して育てやすいのかイチジクは、かなり多く植えられており
キボシカミキリが、見られる木も多い、触覚が切れてたりと体に損傷も多いけれど頑張っていた。
キボシカミキリ151206.JPG
posted by 森のきのこ at 18:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

東高根森林公園観察会

 毎年、師走恒例の道端自然観察館の花虫さん主催による観察会へ参加した。
公園(東高根森林)の入口にハクモクレンが植えられているので何気に見ていたらオオアヤシャクの越冬幼虫が見られた。
 今は、写真上のように枝になりきりだが、春になると下のように緑色の芽に擬態する見事な変身ぶりを見せてくれる。
オオアヤシャク越冬幼虫151205.JPG

オオアヤシャク幼虫150426.JPG

 観察会集団は、手摺や木の幹を丹念に見ながらスローペースで歩くので傍から見るとかなり特異な集団と映るのではないだろうか?
通りすがりの人から何が見られるのですか?と質問されることも度々であった。
 2年前に見られたコムラサキの越冬幼虫は、今年も残念ながら見ることができなかったが、クワエダシャク幼虫は、3頭観察できた。
クワエダシャク越冬幼虫151205.JPG

 園路では、様々な生き物が見られた。
今日の個人的なトピックスは、ガヤドリナガミノツブタケであろう冬虫夏草だ。
ガヤドリナガミノツブタケ151205.JPG

posted by 森のきのこ at 20:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする