2016年03月28日

コゲラの巣作り

 裏山を歩いていたら木を頻りに穿つ音がするのでコゲラかアオゲラが何かしているのかと近づいて見たら
コゲラが巣作りの真っ最中だった。
 コゲラの子育ては、まだ見たことがないので一部始終をぜひ観察してみたい。
コゲラの巣作り160328.JPG

コゲラの巣作り160328-2.JPG

posted by 森のきのこ at 18:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

八王子城跡と森林科学館

 戦国時代末期、豊臣秀吉の北条攻めの際に落城した八王子城跡を歩いてみた。
イロハモミジが、纏って植えられている場所があったのでもしかしたらと探したところ
 ミスジチョウの越冬幼虫が、2頭ほど見られた。
ミスジチョウ越冬幼虫160327.JPG

 トガリアミガサタケも見られた。
このキノコは、早春にイチョウの雌樹下に出ることが多い。
 個人的には、これで4か所で確認している。
トガリアミガサタケ160327.JPG

 森林科学館の園路では、フイリヒナスミレが見られた。
葉脈に白い班が入るのが特徴。
フイリヒナスミレ160327-1.JPG

posted by 森のきのこ at 17:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

奥多摩の渓流に早春の鳥と花を訪ねて

 連休最後の日は、奥山へ遠征した。
登山道沿いの渓流では、繁殖期に入ったミゾサザイが頻りに囀って巣材集めに忙しく働いていた。
ミソサザイ160321.JPG

 カワガラスは、警戒心強くて近づくことができなかった。
遠くに見えたのを一枚
カワガラス160321.JPG

 道々、足元を注意して花を探してみたところアズマイチゲが、一輪見られた。
この渓流では、数が少ない。
アズマイチゲ160321.JPG

 ハナネコノメは、ちょうど花盛り。
小さな花だけれど纏って咲くのを近くで見るとなかなか見応えがある。
ハナネコノメ160321.JPG


 
posted by 森のきのこ at 18:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

ベニマシコ♂

 曇天続きだが、野鳥を見に河原を歩いてみた。
オオタカ、ハイタカ、ジョウビタキ♀、ベニマシコなどが姿を見せてくれた。
 写真は、ベニマシコ♂、座っていたら思いがけず、近くに現れた。
そろそろ旅達だろうか・・
ベニマシコ♂160313.JPG
posted by 森のきのこ at 17:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

枝になりきり-キマエアオシャク越冬幼虫

 今日も肌寒く曇りがちな天気なので近所の公園を散策した。
剪定更新なのか、切られたクヌギのひごばえが、何本も出ていたので
 これは何か見られるかなと探したところ、キマエアオシャクの幼虫が、見つかった。
私は枝ですよと言いたげな仕草である。
キマエアオシャク越冬幼虫160312.JPG

posted by 森のきのこ at 17:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

ツバキキンカクチャワンタケ

 雨の合間をみて公園を少し歩いてみた。
ヤブツバキの花が、ぼたぼたと落ちており、そういえばツバキキンカクチャワンタケが、出るのも今頃だったなと根本を探してみたところ、何個ものチャワンを見つけることができた。
 
ツバキキンカクチャワンタケ160311.JPG
posted by 森のきのこ at 15:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

枯れ葉隠の術

 今シーズンの目的の一つだったミスジチョウの越冬幼虫をようやく見つけることができた。
場所は、昨年の春にファウストハマキチョッキリを見つけたカエデ類の低木が植栽されているところだ。
 イロハモミジが多く植えられており、初めはそちらの枯葉を注意して探していたが見つからず。
イタヤカエデでようやく見つけることができた。
 幼虫の潜む枯葉の基部は、糸で丹念に固定されている。
ミスジチョウ越冬幼虫160305.JPG

 天敵(鳥)も気づきやすいかと思うのだが、寒い冬の間は、ずっと木に固定した枯葉上で越冬するという変わった習性だ。
ミスジチョウ越冬幼虫160305-4.JPG

 動き出した幼虫もいた。
早く成長するために新芽をまず、食べ始めるのかもしれない。
ミスジチョウ越冬幼虫160305-2.JPG
posted by 森のきのこ at 17:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

ヒメオドリコソウ

 借りている菜園で道端の春の花 3種(オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ)が見頃となっている。写真は、今朝撮ったヒメオドリコソウ そろそろ霜がおりる日も少なくなってくるだろう。
霜のついたヒメオドリコソウ.JPG

 
posted by 森のきのこ at 19:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする