2016年09月24日

きのこ巡り

 午前中は、雨がやんでいたので近所の公園を歩いてみた。
名前不明(ヒトヨタケ科?)を一枚、小さなきのこは、図鑑との絵合わせでは、同定が難しい。
ヒトヨタケ科キノコ160924.JPG

 苔むした地面からノボリリュウタケが、出ていた。
このキノコは、ヨーロッパでは、ヘルブストロルシェルと呼ばれて食べられているとのことだが、私は食べたことはない。
ノボリリュウタケ160924.JPG

 同じ場所では、ズキンタケも見られた。
やはり、雨が続くと色々と出ているようだ。
ズキンタケ160924.JPG
posted by 森のきのこ at 16:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

雨続き-木の実とナラタケモドキ

 生憎の雨が続いて屋外に出ないと気が済まない者にとっては、苦痛となっている。
ということで傘を差しながら短時間だけれど近所の公園と神社を廻ってみた。
 公園では、トチの実とマテバシイの団栗を拾った。
こういう時に100均で買えるケースは、役立つ。
秋の木の実160922.JPG

 神社では、枯れたスダジイからナラタケモドキが出ていた。
このキノコは、図鑑で可食となっているケースもあるが、胃腸の弱い人は、消化不良を起こすことがある。
ナラタケモドキ160922.JPG
posted by 森のきのこ at 17:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

山間の池-オオリリボシヤンマ

 昨日行った渓流沿いには、キャンプ場が有り、そこには、流れを人口でせき止めた池も出来ている。
オオリリボシヤンマが好む開けた場所なので、♂がホバリングを何度も見せてくれた。
オオリリボシヤンマ♂160917.JPG

リリボシヤンマ160917.JPG

 ♀も多数が、産卵に来ていた。
オオルリボシヤンマ♀160917.JPG

 ♂は、翅に損傷が、ある個体が多かったので、見ごろは今月一杯かもしれない。
posted by 森のきのこ at 17:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

渓流沿いのヌメリスギタケモドキ

 渓谷のヤナギでヌメリスギタケモドキの出る時期となった。
何を隠そう、このきのこは、ナメコの仲間(モエギタケ科)で傘の滑りも全く同じだ。
 味も同じで美味しいのだが、見てくれの悪さが影響してか、採る人も少ない。
ヌメリスギタケモドキ160917-1.JPG

ヌメリスギタケモドキ160917.JPG

ヌメリスギタケモドキ160917-2.JPG

 味噌汁に入れて食べてみたが、ちょっと土臭さはあるけれど、自然の味
ナメコと同じように美味しい。
posted by 森のきのこ at 20:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

奥山きのこ便り

 奥山のブナ・ミズナラ林へときのこを見に行ってみた。
気温が高い日が続いているせいか、里山の雑木林でもお馴染みのタマゴタケ(上)やアカヤマドリ(下)が、たくさん見られた。
タマゴタケ160914.JPG

アカヤマドリ160914.JPG

 どぎつい色のきのこ、ムラサキアブラシメジモドキやおとぎの国にありそうなキイボカサタケも多かった。
ムラサキアブラシメジ160914.JPG

キイボカサタケ160914.JPG

 出始めたばかりなの小さなマイタケも見られた。再来週あたりが、きのこ採りにとっては、ねらい目かもしれない。
マイタケ160914.JPG
posted by 森のきのこ at 19:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

葛の幼虫達

 畑への通り道に葛が、繁茂する場所ができた。
初秋のこの時期になると、これの花と葉にチョウの幼虫を見ることができる。
 今日は、花を食べるウラギンシジミと葉を食べるコミスジの幼虫を見ることができた。
ウラギンは、体色を似せて、コミスジは独特の巣を作ることで天敵から身を守ろうとしているようだ。
ウラギンシジミの幼虫160911.JPG

コミスジの幼虫160911.JPG
posted by 森のきのこ at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

公園のきのこ

 昨日、ハイイロチョッキリを見た公園では、きのこも色々と見られた。
タマゴタケは、やや気温の高い時期に出るテングタケ科のきのこで真っ赤な色から毒と連想する人も多いが、可食なきのこだ。
タマゴタケ160903.JPG

 キイロタマゴタケも可食なのだが、猛毒きのこで良く似たのがあるのでより注意を要する。
私は、テングタケ科のきのこでは、タマゴタケ以外は、食したことがない。
キイロタマゴタケ160903.JPG

 キニガイグチも見られた。これも可食なのだが、まだ食べたことはない。
キニガイグチ160903-1.JPG

 
posted by 森のきのこ at 17:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

コナラのハイイロチョッキリ

 キノコを継続観察している近くの公園で、コナラのドングリが枝ごと落ちているのが目についた。
これは、ハイイロチョッキリの仕業だなと、探してみたところご夫婦や葉隠しているのを見つけることができた。
ハイイロチョッキリ♂♀160903.JPG

ハイイロチョッキリ160903.JPG



 近づくとかなり敏感に反応して、逃げるのがいたり、のんびりしているのがいたりする。
たかが虫だけれど、その時の反応は色々だ。

posted by 森のきのこ at 17:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする