2017年05月05日

街道沿いのオトシブミ達

 林道の帰りに街道沿いの植え込みでオトシブミ達を観察した。
まずは、ケヤキの幼木にいたルイスアシナガオトシブミの♂♀を一枚。
 揺藍作りの合間に休息中の様であった。
ルイスアシナガオトシブミ170504.JPG

 ヒゲナガオトシブミは、フサザクラの葉で、多く見られた。
揺藍作りをしている個体は、まだいなかった。
ヒゲナガオトシブミ170504.JPG

 ヒメコブオトシブミもフサザクラで見ることができた これは、食草になっていないので偶然にとまっていたのかもしれない。。(下にいるのは、チビタマムシの仲間、これも多かった)
ヒメコブオトシブミ170504.JPG

 最後は、イタヤハマキチョッキリが、イロハモミジで、揺藍を作っているところを一枚。
同じ場所にイタヤカエデも植えられているが、まったくそちらでは、見ることができなかった。
イタヤハマキチョッキリ170504-3.JPG



posted by 森のきのこ at 17:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする