2018年03月29日

ギフチョウの聖地を訪ねて その2

 山頂では、ギフチョウ以外にヒオドシチョウ、ミヤマセセリ
野鳥は、ヤマガラ、ザックにとまる人懐っこいヒガラ(写真)に出会うことができた。
 コガラ180328.JPG

 下山後は、沢のスギタニルリシジミや梅林と草地にとまる
ギフチョウを観察し撮影した。
 山頂よりも麓の方が山里のチョウの雰囲気が出るようだ。
 ギフチョウ180328-8.JPG

ギフチョウ180328-9.JPG

スギタニルリシジミ180328.JPG

 そして、この日一番のハイライト!
帰りがけにへなちょこさん(ブログへなちょこ何でも写真)と
 偶然に出会ったので話し込んでいると目の前にある彼岸桜の
目線の位置にこれまた偶然とも言うべきかギフチョウが吸蜜を
 し始めてくれた。

ギフチョウ180328-T.JPG

 この日は運に恵まれた。
宝くじも買っとけばよかったかもしれない。
posted by 森のきのこ at 18:40| 東京 ☀| Comment(4) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

ギフチョウの聖地を訪ねて その1

 早春のこの時期、相模の石砂山では、ギフチョウが飛び交うという。
週末となるとかなり人が多く、撮影の仕方等でトラブルもあるというので
 長い間、行くのをためらっていたが天候をみて急遽思い立って訪れてみた。
山麓では、梅の花が満開で2週間くらいは季節の進行が遅いようだ。

石裂山登山口180328.JPG

 登り始めは、杉林の中を辿っていく。
林内は、杉の花粉でぼんやり黄色味がかって見えるくらいであった。
 花粉症の重い人は、歩くのも大変であろう。

杉林の急斜面180328.JPG

 さらに歩を進めて明るい雑木林を歩いていくと 
いきなり目の前にギフチョウが、とまってくれた。

雑木林の登山道180328.JPG

ギフチョウ180328-1.JPG

 山頂直下は、急な梯子の道となった。
息を切らせてたどり着いた山頂では、植生保護のロープにとまったり
 僅かに残ったタチツボスミレで吸蜜中、追いかけあって飛び交う場面
等を見ることができた。

梯子の急斜面180328.JPG

ギフチョウ180328-2.JPG

ギフチョウ180328-5.JPG

その2へ続く。
posted by 森のきのこ at 19:52| 東京 ☀| Comment(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

里山歩き

 新治でじっくりと見ることが
できなかったコツバメに会おうと町田の里山を歩いてみた。
実績のある谷戸で座って待っていると9時過ぎに2頭が飛び始めた。
 定番だがカンゾウの若葉にとまるところを一枚。

コツバメ180325-1.JPG

 ムラサキシジミも現れた。
個人的に本種の越冬個体は、翅に損傷があるのを見たことが無い
 風雨にさらされない場所を選ぶのが上手いのかもしれない。

ムラサキシジミ180325.JPG

 ナガバノスミレサイシン(シロバナ)も昨年と同じ場所で見ることができた。

シロバナノスミレサイシン180325.JPG

 アカネスミレの咲く斜面を歩いていると
白いキランソウがあった。調べたところ和名シロバナキランソウ
 里山で初めて見ることができた。

シロバナキランソウ180325.JPG
posted by 森のきのこ at 20:05| 東京 ☀| Comment(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

新治市民の森観察会 その2

 観察隊は、ハナモモ畑の脇を通って進んでいく
GWあたりにこのモモ畑でモモチョッキリが、見られるかもしれない。

ハナモモ180324-1.JPG

ヤブツバキの樹下では、お馴染みのツバキキンカクチャワンタケが
小さな椀を広げていた。

ツバキキンカクチャワンタケ180325.JPG

 既に孵化しているものもあったが
オオミドリシジミの越冬卵は、コナラやクヌギのひごばえで幾つか見られた。
 
オオミドリシジミの越冬卵180324.JPG

 今回は、コツバメを撮ることができず残念だったが
キブシでイカリモンガの吸蜜が見られる等、楽しく歩くことができた。
posted by 森のきのこ at 19:15| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

新治市民の森観察会 その1

 この時期恒例の新治市民の森観察会に参加した。
やや曇りがちの天気であったが、早春の蝶と花は一通り姿を見せてくれた。
 雑木林でシュンランの花が丁度見頃なのを一枚撮ってみた。

シュンラン180324.JPG

 コツバメは、一頭が姿を見せてくれたが写真に撮ることはできず。
同じ早春のチョウであるミヤマセセリは頻繁に姿を見せてくれた。

ミヤマセセリ180324.JPG

 イカリモンガがキブシの花に吸蜜に来ていた。
昨年の4月に奥多摩でも見ているので蛹で越冬するのだろう。

 キンモンガ180324.JPG
posted by 森のきのこ at 18:44| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

早春の花色々その3(薬科大植物園)

 今日も午後遅くだったが入園してみた。
昨晩から気温が下がり冷たい北風も吹いていたけれど
カタクリが開花し始めていた。
 個人的にキクザキイチゲと共に咲くところは
岩手の沢内村(現西和賀町)で10年前に見て以来となる。
 ヒメギフチョウが飛び交う尾根道に再び行ってみたくなってきた。

カタクリ180317-2.JPG
posted by 森のきのこ at 19:17| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

早春の花色々その2(薬科大植物園)

 薬科大植物園の続編となる。 
ここ数日で気温が上がり始めたせいか
 前回開花していなかった写真のユキワリイチゲが満開となり
カタクリも少し咲き始めていた。
 ユキワリイチゲは、関東には分布しない種となる。

ユキワリイチゲ180314.JPG

ユキワリイチゲ180314-1.JPG

 コシノコバイモも咲き始めていた。
他の仲間との違いは、花弁の縁にギザギザの小突起があることになる。

コシノバイモ180314.JPG
posted by 森のきのこ at 21:41| 東京 ☀| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

早春の花色々(薬科大植物園)

 東京薬科大の植物園で早春の花が咲き始めていた。
カタクリは、葉が出始めたばかりだったがキクザキイチゲは
 午後の晴れ間で薄紫色の花が満開だ。

キクザキイチリンソウ180310.JPG

キクザキイチリンソウ180310-1.JPG

 オオミスミソウは、紫、白、ピンクと花色に変化が多い
ミスミソウ180310.JPG

ミスミソウ180310.JPG

小さなセリバオウレンの花
ピントが、多くの花に合うように撮るのは難しく手間がかかる。

セリバオウレン180310.JPG

 最後はフキノウトウを撮って園を後にした。
今冬は、寒さ厳しかったけれど一歩一歩季節は進んでいる。

フキノトウ180310.JPG
posted by 森のきのこ at 20:01| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

居眠りするホシゴイ

 定点観察している水路 
ダイサギとアオサギは、近づくと飛んでしまったが
 写真のホシゴイ(ゴイサギの幼鳥)は、逃げずにとどまっていた。
目立たない体色なのでじっとしていれば、気づくまい
と思っていたのかもしれない。時折目をつぶって居眠りをしていた。

ホシゴイ180303.JPG

  リラックスしているとは、言ってもやはり野鳥だ。
上空を飛ぶ猛禽には、敏感に反応していた。
 トビが、現れると見上げて警戒モードに入った。

ホシゴイ180303-1.JPG
posted by 森のきのこ at 21:04| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする