2018年06月30日

少し青い

 まだまだ梅雨は続くのかと思っていたがいきなり明けて夏日が続いている。 
 昨年は出会えなかったオオムラサキ、今年はどうだろうかと里山を歩いてみた。

 気温30度越えの暑い中、汗をかきながら谷戸の小路を歩いていくと
トウキョウヒメハンミョウがつま先立ちで歓迎してくれた。

コニワハンミョウ180630.JPG

 炭焼き用の伐採木では今期初見のルリボシカミキリ番がいた。
昔は、ブナ林に行かないと見れない種の扱いだったが里山の
 夏にすっかり定着している。

ルリボシカミキリ180630.JPG

 過去にオオムラサキを見た実績のあるクヌギを見ていくと♂が来ているのが遠目に見えた。
ゆっくり近づいて三脚とカメラをセットして顔を上げてとまっていた場所を見たら・・・・ありやりゃ
  いなくなっていた!
 
 オカトラノオに来るメスグロヒョウモンを撮ったり しながら2時間ほど待ってみたが、現れず。 
メスグロヒョウモン♀の表翅は、少し青いような・・・・

オオムラサキは明日もあるさと心の中でつぶやいて里山を後にした。

メスグロヒョウモン♀180630-1.JPG

 メスグロヒョウモン♀180630.JPG
posted by 森のきのこ at 19:32| 東京 ☀| Comment(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

きのこの季節-アミスギタケとアミヒラタケ

 梅雨真っ盛りとなり湿度多く気温も上がりはじめたので菌類が活発に動き出している。
公園の伐採木からアミスギタケ、枯れたエゴノキからは、アミヒラタケが出ていた。
 両種とも襞の形に特徴のあるきのこだ。

アミスギタケ180624.JPG

ハチノスタケ180624.JPG
 
 ハラアカマルセイボウがいないかなと地面を見ていたら
久しぶりにメカニカルなノミバッタに出会った。

 ノミバッタ180624.JPG
posted by 森のきのこ at 18:59| 東京 ☀| Comment(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

図師小野路観察会-雨もまた良し

 昨日、毎月恒例の観察会に参加した。
場所は、町田の里山で、3つの谷戸を巡る企画だったが途中から強めの
 雨となったため2つとなってしまった。
条件もあまり良くなかったが、重箱の隅を突くように多くの目で探していくと
 この時期ならではの生き物が姿を見せてくれたのであった。

 まずは、きのこでニオイコベニタケ
雨の多くて気温の高い梅雨時は、きのこにとって傘を広げる絶好の季節だ。

ニオイコベニタケ180623.JPG

 昆虫では、ニイジマチビカミキリ
地味目な体色と5ミリと小さいので見つけてくれなかったら気が付かない

ニイジマチビカミキリ180623.JPG

 棚田の法面では、カキラン、ウツボグサが綺麗に咲いていた。

カキラン180623.JPG

posted by 森のきのこ at 07:42| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

アヤヘリハネナガウンカ

 午後から雨も止んだので里山の小路を歩いてみた。
気温が低いため、先週見られたハチの仲間はまったく姿を見せず
 ヒメジョオンの花にも何にも来てはいなかった。
こういう時には、葉裏を見ていくと何かいるのではと気にしながら
 歩いていくとやけに翅の長い虫がいた。
とりあえず撮っておいて後で和名を調べようと画像を見ていると
 顔が、アカハネナガウンカとよく似ている。
この仲間をあたっていけばとネットで検索していくとアヤヘリハネナガウンカ
 に行き当たったのであった。漢字で書くと彩縁翅長浮塵子
暫くしたら間違いなく忘れてしまうであろう。

アヤヘリハネナガウンカ180616.JPG
posted by 森のきのこ at 19:39| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

ハラアカマルセイボウ

 定点観察している谷戸を歩いた観察会仲間のブログに
ハラアカマルセイボウが載っていたので、行ってみたところ
 陽当りの良い山道を行ったり来たりしているのを観察することができた。

 本種は、体長6ミリくらいと小さく、忙しなく動くので非常に撮りづらい
おまけに今日は、気温30度と高温で昨晩の雨により湿度も100l近く有るという。
 じっとしていても汗が吹き出してくるのであった。
ハアハア言いながら長時間日向で虫を追いかけているのは、かって熱中していた
マラソンにも通じるものがあるような・・・・

 地上に穴を穿って営巣する狩人蜂ツチスガリの仲間にに寄生するという
ことから色々な穴をチエックしながら動き回っていた。
 時折、穴に入って出てきたりと寄生蜂らしい様子も見せてくれた。

ハラアカマルセイボウ180609.JPG

ハラアカマルセイボウ180609-6.JPG

ハラアカマルセイボウ180609-1.JPG

 寄主であろうナミツチスガリが、巣にとんできたところを撮ってみた。
梅雨入りで天気は、不安定になるがこの山道で暫くは、寄主と寄生蜂の攻防が見られそうだ。
 
 奇主の蜂180609-1.JPG
posted by 森のきのこ at 17:54| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

清流歩き

 カメラ機材を浸水させないように充分な注意は必要だが
今日みたいに暑い日は川の中を歩いて散策するのも楽しい。
 
 カジカガエルの鳴き声がする方向を見たら石の上に乗っていた。
今まで声はすれどもなかなか姿を見ることができていなかった。
 見てくれは地味だけれど鳴き声は、情緒あって最高!

カジカガエル180603.JPG

 同じ場所では、ミヤマカワトンボとアオハダトンボが見られた。
♀を待っているであろうミヤマ♂は終始石の上、それにちょっかいを出す
 アオハダトンボ♂なのであった。

ミヤマカワトンボ♂&アオハダトンボ♂180603.JPG

 水面の反射をバックのミヤマ♂とアオハダ♂の開翅したところを撮ってみた。
なかなか思うようにはならないが、それがまた面白いところだ。

ミヤマカワトンボ♂180603.JPG

アオハダトンボ♂180603.JPG
posted by 森のきのこ at 16:51| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

地味ですが・・・

 アカマツの伐採木にウバタマコメツキとウバタマムシが来ていた。
輝いたり、綺麗だったりするものがもてはやされる中、地味で不人気な甲虫だと
 思われるが、よく見りゃいぶし銀、噛めば噛むほど味が出るとも言えないだろうか。

ウバタマコメツキ180602.JPG

ウバタマムシ180602.JPG
posted by 森のきのこ at 19:07| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする