2019年03月31日

巣箱とりつけ

 借りている菜園と庭に巣箱(筒)を取り付けた。
菜園の方は、狩蜂用にメダケを束ねてみた。
 農薬を使わずに野菜を食べてしまう青虫退治をこれで狙っているのだが
効果はどうだろうか? セイボウも来るかと期待しているのだが・・・
 孟宗竹で作ったシジュウカラ用は、過去に実績があり、営巣率も高い。

竹筒巣箱(狩蜂用)190331.JPG

竹筒巣箱(シジュウカラ用)190331.JPG
posted by 森のきのこ at 16:44| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

裏山花便り

 ショーケンこと萩原健一さんも亡くなり昭和の名優達が、だんだんと減ってきている。
 個人的には、刑事アクションドラマの『太陽にほえろ』と『不惑のスクラム』が記憶に残る。
不惑のスクラムでは、癌と闘病するラガーマンを演じていたので私生活そのままだったのだろう。
色々あった方だったが、役者根性には頭が下がる。

 今日は、裏山を歩いて咲き始めた花を撮ってみた。
まずは、紅桜を背景にソメイヨシノ

ソメイヨシノ190330.JPG

 ヤマザクラは、花と葉が一緒。

ヤマザクラ190330.JPG

 モミジイチゴの花も見ごろ。

キイチゴの花190330.JPG

 最後は、サルトリイバラの花

サルトリイバラの花190330.JPG
posted by 森のきのこ at 20:05| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

早春の渓流

 フクジュソウ自生地を訪れた際に凍った斜面で足を滑らせた。
運が悪いことに小脇に抱えたカメラが脇腹にズシッと・・・・
 翌日は、何ともなく何時ものように早朝10キロを走れたのだが暫くしてから痛みが出始めた。
調べてみると肋骨絡みの痛みは、直ぐに出ることは無く数日後に出て来るという。
 十分に注意して歩いてはいたのだが、凍った地面は落ち葉に覆われていて避けるのは難しかった。
こういう事故は起きるときには、避けようが無いのだと実感。
 その後の処置が大事なのですね。

 昨日もちょっと痛みがあったけれど、そろそろミソサザイが囀るころだろうと奥多摩の渓流へ行ってみた。
 生憎、ミソサザイは、時折現れるのみで流木のお立ち台に乗って囀ることはなかった。
 林道でコツバメ、渓流でハナネコノメ、アオイスミレ、毒草ハシリドコロが見られた。

コツバメ190322.JPG

ハナネコノメ190322.JPG


アオイスミレ190322.JPG

ハシリドコロ190322.JPG
posted by 森のきのこ at 10:02| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

フクジュソウの谷

 奥秩父の谷にあるフクジュソウの群落地へ2年ぶりに行ってみた。
道沿いに干支のイノシシのオブジエが、新しく設置されていた。
 かなり強そうな猪だ。

イノシシオブジエ190320.JPG

 登山道ではない道?を前回の記憶を頼りに登っていく。
すっぱりと切れ落ちており、とても険しい。
 気を抜けば谷底へ真っ逆さまであろう。

トラバース190320.JPG

 ワサビ田跡の残る急な沢を、息を切らしながら登っていく
2年前と同じ道を歩いてるのだが、さらにきつく感じるのは、体力が落ちているからだろうか・・・

沢190320.JPG

 そして目の前に現れた黄色の群落の見事さは相変わらずだった。
気温の高さも相まってか、花は全開だ。

谷一面のフクジュソウ190320.JPG

谷一面のフクジュソウ190320-1.JPG

 もちろん一株だけ見ても見事!

フクジュソウ190320.JPG

 戻りの尾根道では、ヒオドシチョウ(写真)とテングチョウが多く見られた。

越冬明けのヒオドシチョウ190320.JPG

 気まぐれから再訪してみたフクジュソウ群落地
次回もあるかは?だが、いつまでも綺麗な花を咲かせていて欲しい。

posted by 森のきのこ at 18:57| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月16日

カタクリ開花

 カタクリの花が見られる場所を数か所廻ってみたが
生憎の天気で開いた花が見られたのは、薬科大学の植物園のみだった。
 キクザキイチゲの群落の中に咲く花を一枚。

カタクリ190316.JPG

 園内にいたモズの♀
動き始めた虫達の狩りに集中していてのだろう、かなり近くまで寄ることができた。

モズ♀190316.JPG

 園内に植えられていたカホクザンショウの葉痕
中国原産で鎮痛や駆虫に効果があるという。
 アメリカンフットボールの選手のようにも見えるような・・・・

カホクザンショウの葉痕190316.JPG
posted by 森のきのこ at 18:29| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

フキノトウとテングチョウ

 NHKの朝ドラが面白い、苦難の連続からインスタントラーメンやカップヌードルを
生み出した安藤 百福夫婦がモデルとなっているが、その根幹にあるのは、忙しい人でも
 手軽に食べることができて美味しい、そして安いということだったのだろう。
ちなみに18年度のヒット商品(物)1位は、ドライブレコーダーということだ。
 あおり運転など世相を反映しているようでなんとなく悲しい。

 咲き始めたフキノトウに越冬明けのテングチョウが吸蜜に来ていた。
越冬中のテングチョウを見つけたことは、まだないけれど
 樹上の枯葉に紛れて越冬するという。

テングチョウとフキノトウ190312.JPG

テングチョウとフキノトウ190312-1.JPG
posted by 森のきのこ at 19:26| 東京 ☀| Comment(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

河原歩きーフチグロトゲエダシャク♂と巣材を集めるハシボソガラス

 早春の使者フチグロトゲエダシャクを見に河原に行ってみた。
昨年も何度となく訪れたのだが、♂が飛翔した後に見失ってしまい撮ることができずであった。
 今日は、飼育した♀にコーリング(フエロモントラップ)をさせて
♂を誘きよせている方がいたので一緒に撮らせて頂いた。
 要するにヤラセなのだが、♀に集まってくる♂は10頭近くいた。
野生の状態で♀は少ないのかな?

 コーリングする♀と近くに飛んできた♂

コーリングする♀190310.JPG


フチグロトゲエダシャク♂190310.JPG

 ハシボソガラスが、巣材を集めていた。
生まれてくる雛のために保温に役立ちそうな材料を探しているのだろう。
 幼児虐待が、毎日のようにニュースになっているけれど
 親は生まれてくる子が元気に育つように工夫をするのが常だ。

ハシボソガラスの巣材集め190310.JPG
posted by 森のきのこ at 19:22| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

裏山に春の訪れ

 3日の東京マラソンに触発されて
半分の距離をどのぐらいで走れるかを試してみた。
結果、21.1キロを1時間54分、キロ5分25秒とかなり落ち込んできている。
 フルマラソンで4時間を超えたことは無いのだが
今の力では、とてもサブフォー(3時間代)で走ることができない
 とりあえず、秋の大会までにキロ5分で走れるように
なっておきたい・・・・と今は思っているのだが。

 走った後の疲れが抜けてから薬科大学の食堂に昼食を食べに方々
薬用植物園に行ってみたのだが、なんと今日は入学テストの日で
 構内に入ることができなかった。
それではと裏山へ行ってみたところ 
 ウグイスカグラの花がちらほらと咲き始め。

 ウグイスカグラ190309.JPG

 サンショウの葉痕は、お日様に向かって大きく手を広げていた。

サンショウの葉痕190309.JPG
posted by 森のきのこ at 17:13| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

隣家の蛹

 東京マラソンは、雨中のレースとなってしまった。
日本の本命選手達が、驚異的なハイペースと低温の影響からか
 良い結果を出せなかったが、先頭集団についていかなければ
その先も見えてこないので自分の限界まで追い込んでついていくのは
 やむを得ない選択だったろう。
今回の結果で秋のMGC(東京オリンピックのマラソン選考レース)
 への出場権を勝ち取った選手も出たので、さらに熾烈な戦いが
予想される。
 
 さて、隣家でチョウの蛹が、見られるというのでお邪魔して撮らせてもらった。
門扉で見られたのは、ナミアゲハの蛹。
 あまり雨の当たらない場所を良く選んでいる。

 ナミアゲハの蛹190302.JPG

 ジャコウアゲハは、軒下で蛹化していた。
職場でも同じような場所で2個体ほど見ているので
 こういう場所を好むようだ。
ちなみに、食草のウマノスズクサは、道路を挟んだ河川敷沿い
 に生えており、ここまでは10m以上ある。
自動車などに轢かれる危険をくぐって辿りついたのは、運が良かった
 というべきか。

ジャコウアゲハの蛹190302.JPG
 
posted by 森のきのこ at 15:44| 東京 ☔| Comment(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

薬科大学植物園ー早春の花その2

 アメリカと北朝鮮の交渉は、纏らずに終わった。
国の成り立ちや思惑のずれがあれば、そんなに簡単に上手くいくわけがなく
 時間をかけた話し合いが必要なのだろう
個人的には、不穏な情勢を招くような 方向に向かっていかないように
 両国にお願いしたい。

 今日は、薬科大学植物園と隣接する平山城址公園を歩いてみた。
 薬科大学では、だんだんと咲く花が増えてきた。
まずは、ミスミソウの花、関東には自生いしない種で分布地でも太平洋側は白色、
日本海側では薄く青・紫・赤など変化が多い、綺麗な花だ。

ミスミソウ190302-1.JPG

 薄青色のキクザキイチゲもちらほらと咲き始めていた。
岩手の沢内村で見た群生が思い出される。

キクザキイチゲ190302.JPG

 最後は、コシアブラの葉痕
タラのにも似ているけれど、こちらは
 なんだか笑っているようにも見えてしまう。
ちょっと怖いような・・・

コシアブラの葉痕190302.JPG
posted by 森のきのこ at 21:18| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする