2019年04月29日

今日も材置き場

 自分だけかもしれないけれど、よくやるのがSDカードを
入れずに撮り始めてから液晶画面に『カードが挿入されていません』
 メッセージが出ているのに気づくという失敗。
昨日と今日、2日続けて同じことをやっていたのであった。
 そういう時に限って結構良い瞬間だったりする。

 昨日のナミハセイボウが、思うように撮れなかったので
今日も同じ材置き場へと向かった。
 気温が低いせいか虫達は、なかなか現れなかったが
時折日がさして暖かくなってくると飽きない程度に色々と来てくれた。

 まずは、マメコバチ
東北のリンゴ農家では、ヨシで作った巣材を使わせて受粉に利用しているという。

マメコバチ190429.JPG

 お目当てのナミハセイボウ
同じ柱に何度も飛んでくるが、寄生相手のサイジョウハムシドロバチは
 この柱には、全く来ていない。

ナミハセイボウ190429-1.JPG

ナミハセイボウ190429.JPG

 別な柱で見たサイジョウハムシドロバチ
背景が、真っ黒となってしまったが、獲物のゾウムシ幼虫を
 巣に運んできたところを一枚。
こちらに来ればとナミハセイボウを待ってみたが現れず。

サイジョウハムシドロバチ190429.JPG

 キスジクチキヒメバチも見られた。
産卵するかもと待ってみたが、行わず。

キスジクチキヒメバチ190429.JPG


 おしまいは、スミレ
とめたバイクの近くでニョイスミレに似た濃い紫色のスミレを見た。
 ムラサキコマノツメかな?

ツボスミレ190429.JPG
posted by 森のきのこ at 22:03| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

材置き場のハチ

 もうそろそろ色々集まってくるだろうと炭焼き小屋の材置き場に
出向いたところ、柱に空いた穴を覗うサイジョウハムシドロバチが見られた。
 このハチは、ゾウムシの幼虫を狩って巣に運んでくるとのことだが
今日は、その行動を見ることはできなかった。
 育児に適した巣を見つける段階なのだろうか?
 
サイジョウハムシドロバチ190428.JPG

 サイジョウハムシドロバチに寄生するナミハセイボウは、頻度良く
現われてくれたが、小さくてかつちょこまかと動き回るので撮りずらい
 触覚等をクリーニングしている時には、少し静止することがあるので
そこを狙って何枚か撮ることができた。

ナミハセイボウ190428-1.JPG

ナムハセイボウ190428.JPG
 
posted by 森のきのこ at 20:45| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月27日

菜園の虫

 連休初日は、生憎な天気となった。
肌寒く小雨降る中、借りている菜園に行ってみたところ
 スナップエンドウの花にヤマトシジミがとまっていた。
昨日の夕方吸蜜に来てから一晩過ごしていたのだろうか。
 
ヤマトシジミ&スナップエンドウの花190427.JPG

 畑脇に植えた菊には、春のお馴染みキクスイカミキリが出始めていた。
農薬を使わない畑では、色々な虫が姿を見せてくれる。

キクスイカミキリ190427.JPG

キクスイカミキリ190427-1.JPG
posted by 森のきのこ at 19:41| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

新治市民の森観察会

 故 花虫さんが企画していた観察会、今日は、恒例の新治市民の森で行われた。
待ち合わせ場所では、この時期ホバリングを繰り返すクマバチ
 フジの花に産卵に来ていたトラフシジミ♀が見られた。

クマバチ190421-1.JPG

トラフシジミ190420.JPG

 集まった17人で次々と虫達を見つけていく。
まずは、ショカツサイに吸蜜にきたナミアゲハ、板塀で巣材を集めるキアシナガバチ
 ノイバラで擬態するキエダシャク幼虫等が見られた。

ナミアゲハ190421-1.JPG

ノイバラにつくシャクガ幼虫190421.JPG

セグロアシナガバチ190421.JPG

 帰り際には、イロハモミジでワインレッドの
ファウストハマキチョッキリが見られた。
 枝を持っていただいたASHさんに感謝。

fausuto.JPG
posted by 森のきのこ at 21:24| 東京 ☁| Comment(0) | 観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

ボタンザクラ満開

 季節の進行は早いものでソメイヨシノは散り、ボタンザクラの咲く時期になった。 
そろそろだろうと様子見に早朝のジョギングがてら川沿いの道を通ったところ
 満開だったので出直して撮ってみた。
 雨も暫く降りそうにないので暫く楽しめそうだ。

ボタンザクラの道190420.JPG

 河原へ出てぶらぶらと歩いているとモズ♂のカナヘビ狩りを見ることができた。
近くでは、♀が獲物をくれコールをしていたので求愛給餌の最中だったのだろう。

モズの狩り190420.JPG

 ちょっと距離があったけれどキジ♂も見られた。
鳴いている場面を見たかったので、暫く待ったところようやく鳴いた。
 鳴かぬなら鳴くまで待とうキジの♂!

♂キジ鳴く190420.JPG
posted by 森のきのこ at 19:39| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

ツタバウンラン

 近所の図書館に行ったところ、駐車場脇のコンクリートの隙間から
出ている見慣れない花(個人的に)が、目についた。
 マツバウンランと花の形が、良く似ているので調べたところ和名は
同じオオバコ科のツタバウンランであった。
 この花、大正年間に園芸種としてロックガーデン等に植えられたのが
分布を広げて野生化しているという。
 ムシトリスミレにも花の形が良く似ている。

ツタバウンラン190414.JPG
posted by 森のきのこ at 19:03| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

裏山散策

 そろそろゼフィルスの卵が孵化しているのではないかなと
裏山を歩いてみたが、確認しておいたオオミドリシジミ、アカシジミ
 ミズイロオナガシジミの卵は、孵化しておらずであった。

 ノカンゾウの葉に覆われた栗林を一枚。

ノカンゾウ190407.JPG

 ミミガタテンナンショウだろうか?サトイモ科独特の花が一つだけ見られた。

ムサシアブミ190407.JPG

 枯葉裏で越冬していたアカボシゴマダラ幼虫が脱皮を終えていた。
赤みがかった背が目立つ。

アカボシゴマダラ幼虫190407.JPG
posted by 森のきのこ at 18:48| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月05日

土屋霊園(周辺)観察会

 一昨日になるが、観察会仲間のmyさん主催による土屋霊園観察会に参加した。
霊園でとはなってはいるが、コースは墓石林立する園内を歩く訳ではなく周辺の
 雑木林と谷戸を散策するのであった。
集合時間に遅れてしまったので一人で坂を登って歩いていくと遠藤原と呼ばれる
 台地に出た。
ここからは、丹沢主脈、富士山が普段見たことが無い角度からもあり新鮮に&綺麗
 に見られた。まず蒼い麦畑越しの富士を一枚。

麦畑越しの富士190403.JPG

 充分な生態系が残されているのだろう頂点に立つオオタカ、ノスリも姿を見せた。

オオタカ190403.JPG

ノスリ190403.JPG

 ベニシジミは、特に多かった。ミツバツチグリと一枚。

ミツバツチグリとベニシジミ190403.JPG

 個人的に今年初見のシュンラン

シュンラン190403.JPG

 小川脇の土筆も見ごろだった。

土筆190403.JPG

 初めて訪れた土屋霊園だったが
豊富な自然に感心した一日であった。



posted by 森のきのこ at 19:51| 東京 ☀| Comment(0) | 遠征 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする