2019年11月16日

泉の森観察会

 11月恒例の大和市泉の森観察会に参加した。
参加者10人で園路を歩きながら次々と虫達を見つけていく。

 まずは、ミノウスバの顔を一枚。
この時期には、マユミの枝で産卵しているのを見ることが
 多いのだが、今日は園路脇の杭に多くとまっていた。

ミノウスバ191116.JPG

 広場にある山桑では、ムラサキツバメの集団とクワコ
そして久しぶりにヒメヤママユを見ることができた。

ムラサキツバメ集団191116.JPG

クワコ191116.JPG

ヒメヤママユ191116.JPG

 さらに進むと伐採されたクヌギから、ひごばえがひよろひよろと出ていた。
こういうのにはシャクガの越冬幼虫が、よくいるよということで
 目を凝らして探してみるとヒメカギバアオシャクの幼虫が、枝化けしていた。

ヒメカギバアオシャク幼虫191116.JPG

 アリグモの相撲も見られた。
顎の大きさで勝負をつけようとしているのだろうか?
かなり長時間の大相撲となっていた。

アリグモの相撲191116.JPG

 カワセミも頻度良く見られた。
泉の森という名の通り、澄んだ水が流れているので獲物も獲りやすいのかもしれない。

カワセミ191116.JPG

 参加者の皆様、お疲れ様でした。


 
 
posted by 森のきのこ at 21:35| 東京 ☀| Comment(0) | 観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする