2007年04月07日

若葉隠れ

 ミズキの若葉を撮っていたら、ワカバグモが葉裏にいるのに気がつきました。
 黄緑の体色は、保護色となって敵や獲物の目を欺きます。戦国時代の伊賀や甲賀の忍者達も虫達を観察して技を磨いたのかもしれません。

葉隠れ
posted by 森のきのこ at 17:47| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜
きのこさんは、凄いのを見つけますね。
ワカバグモって若葉の裏にいるのですね。
葉が大きくなると移動するのでしょうか(^^)
Posted by hazue at 2007年04月07日 20:27
わ、言われないと気づかなかったです。
本当に忍者みたいですね。
若葉色の綺麗なクモですね。
Posted by アキラ at 2007年04月07日 22:21
蜘蛛の隠れる術も凄いと思いますが、毎回一番驚くのが、こういった昆虫を見つける森のきのこさんです。(笑)
私には見つけられそうにありません。

そろそろいろいろな生き物達が活発に動きだしますね。楽しみ。
でも蛇と蜂は嫌だな〜。(苦笑)
Posted by ataru at 2007年04月08日 00:08
若葉隠れのネーミングがGoodですね〜♪

ワカバグモはこういう葉っぱが好きなのでしょうか。
私はハナイカダの葉の上にいるのを何度か見たことがありました。

クモの名前はいつも教えてもらうのですが〜(^_^;)
Posted by あかしょうびん at 2007年04月08日 01:16
上手に隠れていますね・・・
うん・・・見つける 森のきのこさんすごぃ・・・
〜アンテナがでているのかも(笑)

Posted by at 2007年04月08日 12:35
hazueさん
コメントどうもです。
ワカバグモは、葉表や裏で獲物を待ち構えています。
まるで忍者ですよね。

アキラさん
コメントどうもです。
自分の体色が、葉っぱと同じだと理解しているとしたら凄いですよね。本能でしょうけど

ataruさん
コメントどうもです。
新緑の雑木林では、葉の透過光が綺麗なので、ついつい上を向いて歩いてしまいます。

あかしょうびんさん
コメントどうもです。
やはり自分と同じ体色の葉にいることが多いようですね。
私は、ミズキ以外では、ハンノキで見たことがあります。

輪さん
コメントどうもです。
いつも何気なく見ているものでも角度を変えて見ると色々と見えてきます。・・・と思います。
Posted by 森のきのこ at 2007年04月08日 15:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック