2013年03月24日

春の花と枝化けの術者

そろそろ春の花 カタクリも咲いているかなと近場の保護地へ行ってみました。

生憎の曇り日で、花は開いていなかったたけれど林床で一番に咲くピンクの花は

見ているだけで元気が貰えるような気がします。
カタクリ130324.JPG

 同じような林床でナガバノスミレサイシン、日当たりの良い空き地でフキノトウも見られました。
スミレサイシン130324.JPG

フキノトウ130324.JPG

 コナラの低木があったので何かいないかな?と探してみたところ

シャクガの幼虫がいました。手持ちの図鑑ではキマエアオシャクの幼虫かな?と思いますが

 クワエダシャク以上の枝化けぶりです。
シャクガの幼虫130324.JPG

 この幼虫ですがキマエアオシャクのようです。

記事訂正しますが、もし違っていましたら教えてください。

posted by 森のきのこ at 19:21| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヒメカギバアオシャクですか! しかし、よく見つけますね。頭が冬芽そっくりですね。それも二つならんだ冬芽に見えます。
カギシロスジアオシャクの幼虫も擬態がうまいみたいですね。近いうちコナラを探しに行ってみます。
Posted by 天道虫 at 2013年03月25日 10:27
天道虫さん

昨日は、このコナラで4個体見つけました。
枝との設置(足)は、クワエダシャクとまったく同じ
形ですね。
ただこちらのほうが、先端まで含めるとより擬態進化しているような気がします。
Posted by 森のきのこ at 2013年03月25日 21:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック