2013年06月15日

小さなきのこが出始めた

 ようやく梅雨らしくなったので、きのこ達が出始めているのではと雑木林の小道を歩いていたらイヌセンボンタケが見られました。ここ数日の雨で勢いづいて木の幹を取り巻いてびっしりでした。
クヌギタケ130615.JPG

 小道脇の倒木から、おそらくキシメジ科でナメアシタケの仲間?が数本出ていたので練習がてら撮ってみました。
まずは、少し傾いたやつです。傘が帽子のようにも見えますね。
ヒトヨタケの仲間130615.JPG

 こちらは、ちょっと老いた感じです。傾いてきているけれど頑張っていました。
ヒトヨタケの仲間130615-1.JPG

 出始めたばかりのもありました。ここからどんな風になっていくのか?
胞子を飛ばす様子や成長の段階を撮ってみたいですね。
ヒトヨタケの仲間130615-2.JPG

 このきのこ達、もうちょっと撮りなおそうと少しして戻ったら倒木が蹴られて転がされていた。
ちょっと残念な出来事でした。

posted by 森のきのこ at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック