2013年06月29日

大きいきのこが出始めた

 気温の上昇とともに毎年観察を続けている公園でも大きなきのこが顔を見せ始めました。
ヤマドリタケモドキは、ホームレスエスカルゴ(ナメクジのことを埴沙萠先生流)に食べられてしまったのが多かったけれど一本だけ幼菌が見られました。
ヤマドリタケモドキ130629.JPG

 アメリカウラベニイロガワリも数は、少ないけれどコナラの樹下や苔むした場所からポコポコと出ており藪蚊の襲撃に辟易しながら撮りました。
 ネットなどで見ると美味しいきのこだということだけれど私はまだ未食です。
色などで気味悪がられることも多いのか?蹴飛ばされていることが多いきのこです。
アシベニイグチ130629.JPG

アシベニイグチ130629.JPG

posted by 森のきのこ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック