2016年11月05日

湿地のトンボ

 すっかり水が引いて湿地状態になった河原の池脇で座りながら待っていると、どこからともなくカトリヤンマの♂が1頭現れてホバリングを始めた。
 残念ながら、撮影し始めるとすぐに♀が産卵に訪れてしまい、飛びかかって捕まえて藪に入り込んでしまった。
カトリヤンマ♂ホバリング161105.JPG

 水は、無いけれどオオアオイトトンボも産卵していた。
はた目から見ると無駄なように見えるが、場所を変えて何度も繰り返すことで生存率も高くなるのだろう。
オオアオイトトンボ産卵中161105.JPG

 ♂は、現れなかったが、♀は、何頭か現れて、その内の1頭は、長時間のホバリングを見せてくれた。
カトリヤンマ♀ホバリング161105.JPG
posted by 森のきのこ at 17:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443542899
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック