2016年11月12日

カトリヤンマの湿地 その1

 寒い日が続いていたが、今日は一転、日向で厚着していると汗ばむくらいの陽気となった。
河原の湿地で、本命のカトリヤンマを待っている合間に、ここを縄張りとしているジョウビタキの♂が、姿を見せてくれた。
ジョウビタキ♂161112.JPG

 風が弱まって気温が上がってくるとカトリヤンマの♂が、ホバリングを始めた。
訪れる♀を待っているのだが、待ち人はなかなかこない。
カトリヤンマのホバリング161112.JPG

 疲れてくると叢に入って休憩する。
里山写真クラブ一回目の写真展で使ったのもカトリヤンマ♂なので、思い入れのあるトンボだ。
 絶滅危惧となってきているが、河川敷の湧水池では、頑張って生きている。
カトリヤンマ♂休憩中161112.JPG
posted by 森のきのこ at 19:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック