2017年08月05日

緑道のきのこ

 梅雨明け後にスッキリと晴れることが無いおかしな天気が、続いている。
こんな陽気ならきのこが、出ているのではと定点観察している緑道に行ってみた。
 早速見つけたのは、ニオイコベニタケであった。
名前の謂れは、カブトムシ臭がする小紅茸。
カオリコベニタケ170805.JPG

 例年ツクツクボウシタケが多産するツボでは、今年はまだ一個体しか見られなかった・
ツクツクボウタケ170805.JPG

 ヤマドリタケモドキも、この一か所でしか見られなかった。
いかにもキノコらしい姿が、絵になる。
ヤマドリタケモドキ170805.JPG

 ウコンハツは、鬱金色(赤みを帯びた黄色)をしたハツタケ科のきのこだ。
なかなか、傘がしっかりとした状態のには、出会えない。
ウコンハツ170805.JPG

posted by 森のきのこ at 22:05| 東京 ☀| Comment(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。