2019年05月26日

寺家ふるさと村観察会ーゼフイルス探索

 寺家ふるさとむら観察会に参加した。
気温が高く集合時間には、既に30度を超えようかという暑さであった。
 日陰を選んで歩いていくとサクラの枯死しかかったのが一本あり
ヤツメカミキリが、樹皮を齧りながら移動していた。

ヤツメカミキリ190525.JPG

 切通しを通ってさらに進んでいくとタテジマカミキリが
食樹のウコギ科ではない木で休憩していた。
 ハリギリの木が、近くにあったのでそちらから移動してきたのであろう。

タテジマカミキリ190525.JPG

 田圃脇の湿地では、ハラビロトンボ♂が飛び交って
縄張り争いをしていた。とまったところを一枚。

ハラビロトンボ♂190525.JPG

 今年初見のゼフィルスは、ウラナミアカシジミであった。
農道脇の葉上でサービス良く長い間とまっていてくれた。

ウラナミアカシジミ190525.JPG

 アカシジミは、合計10頭ほど姿を見せてくれた。
出始めたばかりで翅に損傷もなく尾状突起も綺麗に揃っていた。

アカシジミ190525.JPG

 見つけてもらったシラホシカミキリ
個人的に今年初見、暑さのせいか暫くの間、日陰でじっとしていてくれた。

シラホシカミキリ190525.JPG

 myさんに案内してもらった伐採木では、ナガホソタマムシが見られた。
この仲間は、種類多く同定に悩むところだが、図鑑との絵合わせで
 ウグイスナガホソタマムシと判断。

ウグイスナガホソタマムシ190525.JPG

 おしまいは、キアシドクガの羽化
昨年も多かったが、今年もかなり発生数が多いようだ。

キアシドクガ羽化190525.JPG
posted by 森のきのこ at 11:28| 東京 ☀| Comment(0) | 観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。