2019年04月20日

ボタンザクラ満開

 季節の進行は早いものでソメイヨシノは散り、ボタンザクラの咲く時期になった。 
そろそろだろうと様子見に早朝のジョギングがてら川沿いの道を通ったところ
 満開だったので出直して撮ってみた。
 雨も暫く降りそうにないので暫く楽しめそうだ。

ボタンザクラの道190420.JPG

 河原へ出てぶらぶらと歩いているとモズ♂のカナヘビ狩りを見ることができた。
近くでは、♀が獲物をくれコールをしていたので求愛給餌の最中だったのだろう。

モズの狩り190420.JPG

 ちょっと距離があったけれどキジ♂も見られた。
鳴いている場面を見たかったので、暫く待ったところようやく鳴いた。
 鳴かぬなら鳴くまで待とうキジの♂!

♂キジ鳴く190420.JPG
posted by 森のきのこ at 19:39| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

裏山散策

 そろそろゼフィルスの卵が孵化しているのではないかなと
裏山を歩いてみたが、確認しておいたオオミドリシジミ、アカシジミ
 ミズイロオナガシジミの卵は、孵化しておらずであった。

 ノカンゾウの葉に覆われた栗林を一枚。

ノカンゾウ190407.JPG

 ミミガタテンナンショウだろうか?サトイモ科独特の花が一つだけ見られた。

ムサシアブミ190407.JPG

 枯葉裏で越冬していたアカボシゴマダラ幼虫が脱皮を終えていた。
赤みがかった背が目立つ。

アカボシゴマダラ幼虫190407.JPG
posted by 森のきのこ at 18:48| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

巣箱とりつけ

 借りている菜園と庭に巣箱(筒)を取り付けた。
菜園の方は、狩蜂用にメダケを束ねてみた。
 農薬を使わずに野菜を食べてしまう青虫退治をこれで狙っているのだが
効果はどうだろうか? セイボウも来るかと期待しているのだが・・・
 孟宗竹で作ったシジュウカラ用は、過去に実績があり、営巣率も高い。

竹筒巣箱(狩蜂用)190331.JPG

竹筒巣箱(シジュウカラ用)190331.JPG
posted by 森のきのこ at 16:44| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

早春の渓流

 フクジュソウ自生地を訪れた際に凍った斜面で足を滑らせた。
運が悪いことに小脇に抱えたカメラが脇腹にズシッと・・・・
 翌日は、何ともなく何時ものように早朝10キロを走れたのだが暫くしてから痛みが出始めた。
調べてみると肋骨絡みの痛みは、直ぐに出ることは無く数日後に出て来るという。
 十分に注意して歩いてはいたのだが、凍った地面は落ち葉に覆われていて避けるのは難しかった。
こういう事故は起きるときには、避けようが無いのだと実感。
 その後の処置が大事なのですね。

 昨日もちょっと痛みがあったけれど、そろそろミソサザイが囀るころだろうと奥多摩の渓流へ行ってみた。
 生憎、ミソサザイは、時折現れるのみで流木のお立ち台に乗って囀ることはなかった。
 林道でコツバメ、渓流でハナネコノメ、アオイスミレ、毒草ハシリドコロが見られた。

コツバメ190322.JPG

ハナネコノメ190322.JPG


アオイスミレ190322.JPG

ハシリドコロ190322.JPG
posted by 森のきのこ at 10:02| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月10日

そろそろ春の花

 夜中に降った雪は、殆ど積もらず期待していた雪景色にはならなかった。
北国では、迷惑な存在かもしれないが積雪のほとんどない地域では、物珍しさ
 の方が先立つて写真の題材としても重宝する。

 菜園でホトケノザ、ブロッコリーの花に雪が残っていたのを撮ってみた。
ホトケノザが、出るようになってきた畑の土壌は野菜作りにも良い条件となっている。
 畑の指標雑草だ。

ホトケノザ190210.JPG

ブロッコリーの花190210.JPG
posted by 森のきのこ at 19:42| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

月と金星

 皆様、本年もよろしくお願いします。
今年も身近な自然を重箱の隅を突くようにそして
 遠征や登山の記録などもおり混ぜて更新していこうと思います。

 新年となり日の出前に近所の神社へ初詣へ出たところ
細い月と金星が、接近しているのが見られた。
 調べたところ今年最初の天体ショーということだ。

月と金星190102.JPG
posted by 森のきのこ at 19:33| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

多摩センターイルミネーション

 このブログとは、まったく関係無い話題だけれど
多摩センターのイルミネーションが見事だということなので見に行ってみた。

 撮り方で星空のように・・

多摩センターイルミネーション181208-1.JPG

 広角レンズで光るツリーを・・ 

多摩センターイルミネーション181208-2.JPG

 これでもかと、何枚も・・

 多摩センターイルミネーション181208-3.JPG
posted by 森のきのこ at 19:06| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

暖冬ーナナホシテントウ&ホトケノザ

 暖かい日が続いて昆虫も植物も越冬体勢になっていないようだ。
借りている菜園では、ロゼットスタイルで越冬するはずのホトケノザが花を咲かして
 葉上をナナホシテントウが歩き回っていた。

ナナホシテントウ&ホトケノザ181208.JPG
posted by 森のきのこ at 17:13| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月24日

高尾山から八王子城址

 久しぶりの山登り、高尾山口から八王子城址まで18キロのコースを歩いてみた。
連休中日ということもあって電車も7時台で満員状態で多くの人で賑わっていた。
 登山口の紅葉も見ごろだ。

登山口181123.JPG

 道中でお馴染みの蛸杉と天狗越しの紅葉。
蛸杉には、登ったりする人が、いるらしく、触るな登るなの注意書きが立っていた。

蛸杉181123.JPG

181123天狗と紅葉.JPG

天候にも恵まれて、富士山、筑波山、スカイツリーが綺麗に見えた。

181123富士山.JPG

181123筑波山.JPG

181123スカイツリー.JPG

posted by 森のきのこ at 21:57| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

湧水池便り

 カトリヤンマの湧水池は、完全に水が、干あがってしまった。
待っていても野鳥は、来ないだろうと近くにある大きな湧水池で
 何か来ないかと待機していたところ、イタチが姿を見せた。
餌を探してちょこまかと動き回る。

イタチ181111-1.JPG

イタチ181111-3.JPG

 リラックスしていたのだろう、後姿も見せた。
今回は、こちらには、全く気付いていないようであった。

イタチ後姿181111.JPG

 気温が、やや低かったせいかカトリヤンマ♂は
なかなかホバリングしなかった。
 休憩中を一枚。

カトリヤンマ♂181111.JPG
 
posted by 森のきのこ at 19:08| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

菜園の生き物便り

 先週あたりからジョウビタキの鳴き声が盛んに
聞こえるようになってきた。
 菜園でソラマメとスナップエンドウの種を蒔いて
いたら♂が、現れた。
 去年、居ついていたのも♂だったので同じ鳥かもしれない。

ジョウビタキ♂181109.JPG

 ハクサイの葉には、キタテハ
熟した柿の実にも数頭が集まって吸汁していた。
 イチジクの枝には、キボシカミキリ
こちらは、かなり冷え込んできても活動している。


 キタテハ181109.JPG

キボシカミキリ181109.JPG

 菜園の脇に植えられた菊の花も見ごろだ。

菊の花181109.JPG
posted by 森のきのこ at 18:52| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

湧水池便り

 定点観察している河川敷の湧水池は、台風のもたらした
大雨の影響で水位が高い期間が長かったけれど
 この時期になると必ず干きはじめる。

 たっぷりと水が入った際に棲みついた
アメリカザリガニや小魚を狙ってニホンイタチが、姿を見せたが
 シャッター音に気づいてすぐに隠れてしまった。

ホンドイタチ181028.JPG

 野鳥達も餌場や水浴び場として頻繁に利用する。
今日は、カワセミ(写真)、センダイムシクイ(写真)、アオジ
 シジュウカラ、ガビチョウ、ジョウビタキ♂の6種が姿を見せた。

カワセミ181028.JPG

センダイムシクシ181028.JPG

 トンボは、リスアカネ、アキアカネ、オオアオイトトンボ
カトリヤンマ♂(写真)の4種が見られた。

カトリヤンマ♂181028.JPG
posted by 森のきのこ at 19:44| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

奥山きのこ便り

 夏の間は、ずっとセイボウ観察中心に歩いていたのだが
秋めいてくるときのこが気になってくる。

 今日は、奥山のブナミズナラ林を歩いてみた。
歩くといっても急な斜面の上り下りを繰り返す体力的にハードな
 動きの繰り返しとなる。
足元は、トレッキング用シューズでは、グリップが効かないため
 写真のようにスパイク付地下足袋を履かなければならない。


 スパイク付地下足袋180922.JPG

 第一目的は、初秋のきのこマイタケだ。
今日は、ヤマグリの根元から出ているのを見つけることができた。
 ミズナラから出るのは、何回か見ているがヤマグリは初となる。
9月に入っても高温が続いていたので、今年はまだ出始めのようだ。

ヤマグリから出たマイタケ180922.JPG

 お馴染みのヒメベニテングタケも見られた。
地面から出る朱色の傘は、目立つ。

ヒメベニテングタケ180922.JPG

 倒木からは、クヌギタケの仲間やヌメリツバタケが出ていた。
長い時間をかけて木を分解して地面に還していく。

クヌギタケの仲間180922.JPG


ヌメリツバタケ180922.JPG

 帰り道で、白いホコリタケの仲間が出ていた。
胞子を出し始めると食べられないが、若いうちなら
 美味しく食べられるきのこだ。

タヌキノチャブクロ180922.JPG
posted by 森のきのこ at 17:36| 東京 ☁| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

国立科学博物館特別展-昆活しようぜ!

 夏休み期間中は、混んでいるようなので
9月に入ったらと、国立科学博物館の特別展に行ってきた。
 入口では、香川照之さんの昆活看板

昆活180915.JPG

 展示場に入ると大きくなった虫達がお出迎え
ミツバチ、オオムラサキ(写真)、オオクワガタ♂等
 細かいところまで良く再現されていた。

オオムラサキ180915.JPG

 標本点数は、特に多かった。
上の方まで、とても見ることができないくらい
 綺麗に展翅されていて、細かな作業に感心した。
写真は、ニジイロクワガタの標本

ニジイロクワガタ180915.JPG

 最近、興味を持っているセイボウの新種も展示されていた。
小さいです。

セイボウ新種180915.JPG
posted by 森のきのこ at 18:37| 東京 ☔| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

今日も昆活

 NHK-BS番組ではないけれど
今日も昆活ということで、何か所かを巡ってみた。
 
 始めに行った公園での出来事
ハギの葉が一枚、不自然な枯れ方をしている。
 変だなと思い、よく見るとコミスジの幼虫が、潜んでいた。
クズの葉では、何回か見たことがあるけれどハギで
 見たのは初めてだ。

コミスジ幼虫180816.JPG

 次は、材置き場
7月初旬まで、ぞろぞろ這い回っていたキイロトラカミキリ
 も全く姿は見れらず、お疲れ気味のタマムシ♀が、産卵を
終えて飛んでいくところを一枚。

タマムシ180816.JPG

 帰り道、木製の手摺を見ていくとムツバセイボウが、とまっていた。
宿主のヤマトフタスジスズバチの巣作り活動中は、頻度良く見られた
 のだが、このところご無沙汰であった。
見る度に、この構造色には感心させられる。

ムツバセイボウ180816.JPG
posted by 森のきのこ at 17:52| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月11日

棲み分け

 淀んだ水に棲む者もいれば清い流れに棲む者もいる。
生活サイクルの中で水辺を離れて生きることができないトンボの
 一生は、人それぞれの人生にも重ね合わせられるような気がする。

 ヤブヤンマの小池で待機していると、シオカラトンボの産卵行動が見られた。
♀の産卵中に警護する♂

シオカラトンボ♂180811.JPG

 ♀は、ホバリングしながら打水産卵を繰り返す。

シオカラトンボ♀180811.JPG

 暑さを耐えているとヤブヤンマ♀が来て池畔の土に産卵し始めた。
翅には全く傷みが無いので羽化してからそれ程経っていないようだ。
 ♂のように争うことも無いのでトンボも♀の方が長生きのようだ。
ヤブヤンマ♀180811.JPG

 ♂も来ないかと待ってみたが、今日は、とうとう見られず。
古民家のセイボウも今日は×だった!
posted by 森のきのこ at 20:41| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

猛暑の観察会

 一昨日の話になりますが
35度超になろうかという猛暑の中、観察会に参加しました。

 日差し強い道を歩いていくと、いきなりスミナガシが姿を見せてくれた。
獣糞か何かから吸水しているのか、じっとして動かず、撮影には協力的
 であった。
 参加者皆で撮りまくったのは、言うまでもない。

スミナガシ180714.JPG

  さらに進んでトンボ池い出るとクロスジギンヤンマ、オオシオカラトンボ
シオカラトンボ、ショウジョウトンボ(写真) が、飛び交っていた。
 暑い中でもじっとしていることはなく、凄い速さで動いてもびくともしないのはなぜ?
その体力には、感服してしまう。

ショウジョウトンボ180714.JPG

 他にも色々見られたが特に記憶に残ったのは
ヒメコブオトシブミ、マルウンカ、ハスの蕾に乗るオオカマキリ幼虫、トリノフンダマシなど

ヒメコブオトシブミ180714.JPG

マルウンカ180714.JPG

オオカマキリの幼虫180714.JPG


トリノフンダマシ180714.JPG

 解散時には、33度まで下がってはいたが
歩いていると汗のとまらない、苦行を行っているかのような観察会であった。
 参加者の皆さん、たいへんお疲れさまでした。
posted by 森のきのこ at 19:30| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月15日

上高地散策

 白馬岳登山後は、上高地を散策した。
目的は、この時期に成虫が発生するというオオイチモンジ
 
 沢渡に車を留めてバスに乗り河童橋手前で降りた。
前回来たのは、20年も前だが、穂高山方面の眺めは変わらず、見事な山岳風景だった。
 人気のリゾート地なので平日にも関わらず河童橋までは、かなりの賑わいだった。

河童橋手前からの穂高180711.JPG

 道々、何かいないかなとゆっくり歩いていくとニホンザルの群れに出くわした。
かなり大きな群れで、子を連れた♀が多かった。
総数50頭くらいはいたのでは・・近くを通る時には怖さを感じた。

子連れニホンザル180711.JPG

 明るい河原に出るとフタスジチョウ、コムラサキ、本命オオイチモンジが見られた。

フタスジチョウ180711.JPG

コムラサキ180711.JPG

オオイチモンジ180711-1.JPG

 工事担当者用の仮設トイレに集まるコムラサキとオオイチモンジ
獣糞にも群がるというが、猿の糞には全然集まらず、キツネかテンの糞に
 集まるのは多く見られた。

トイレのオオイチモンジ180711.JPG

 冷涼な気候なのかウスバシロチョウが、まだ飛んでいるのにびっくり

ウスバシロチョウ180711.JPG

 クガイソウに集まるコヒョウモンとヒメキマダラヒカゲも多かった。

コヒョウモン180711.JPG

ヒメキマダラヒカゲ180711.JPG

 河童橋から明神橋の少し先までの散策だったが
涸沢カールまで足を伸ばせば、さらに色々見られそうだ。
 いずれキャンプでもしながらゆっくり滞在してみたい・・
posted by 森のきのこ at 19:47| 東京 ☀| Comment(2) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

白馬岳登山その3-縦走路の生き物達

 縦走路で見られた生き物達、その筆頭は、ライチョウ
雛を連れた♀が3羽、♂が2羽見られた。
 南アルプスでは、高所に登って来るニホンザルが雛を捕えたりするなど
天敵の増加で減っているということだが、ここでは、それなりの数を維持
できているようだ。

ライチョウ親子180710.JPG

ライチョウ♂180710.JPG

 昆虫では、タカネヒカゲのみ
白馬大池近くでは、ミヤマハンミョウも見られたが、写真には撮れず。

タカネヒカゲ180710.JPG

 雪渓をバックにミヤマアズマギクとウルップソウ
他にも色々見られたが、特にこの2種は、目立ちました。

ミヤマアズマギク180710-2.JPG

ウルップソウ180710-1.JPG

 今回は、1泊2日の山行だったが
縦走路では、ゆっくりともう一泊してみたい山域であった。
posted by 森のきのこ at 18:35| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

白馬岳登山その2−展望最高!

 翌日は、ご来光を拝むはずだったのだが
起きるのが若干遅くなってしまい、間に合わず。
 山頂ではなく途中でのご来光なのであった。

白馬岳ご来光180710.JPG

 遠くに噴煙をあげる浅間山〜八ヶ岳&富士山〜南アルプスが見えた。
山頂からは、360度の大展望なので関東と中部山岳の殆どの山を見ることができた。
 
雲海越しの浅間山〜八ヶ岳・富士山〜南アルプス180710.JPG

 白馬山頂方面に振り返ってみた眺め。 
縦走路に急峻なところは無く、なだらかな道の連続だった。
高山植物も豊富で、まさに雲上の楽園である。

雲湧く縦走路180710.JPG

 白馬大池方面を見た眺め
この後、縦走路にだんだんと雲がかかってきた。

縦走路白馬大池方面180710.JPG

その3へ続きます。

 
posted by 森のきのこ at 16:35| 東京 ☀| Comment(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする