2019年08月27日

良く似ている-ハグロとアオハダ

 一昨日、多摩川水系で見たハグロトンボの♂
同じ場所で発生するので、最初に見た時に一瞬アオハダ♂かなと
 思ったのだが、翅の色が全く違う、ハグロ♂の翅は、黒いし
アオハダは、この時期には、まず見られない。

過去画像(2015年7月)を見たところ翅の色が全く違うのだった。

 昨日のハグロトンボ♂
  
ハグロトンボ♂190825.JPG

 4年前の7月に同じ場所で見たアオハダトンボ♂

アオハダトンボ150712.JPG

 帰りに寄った湿地になった休耕田では、オオイトトンボが発生していた。

オオイトトンボ190825.JPG
posted by 森のきのこ at 19:30| 東京 ☀| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

小池のヤブヤンマ-複眼の青い♀

 もう飽きたなと言われるかもしれないけれど、今日も小池からの便り。
昨日は、午前中に♂が来てすぐに休憩モードに入ってしまったので、時間をずらして
 14時過ぎに行ってみたところ、足元から産卵中の♀が飛んだ。
ちょっと複眼の色が違うなと思い、ストロボを発光させて撮ってみたところ青色であった。
 

ヤブヤンマ♂型♀産卵190818.JPG

ヤブヤンマ♂型♀産卵190818-1.JPG

 その後、普通タイプ複眼の♀も現れた。
複眼の色は、遺伝子によって変わってくるのだろうが、大きい割には
 あまり目が良いとは、言い難いので、青色だと♂からモテて繁殖に有利になる
ということにはならないのだろう、ちなみに、今日は♂は現れなかった。

ヤブヤンマ♀190818.JPG
posted by 森のきのこ at 18:18| 東京 ☀| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

小池のヤブヤンマ-♂現る

 今日もかなり気温が上がるとの予報。
散策するなら午前中の短時間にしようとヤブヤンマの小池へ行ってみた。
 木陰の池畔で座っているといきなり♂が、現れた。
ホバリングするかなと期待したのだが、小枝にとまって休息してしまった。

ヤブヤンマ♂180817-1.JPG

 ホバリングするまで待ってみようと座って様子を見ていたが、この休息は、長時間になった。
一時間ほど経ったところで他に2頭の♂が現れて縄張り争いの様相となり三つ巴で飛び回って
 飛翔中(ホバリング)の写真は撮れず。 
気温が、高すぎたのも原因だろうか?

 とまりものを角度を変えて撮ってみた。

ヤブヤンマ♂190817-4.JPG
posted by 森のきのこ at 18:05| 東京 ☀| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

小池のヤブヤンマ-♀の産卵

 セイボウを観察している公園の近くに周囲を木に覆われた小さな池がある。
昨年は、ヤブヤンマ♂♀ともに、この池で見ているので天気の回復を待って行ってみた。
 池の周囲を歩いていたらホバリングしている♀に出会った。

ヤブヤンマ♀190816.JPG

 ホバリングをやめると産卵を始める。
護岸の石に産卵しようとしたりして無駄な行動もかなり多い。

ヤブヤンマ産卵190816-1.JPG

ヤブヤンマ♀産卵190816.JPG

 ♂も来るかと暫く待ってみたけれど、現れず。
古民家のセイボウも姿を見ることはできなかった。
posted by 森のきのこ at 18:07| 東京 ☁| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

暑さを避けて水辺へ

 古民家巡りより、若干涼しいであろう多摩川水系の水辺を歩いてみた。
個人的にカトリヤンマの池と名前付けしている湧水池では
 カトリヤンマ、ホソミオツネントンボ、アジアイトトンボ、リスアカネが見られた。
梅雨時に雨が多かったのが、好条件となったのか、カトリヤンマの羽化殻がたくさん見られた。
写真は、羽化後間もないカトリヤンマ♂
 時刻が遅いせいか羽化最中のは、見つからなかった。

カトリヤンマ♂羽化直190812.JPG

 続いてチヨウトンボの池に出向いた。
この池、3年前まではチョウトンボが、発生しており発生時期にいけば、必ず見ることが
 できたのだが、2年前に干上がってしまい、見られなくなっていた。

 草叢の小道から池畔へ降りていくと、チョウトンボ、コフキトンボ、オオシオカラトンボ
シオカラトンボ、ギンヤンマ、アオイトトンボ、モノサシトンボが顔を見せてくれた。

 この池で、久しぶりに出会ったチョウトンボ
雨量に左右される環境だが、条件が良くなれば戻ってきてくれる。

チョウトンボ♂190812.JPG
posted by 森のきのこ at 10:15| 東京 ☁| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

川辺散策ーホソミ2種とウスバシロチョウ

 いつもの川辺を散策
湧水池では、ホソミオツネントンボ♂が集まって♀を巡って縄張り争いをしていた。
 カップルは、細い草の茎で産卵中。

ホソミオツネントンボ♂190518.JPG

ホソミオツネントンボ産卵190518.JPG

 帰り際にホソミイトトンボ♂が、足元から飛んだ。
他に、ミヤマカワトンボ、オツネントンボ、ハラビロトンボも見られたが撮ることはできず。

 ホソミイトトンボ♂190518.JPG

 毎年、ウスバシロチョウの発生する土手沿いの草地で
先日、大地沢で見たように午後になればハルジョオンで吸蜜してくれる
 だろうと待つこと暫し、思い描いていたようにとまってくれた。

ヒメジョオンとウスバシロチョウ190518.JPG
posted by 森のきのこ at 17:55| 東京 ☁| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

山間の池

 毎年、この時期になると訪れている道志のキャンプ場へ行ってみた。
今日もかなりな高温となっており、平日で月曜日というのに家族連れの
 キャンパーが多く滞在していた。
今年のこの暑さ!自宅にいてエアコンフル回転では、体にも良くないし
 山間のキャンプ場で避暑をするのも良い選択だと思う。

 丹沢山系も降雨が多かったせいか、何か所も小池ができており
その内の一か所にオオルリボシヤンマとタカネトンボが繰り返し飛んできた。
 おまけにオニヤンマも現れるので追い払い合戦が続き、なかなかまともに
撮れなかったが、どうにか見られる2枚をアップ。

オオリリボシヤンマ♂180827.JPG

タカネトンボ180827-1.JPG

 散策途中に夏の花フジクロセンノウと秋の花ツルニンジンも見られた。
いつまで暑いんだろうと思ってはいても季節は進んでいるのであった。

フジクロセンノウ180827.JPG

ツリガネニンジン180827.JPG
posted by 森のきのこ at 19:27| 東京 ☀| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

河原の湧水池巡り

 今日も日中は、かなり暑そうだったので
早朝の短時間だけ河原の湧水池2か所を散策した。

 始めに立ち寄ったのは、冬季に干上がってしまうが
カトリヤンマやホソミオツネントンボが、好みそうな池で
 卵や成虫で越冬するトンボには、恰好の条件となっている。

 ホソミオツネントンボは、羽化と未成熟♀が見られた。

ホソミオツネントンボ羽化180825.JPG

ホソミオツネントンボ180825.JPG

 池の周囲では、カトリヤンマ成熟♂が、休憩中だった。
池上でホバリングを見せてくれるのは、あと1か月くらい先になる。

カトリヤンマ180825.JPG

 2か所目は、冬季でも干上がることが無い池。
ここでは、モノサシトンボ、キイトトンボ、アジアイトトンボ
 (交尾)が見られた。

 キイトトンボ180825.JPG

モノサシトンボ180825.JPG

アジアイトトンボ交尾180825.JPG

かって見られたチョウトンボは、まったく姿が見られなくなった。 
posted by 森のきのこ at 18:15| 東京 ☀| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

青い目をした♪

  散策の際にヤブヤンマが現れそうな池を見つけたので
近くを通ると立ち寄るようにしていたところ、ようやく♂のパトロール飛行を
 観察することができた。
この池、かなり汚れていて藪蚊も多く、人にとっては、近くにいるのも躊躇われる
ような状態なのだが、本種にとっては、好環境なのだろう。
 写真には、撮れなかったが♀も2回ほど姿を見せた。

 ホバリングをしてくれたのは、一度だけ、ピントも甘かったけれどまず一枚。
複眼の青さはストロボの発光によるもので自然の状態では、こうは見えない。

ヤブヤンマ♂180805.JPG

 翅の状態をみると活動末期でお疲れ気味.
すぐに池畔の枝にとまって休憩モードになってしまう。
 お休み中だと、よほど驚かせない限り、撮り放題になるのは、♀と同じだった。
  
ヤブヤンマ♂180804.JPG

ヤブヤンマ♂180805-1.JPG

 連日の暑さ、いつまで夏が続くんだという気持ちになるけれど
身近な生き物を見ているとだんだんと季節が進んでいるのが分かる。
 しかし毎日暑いですね。
posted by 森のきのこ at 20:43| 東京 ☀| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

湿地は池になっていた-カトリヤンマ♂

 10月に立て続けとなった台風&雨でカトリヤンマの湿地は、池のようになっていた。
気温も低い状態が続いていたので今年はもう会えないかと思っていたが
 14時近くになった時にようやくホバリングを始めてくれた。
カトリヤンマ♂171104.JPG

カトリヤンマ♂171104-1.JPG
posted by 森のきのこ at 18:31| 東京 ☀| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

湿地の住人達

 カトリヤンマの湿地で待機していると、いきなりタシギが現れた。
こちらに気づいてはいたがじっとしていると飛んで逃げることなく、採餌しながら移動していった。
タシギ171011-2.JPG

 ウラギンシジミ♂が湿地で吸水したあと翅を広げたところを一枚
まだ羽化したばかりなのだろう翅も綺麗だった。
ウラギンシジミ♂171011.JPG

 カトリヤンマ♂は、前回と同じように正午過ぎに現われた。
今日は、予報と違って気温が低かったせいなのか撮影チャンスは、この一回だけだった。
カトリヤンマ♂171011.JPG
posted by 森のきのこ at 18:23| 東京 🌁| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

カトリヤンマの湿地

 もうそろそろ♂のパトロールが始まる頃だろうと、カトリヤンマの湿地に行ってみた。
現地に着いたのは11時過ぎだった。
 リスアカネとオオアオイトトンボは姿を見せてくれたが本命のカトリはなかなか姿をみせず。
オオアオイトトンボ171008.JPG

コノシメトンボ171008.JPG

 2時間ほど待機して現れなかったのでそろそろ帰ろうかなと支度を始めるといきなり♂が現れた。
アブのような長時間のホバリングを交えて湿地を行ったり来たりと繰り返す。
 飛翔写真は、ストロボのGNを小さくして発光時間を調整すれば容易なのだが背景等を考えると
そう簡単には良い物は撮れない。
カトリヤンマ♂171008.JPG

カトリヤンマ♂171008-1.JPG
posted by 森のきのこ at 16:54| 東京 ☁| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

キャンプ場の池-オオルリボシヤンマ

 山間のキャンプ場にある池へトンボを見に行ってみた。
小さな池だが、集まる種類は多く今日は、オオアオイトトンボ、タカネトンボ、ミヤマアカネ、ショウジョウトンボ、シオカラトンボ、オニヤンマ、オオルリボシヤンマの7種が、姿を見せてくれた。
 オオルリボシヤンマ♂は、盛んにパトロールそして♀は産卵を繰り返していた。
オオルリボシヤンマ♂170909.JPG

オオルリボシヤンマ♀170909.JPG

オオルリボシヤンマ♀170909-1.JPG

 タカネトンボ♂♀も頻繁に現れたがホバリングが短いので綺麗に撮れず。
タカネトンボ♂170909.JPG
posted by 森のきのこ at 18:09| 東京 🌁| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

湧水池のトンボ

 昨年、カトリヤンマの産卵が、見られた河原の湿地
梅雨時の今は、どうなっているかと、行ってみた。
 降雨が、少ないにも関わらず、水は、かなり溜まっており
湿地ではなく、池状態になっていた。
湧水池170717.JPG

 ハラビロトンボが、多く発生しており、♂だけでも10頭いた。
ハラビロトンボ♂170717.JPG

 キイトトンボのカップルも見られた。
河原で見たのは、久しぶりだ。
キイトトンボ交尾170717.JPG

 ホソミオツネントンボも、見られた。
どうも、この池で繁殖しているようで、羽化したての個体もいた。
ホソミオツネントンボ170717.JPG
posted by 森のきのこ at 19:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

潜水産卵

 清流では、アオハダトンボ♀が、潜水産卵を繰り返していた。
かなり長い時間潜っていても平気なのは、翅の隙間に空気を貯めこんで
 それを吸っているということだ。
アオハダトンボ♀産卵170709.JPG

 
アオハダトンボ♂170709.JPG
posted by 森のきのこ at 19:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

川辺のトンボ便り

 梅雨の合間だが、好天が続いている。
毎年アオハダトンボが、姿を見せる川辺に行ったところ♂♀ともに岸辺の草にとまっていた。
アオハダトンボ♀170617.JPG

アオハダトンボ♂170617.JPG

 クロイトトンボのカップル多数が、河畔にある池で、産卵中だった。
本種は、単独産卵は、行わず、♂が、必ず警護する。
クロイトトンボ産卵170617.JPG

クロイトトンボ産卵170717-1.JPG
posted by 森のきのこ at 18:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月28日

ホソミオツネントンボの湿地

 昨年の河川改修で、消滅したと思っていた河原の湿地は、狭くなってはいたが
辛うじて残っていた。
ホソミオツネントンボの湿地170528.JPG

 トンボは、6種類(ホソミオツネントンボ、クロイトトンボ、アジアイトトンボ、ショウジョウトンボ、ハラビロトンボ、シオカラトンボ)見られた。
 中でもホソミオツネントンボの数は、多く、交尾、産卵シーン等、繰り返し観察することができた。
ホソミオツネントンボ♂170528-2.JPG

ホソミオツネントンボ交尾170528.JPG

ホソミオツネントンボ産卵170528.JPG
posted by 森のきのこ at 19:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

観察会-クロスジギンヤンマ産卵他

 花虫さん主催の観察会に参加した。
今年は、どんよりとして肌寒く、虫達も不活発かに思われたが、多人数の目で
 探していくと次々と顔を見せてくれた。
まずは、クロスジギンヤンマ♀の産卵、小舟のような葉に乗って行っているところを一枚。
 
クロスジギンヤンマ170514.JPG

 アジアイトトンボは、ちょうど発生のピークなのか、かなりな数を見ることができた。
アジアイトトンボ170514.JPG

 甲虫では、アシナガオトシブミ、ドロハマキチョッキリ、ヒメコブオトシブミ、
アオハムシダマシ(写真上)、ホオジロアシナガゾウムシ、ハンミョウ(写真下)等が、見られた。
 
アオハムシダマシ170514-1.JPG

ハンミョウ170514.JPG

posted by 森のきのこ at 19:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

カトリヤンマの湿地 その1

 寒い日が続いていたが、今日は一転、日向で厚着していると汗ばむくらいの陽気となった。
河原の湿地で、本命のカトリヤンマを待っている合間に、ここを縄張りとしているジョウビタキの♂が、姿を見せてくれた。
ジョウビタキ♂161112.JPG

 風が弱まって気温が上がってくるとカトリヤンマの♂が、ホバリングを始めた。
訪れる♀を待っているのだが、待ち人はなかなかこない。
カトリヤンマのホバリング161112.JPG

 疲れてくると叢に入って休憩する。
里山写真クラブ一回目の写真展で使ったのもカトリヤンマ♂なので、思い入れのあるトンボだ。
 絶滅危惧となってきているが、河川敷の湧水池では、頑張って生きている。
カトリヤンマ♂休憩中161112.JPG
posted by 森のきのこ at 19:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

湿地のトンボ

 すっかり水が引いて湿地状態になった河原の池脇で座りながら待っていると、どこからともなくカトリヤンマの♂が1頭現れてホバリングを始めた。
 残念ながら、撮影し始めるとすぐに♀が産卵に訪れてしまい、飛びかかって捕まえて藪に入り込んでしまった。
カトリヤンマ♂ホバリング161105.JPG

 水は、無いけれどオオアオイトトンボも産卵していた。
はた目から見ると無駄なように見えるが、場所を変えて何度も繰り返すことで生存率も高くなるのだろう。
オオアオイトトンボ産卵中161105.JPG

 ♂は、現れなかったが、♀は、何頭か現れて、その内の1頭は、長時間のホバリングを見せてくれた。
カトリヤンマ♀ホバリング161105.JPG
posted by 森のきのこ at 17:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする