2016年09月22日

雨続き-木の実とナラタケモドキ

 生憎の雨が続いて屋外に出ないと気が済まない者にとっては、苦痛となっている。
ということで傘を差しながら短時間だけれど近所の公園と神社を廻ってみた。
 公園では、トチの実とマテバシイの団栗を拾った。
こういう時に100均で買えるケースは、役立つ。
秋の木の実160922.JPG

 神社では、枯れたスダジイからナラタケモドキが出ていた。
このキノコは、図鑑で可食となっているケースもあるが、胃腸の弱い人は、消化不良を起こすことがある。
ナラタケモドキ160922.JPG
posted by 森のきのこ at 17:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

イイギリの実

 昭和記念公園で職場のイベントがあったので行ったところイイギリの実が赤く熟していました。この実も野鳥たちは、食べるとのことですが、まだこんなに実っているということは、あまり美味しくないのかもしれません。
イイギリの実111210.JPG

 自転車で帰宅途中の多摩川からは、夕暮れの富士が綺麗でした。
今日の富士山111210.JPG

posted by 森のきのこ at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

河原散歩-木の実その2

 昨日の続きとなります。本来は、河原のように環境が水の流れに大きく左右される場所には、ヤナギやニセアカシアが河畔林を作ることが多いのですが、私の散歩道では、野鳥たちによって運ばれてきた種から育った木を色々と見ることができます。写真のマユミの実も庭や公園から野鳥が運んできて育ったもののようです。この実を食べにメジロとコゲラが来ていました。
マユミの実111204.JPG

 ツルウメモドキの実が、熟すと冬近しという感じがします。この実も美味しそうに見えますが、野鳥の御用達果実です。
ツルウメモドキの実111204.JPG

最後は、ヘクソカズラで木の実ではなく草の実です。この実を潰すと強烈な臭いがして名前負けしません。見た目は黄金色で綺麗なのですがね。
ヘクソカズラの実111204.JPG

posted by 森のきのこ at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

河原散歩-木の実その1

 師走の河原では、熟した木の実が目立ってきました。まずはアオツヅラフジの実です。ブドウそっくりで食べられそうですが、不食です。以前紹介したこともありますがこれの種はアンモナイトそっくりです。
アオツヅラフジの実111204.JPG

 ノイバラの実は、硬くて簡単にはつぶれないので、クリスマスリースの材料として利用されることもあります。
テリハノイバラの実111204.JPG

イボタの実も真っ黒に熟していかにも美味しそうに見えますが、これも野鳥は食べるけど人は食べられない木の実です。
イボタの実111204.JPG

posted by 森のきのこ at 17:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

エビヅルの実

 裏山では、エビヅルの実が色づき始めました。エビヅルには、ブドウハマキチョッキリやアカガネサルハムシが来るので虫好きには見逃せない植物です。
実は、少し甘いけどかなり酸っぱいという味で、果物に馴れた舌にはそのまま食べても美味しいとは感じないと思います。何年も前にたくさん取れた時には、果実酒にしたことがありますが、その味はワインにかなり近かったような思い出が・・・
エビヅルの実110821.JPG


posted by 森のきのこ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

発芽したフジの種とチャワンタケの仲間

 雨の合間に公園を歩いたところ、園路脇でフジの種が発芽していました。自然の状態では、こんなふうに芽を出すのですね。
発芽したフジの種110611.JPG

 チャワンタケの仲間もちらほらと見られました。梅雨時は、菌類も活発になるので、これからいろいろ見ることができます。
チャワンタケの仲間110611.JPG



posted by 森のきのこ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月19日

山道の宝石

 とっても寒い風に吹かれながらルリビタキを待っていましたが1時間が限度でした。肩をすぼめて帰る山道で、飾れないそして食べ残された宝石を見つけました。まずヤブコウジの実です。どことなく林檎に見えて美味しそうですがそこかしこに幾つも実をつけていたので、食べても美味しくないか、毒があるかのどちらかですね。

ヤブコウジの実


























 お次は、ヤブランの実です。晩秋に見たときよりも色あせているけど、それがよけいブルーで目につきました。

ヤブランの実



















 
posted by 森のきのこ at 22:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

ヤマモモの実り

 近所の公園で、ヤマモモの実が、熟し始めています。街路樹や公園に植えられることが多く大きな雌木には、写真のように鈴なりに実がつきます。

ヤマモモ1













 実は、甘酸っぱいのですが、多少まつやに臭があります。売られている果物に慣れている舌には、美味しいとは、言いがたいですが、生食や果実酒として利用できます。
 野鳥にとっては、ご馳走ですね!

ヤマモモ
posted by 森のきのこ at 18:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

河原のクルミ

 今年は、ブナ・ミズナラの実が不作で、食べ物を求めて里に降りるツキノワグマと人との遭遇が、多いようですが、私の散歩道の河原ではクルミが、たくさんの実をつけていました。
 
ヒメグルミ























 河原のクルミには、2種類あって写真のゴツゴツした方が、オニグルミ、ハート型がヒメグルミです。両方とも縄文時代から食用にされていて、多少割るのがやっかいですが、香ばしくて美味しいです。
*調べたところ、ヒメグルミは、オニグルミの変種になるそうです。

オニグルミ・ヒメグルミ
















 オニグルミを食べたアカネズミの食痕です。
硬い堅果を両側からゴリゴリと齧って中身を食べるので穴があいています。
 人間だったら歯が折れてしまうでしょうね。

アカネズミの食痕
posted by 森のきのこ at 22:23| Comment(8) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

山栗とミズヒキ

 里山では、山栗が、実を落とし始めました。
落ちた栗は、里山に棲む生物達にとって大きな自然の恵みです。
 縄文時代の遺跡で有名な三内丸山では、ブナ科の木の実(どんぐり)が、重要な食料となっていたと聞いたことがあります。毬から顔を出した栗を見るとつい嬉しくなってしまうのは、ご先祖様の気持ちが心の片隅に残っているからなのでしょうか?

ヤマグリ


















 山道では、ミズヒキの花が、目立ちました。
近寄ってルーペで覗くと赤く見えた花は、紅白になっていました。(紅白の水引の名前の由来)
可愛らしい小さな花ですね。
ところが・・・
 この花が種になると衣類についたりして取るのが、大変な憎らしい奴に変貌します。
 もっとも、そんなところばかり歩いている私が、悪いんですけど。
 
ミズヒキ
posted by 森のきのこ at 15:34| Comment(10) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

ドングリ芽ぶく

今日は、冷たい風が吹いて、時折雨が降ったり、晴れ間がでたり、おかしな天気でした。
一日家の中では、面白くないので、午後から、近くの公園を散歩したところ、植栽されたミズナラの根元でドングリが、芽吹いていました。
この公園は草刈が入ることがあり、このまま育つのはかなり難しいので、今度掘り取って家で育ててみようかな。
それにしてもミズナラのドングリって大きいですね!
手前の桜の花びらと較べてみてください。

柏のドングリ
posted by 森のきのこ at 20:26| Comment(12) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

霜のついたムラサキシキブの実

あけましておめでとうございます。
今年も、散歩道で出合った身近な自然を紹介していきますので、一年間どうぞ、よろしくお願い致します。
さて、昨日は雨だったので、今日は、草木にかなり霜がつくだろうと、ちょっと早起きして歩いてみました。まず、ムラサキシキブの実についた霜を撮ってみました。普通に撮ってもあまり面白くないですが、霜や雪が付くと少し違った感じになりますね。

ムラサキシキブ実

posted by 森のきのこ at 14:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

ツルウメモドキ


2005111934ae6dc6.jpg何時、はじけて中の実が見られるかなと楽しみにしていたツルウメモドキの赤い実を撮りました。
人は活け花したり丸めてクリスマスリースにしたりしますが、野鳥にとってもこの実はご馳走ですね。
posted by 森のきのこ at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

ムカゴとツヅラフジの実

ムカゴがいっぱい実っていました。
茹でたり、炒めたりして食べるとなかなか美味しい秋の味です。

ムカゴ










アオツヅラフジの実は、ブドウとそっくりです。
食べると、甘いらしいのですが・・
今回は、食べてみませんでした。
種の形が、アンモナイトに似ているらしいので、それも今度、見てみよっと。

サンカクヅルの実
posted by 森のきのこ at 12:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

スズメウリとキバナアキギリ

雨が上がったので、ちょっと歩いてきました。
スズメウリが、小粒の実をたくさんつけてたのでまず一枚です。
名前の謂れは、『雀の卵に似ている』と『カラスウリに対抗して』の2説あるようです。
どっちが本当でしょうかね?

スズメウリ





キバナアキギリの雌しべは、一本長く伸びたひげ状になってます。
雄しべの葯が、蝶ネクタイのように見えませんか?
この花も丁度、今が見ごろですね。

キバナアキギリ
posted by 森のきのこ at 16:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

おいしそうに見える?


2005101385d35ffb.jpg今日は、良いお天気になりました。
いつもの散歩道で、ママコノシリヌグイの実を見つけました。いかにも美味しそうですが、図鑑等にも
食用とか出ていないので、たぶん食べられません!
名前もすごいしね。
染物には使えるかな?
posted by 森のきのこ at 19:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 木の実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする