2021年05月03日

だんごになったエナガ12兄弟

 家の庭にエナガの群れが現れた。
親に誘導されているのか?鳴き交わしながら移動している。
これは、団子になるかもしれないと後をついて行ってみたところ
.願いかなって、同じ枝に12羽がとまるところを見ることができた。

 エナガの雛
3月に見つけた巣の雛だと思いたい!

エナガ雛210503.JPG

 さかんに親に餌をねだる

親に餌をねだるエナガ雛210503.JPG

 こんなにたくさん口を開けたら
どれに餌渡しをしようか、かなり迷うのかも・・

親に餌をねだるエナガ雛210503-1.JPG

 最後は、12羽でまとまった。

エナガ団子210503.JPG
posted by 森のきのこ at 19:02| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月28日

菜園のモズ親子

 畑でキュウリの支柱を組んでいたらモズの親子が近くに飛んできた。
ちょっと前まで求愛給餌をしているのだと思っていたのだが、卵を温めていた♀に
餌渡しをしていたようだ。

 電線上で♂親に餌をねだる雛

モズの親子210428.jpg

 大きな蛾の幼虫をつかまえた♂親

モズ♂210428.JPG

 カボスの枝にとまる雛
餌渡しを見たいのだが、なかなか難しい・・

モズの雛210428.JPG
posted by 森のきのこ at 19:02| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月19日

裏山散策ー越冬明けのクビキリギスなど

 菜園へと向かう途中の草地でコジュケイ2羽が、草を食んでいた。
この時期に一緒に行動しているので♂♀の番だと思うのだが、同定するには
♂の蹴爪が見えないと無理のようだ。

コジュケイ210318.JPG

 菜園周りを縄張りにしているモズの番は、まだ営巣していない。
一緒に行動して♀が盛んに餌をねだっているが、給餌の場面は、なかなか見られず。
♂の狩りの成績があまりよくないのかな?婚約解消にならなければ良いのだが・・・

モズ♀210318.JPG

モズ♂210318.JPG

 ソラマメの畝用に支柱を選んでいたら、隙間からクビキリギスが出てきた。
冬の最中に見た残渣の中から現れたのは、元気がなく複眼にも生気が無かったけれど
今回のは、暖かさもあって複眼も生き生きとしていた。
記念撮影をしてから、スナップエンドウの畝に入ってもらった。

クビキリギス」210318.JPG



posted by 森のきのこ at 17:17| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月14日

キジバトの巣作り

 庭にあるヒバの木でキジバトが巣作りを始めた。
昨年は、カラスのちょっかいにあって子育てに失敗しているのだが
今年は、無事に育てることができるだろうか?

キジバト巣作り210314.JPG

鳩の巣は、小枝を簡単に折敷いただけのかなりラフな作りだ。
巣の材料を運んで来たところを撮りたいのだが、抱卵も始まっているらしく
バトンタッチしてすぐに巣に入ってしまうためタイミングが合わないのだ・・




posted by 森のきのこ at 17:07| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

モズの求愛

 朝方、菜園に行くとモズのカップルが電線にとまっていた。
やはり、先日、畝近くにいた♀と今冬にここを縄張りにしていた♂が
カップルとなったようだ。
1時間ほど粘ったけれど給餌の場面は、見られず。


 梅の木で餌をねだる♀と♂

モズのペア210303-1.JPG

 盛んにアピールする♀

餌をねだるモズ♀210303.JPG

 自分でムカデを捕まえた♀

モズ♀210303.JPG

posted by 森のきのこ at 17:35| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

3羽のヨシガモ♂

 先月15日にホオジロガモとミコアイサが、見られた上流の堰へ行ってみた。
キンクロハジロ、ホシハジロ、ミコアイサ、ヨシガモ、オカヨシガモ、コガモ、カイツブリ、オオバン
とそこそこ見ることができたけれど、なかなか近くには来てくれず。
撮影には、非協力的なのであった。(この言葉、どこかで聞いたような・・)


ヨシガモ♂3羽
3羽が近づいたところを一枚。
 
ヨシガモ♂×3210301.JPG

 帰りにハンノキの湿地へ寄ってみたところミヤマホオジロの小集団が
姿を見せてくれた。
 
 ミヤマホオジロ♂×2
距離が、有り過ぎて証拠写真程度なのであった。

ミヤマホオジロ♂210301.JPG


posted by 森のきのこ at 17:38| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

湿地の冬鳥

 前回、マヒワが見られた湿地で粘って待っていれば、別な鳥も現れるであろうと
期待して行ってみた。
今回は、長時間の観察を続けるつもりなので折り畳み椅子三脚とコンビニ弁当持参だ。
現地着は、10時、それから15時過ぎまで待機したところ飽きない程度に冬鳥が姿を見せてくれた。

ハンノキの実を採餌するマヒワ♀

マヒワ♀210223-1.JPG

樹下に降りて水を飲むマヒワの番

マヒワ番210223.JPG

藪中のアトリ♂
10羽ほどの群れが見られたが、近くに来てくれたのは、この♂のみ。

アトリ♂210223.JPG

採餌中のトラツグミ
シロハラやツグミは、カサコソと音をたてていたけれど
あまり音をたてずに採餌していた。

トラツグミ210223.JPG

この場所、かっては、ミドリシジミとサラサヤンマが見られる時期に
まめに訪問していたのだが、しばらく足が遠のいていた。
今回、急に思いついて久しぶりに行ってみたところ冬鳥が、多くみられることが分かった。
冬の間、もう暫くは楽しめそうだ。
posted by 森のきのこ at 18:11| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

ハンノキ林のマヒワ

 ミドリシジミを見に行っていた公園のハンノキ林に、この木の実と湿地を好む
野鳥が見られないかと行ってみた。
 かって横浜の舞岡公園でヤマシギとアオシギを見たのと似たような環境なのだが
シギの類は、見られず。
 樹上狙いで座って待っていたところ独特の『チュイーン』という鳴き声と共に
マヒワの群れが来てくれた。


マヒワの♂
運よく現れてくれたのは良かったのだが、かなり距離がある上に枝被りが多く
まともに見れたのはこの写真の♂のみ。

マヒワ210221.JPG
posted by 森のきのこ at 17:18| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月19日

逃げないモズ♀と土手のイソヒヨドリ♂

 菜園で畝作りをしていたらモズの♀が、やって来た。
かなり空腹なのか、耕した土から出てくる生き物を狙うのに集中して
近くに寄っても逃げようとはしない。
 昨年10月にこの菜園を縄張りとしたのは、♂だったのでこの♀と
番になったのかな?

モズ♀210219.JPG

 菜園から帰宅後に川沿いの遊歩道でエナガの巣材集めを見ていたら
イソヒヨドリの♂が土手に飛んで来た。
昨年、近所の大型駐車場で営巣もしていたので、かなり身近な鳥になってきた。

イソヒヨドリ♂210218-1.JPG
posted by 森のきのこ at 17:27| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

エナガの巣作り

 近所の公園でジョギング後にストレッチをしていたら、エナガが巣材を集めていた。
カメラを持って出直して、どこに行くのかを観察していると戻っていく方向は、同じで
巣材を集める公園とを行き来しているのだった。
その場所へ行ってみたところ、かなり分かりずらかい位置だったが、篠竹の植え込みに
楕円形の巣が、ほぼ出来あがっていた。
現在、巣の中に入れる他の野鳥の羽毛を集めかかりだしたところのようだ。

巣材のコケを集めるエナガ

巣材集めエナガ210218.JPG

混んだ篠竹の中にあった巣
ここならカラスの被害にも合わないかもしれない

エナガの巣210218.JPG

巣材を入れた後、巣穴から顔を出した

エナガの巣210218-1.JPG
posted by 森のきのこ at 21:27| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

ホオジロガモとイロハモミジ観察

 毎年、堰に越冬しに来ているホオジロガモを見に行ってみた。
遠目にミコアイサ、キンクロハジロが、いるのが見えたがホオジロガモはおらず。
 ミコアイサが、近くに来ないかと座って待っていると2羽のホオジロが飛んできた。

ホオジロガモの♀2羽
今年も大きな群れは来ていないようだ。

ホオジロガモ210214.JPG

ミコアイサ4羽の群れ、1羽は、エクリプスかな?
警戒しているようで近くには、来てくれなかった。

ミコアイサ210214.JPG

 昨年、ミスジチョウの越冬幼虫が見られた植栽イロハモミジに寄ってみたところ
ウスタビガの空繭×2、オオカマキリの卵鞘×3、イラガの繭×5がついているのが見られた。
 今年は、ここでミスジチョウ幼虫は、見られず。

ウスタビガの空繭
♀は、羽化後の繭に産卵することが多いようだがこれは、ついている枝の股に1卵ついている。
昨年11月後半に訪れていれば、羽化が見られたかもしれない。今年、再チャレンジだ。

ウスタビガ繭210214.JPG 


 イラガの繭
5個の内3個には、イラガセイボウの寄生産卵痕があった。
寄生率は、かなり高い。

イラガの繭210214.JPG

posted by 森のきのこ at 17:40| 東京 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

谷戸のベニマシコ

 冬の河原で出会うことが多いベニマシコだが、里山の谷戸でも身を隠す場所と
餌になる草木があれば越冬している。
 今日は、里山の谷戸で久しぶりにベニマシコ♂♀を見ることができた。

 ヤナギの高枝にとまったベニマシコ♂と♀
このちょっと前に新芽を食べていた。

ベニマシコ♂210210.JPG

ベニマシコ♀210210.JPG

 

 
posted by 森のきのこ at 17:04| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月05日

ヨシガモが戻ってきた

 定点観察している河原で、1月25日にいなくなったかに見えた
ヨシガモ♂3羽が、戻ってきていた。
 ちょっと遠くてクリアではないけれど3羽一緒に休憩中。

ヨシガモ♂3羽210205.JPG

 ナポレオン帽子のような後頭部もようやく見せてくれた。

ヨシガモ♂210205.JPG

 ここは、水鳥のちょっとした休憩場所になっていて色々集まってくる。
仲良く5種(カワウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、コガモ、オオバン)混合中を一枚。
  

5種混合210205.JPG

この中に入っていないけれど他にオカヨシガモ、ハシビロガモも近くで休憩していた。
posted by 森のきのこ at 17:58| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月03日

オオタカが現れた

 昨日の朝方、裏山散歩コースを歩いているとカラスが、やたらと騒いでいるので
気になって脇道に入ってみたら倒木からオオタカが飛んだ。(撮影はできず)
 倒木の周囲には、解体をしていたドバトの羽が散らばっていた。

オオタカ狩りの痕跡210201.JPG

 そして今朝方、エノキの落果を食べているイカルの群れを見ていたら
いきなりオオタカが、突っ込んできたのだった。(これも速過ぎて撮影できず)
 残念ながら狩りの方は、失敗だったが、NHKの番組でも
見ているかのような、臨場感だった。

 採餌中のイカルの群れと突っ込んできたオオタカ(若)

イカルの群れ210201.JPG

オオタカ若210201.JPG

 菜園から雑木林を巡る散歩コースでは、一昨年から昨年にかけてハイタカが
頻度良く見られたのだが今年は、オオタカ(若)が、入り込んだようだ。

 

posted by 森のきのこ at 17:12| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月28日

菜園散歩ーカシラダカとジョウビタキ

 撮影は、できなかったけれど昨冬に見た果樹園を囲った網を利用する
ハイタカの狩りを期待して、菜園の散歩コースを歩いているのだが
 痕跡含めて今年はまだ確認できていない。
獲物になるツグミ、ムクドリ、ヒヨドリの数は、増えてきているので近々
 現れるのではないかと期待は、しているのだが・・・

 今日は、林縁で見ることが多かったカシラダカが、菜園に現れた。
柿木にとまったところを一枚。

カシラダカ210127.JPG

 毎日のように出会うジョウビタキ♀
人に慣れてかなり近くに寄れるのもいるけれど
 この♀は、ガードが固くなかなか近づけない。

ジョウビタキ♀210128.JPG




posted by 森のきのこ at 17:07| 東京 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月25日

獲物がでかすぎた!

 22日に確認したヨシガモ3羽を見に河原へ行ってみたが別な場所へ
飛んで行ってしまったらしく1羽も見られずだった。
 場所を変えて湧水池の畔に座っていると魚を捕らえたカワセミが
倒木の上にとまった。
 獲物が、大きかったため飲み込みやすくしようと向きを変えて
木に叩きつけていたが、かなり持て余し状態なのであった。

カワセミ210125-2.JPG


210125-1カワセミ.JPG

210125カワセミ.JPG3.3
posted by 森のきのこ at 17:53| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

河原散策ーヨシガモ+1羽増

 今日は、定点観察している河原の散歩コースを歩いてみた。
昨年の12月25日に確認していたヨシガモ♂が、3羽になっていた。
 もしかすると1羽見逃していたのかもしれない。

ヨシガモ120123-1.JPG

 3羽一緒に泳ぐところを撮れないかなと期待して
石の上に座って待ってみたけれど、お尻の痛さに我慢ができず引き上げた。
石の上にも三年ではなく、30分程度では望み達成は難しいのであった。
 生き物相手では、思うようにはいかない。次回は、キャンプ用の小型椅子
を持って、時間を変えて出直してみたい。

ヨシガモ♂210123.JPG

 セキレイの仲間も数多く見られた。
タヒバリが石の上に乗ったところを一枚。

ビンズイ210123.JPG

 茅原に集まる小鳥を狙ってハイタカも姿を見せてくれた。
飛翔スピードがありすぎて撮るのは難しい。

ハイタカ120123.JPG
 

posted by 森のきのこ at 17:42| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

裏山の野鳥

 今日もエノキの実にイカルが、集まっているかなと期待して裏山へ行ってみた。
寒さを堪えて待っていると昨日よりちょっと近くに飛んできてくれた。
 複数の群れで行動しているようで、この群れは10羽くらい。
昨日は、羽数が多く嘴でエノキの実を割る音が聞こえるほどだった。
(写真は1羽)

イカル210120.JPG

 寒さに耐えられず、菜園の方へ戻ったところブルーベリー畑の脇でアカハラが採餌していた。
今シーズン初見となる。

アカハラ210120.JPG
posted by 森のきのこ at 17:26| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

裏山のイカル

 菜園の野菜に給水していたら
雑木林の方からイカルの鳴き声が聞こえてきた。
 驚かさないようにゆっくりと接近すると
群れでエノキの落果を食べているところだった。

裏山のイカル210118.JPG

 さらに接近しようとしたが微妙に気配を察するらしく近づくことはできず。
見張り役を配置しているかのようだ。

210118裏山のイカルー1.JPG
posted by 森のきのこ at 16:30| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月03日

年賀

 旧年中は、当ブログを訪問頂き、有難うございました。
だんだんとネタ不足の感が出てきましたが、マイペースで更新して行きます。
 本年もよろしくお願い致します。

 皆様に幸運が訪れますように青い鳥ルリビタキ
(昨年末にムラサキツバメ集団を見た公園にて)

ルリビタキ♂201231.JPG
 
posted by 森のきのこ at 11:41| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする