2018年10月21日

マムシの・・・?

 マムシと聞いて当ブログを見ている方は、何を思い浮かべるだろうか?
歴史に興味がある人は、大河ドラマにも度々登場する下克上そのものの
 戦国大名の蝮の道三(斉藤道三)を思い浮かべるかもしれない。
お笑いでは、毒蝮三太夫という人もいた。・・・ちょっと古いですね。
 おまけに精力剤で蝮ドリンクというのもあったかな。

 今日は、定点観察している河原の湧水池でマムシを見た。
体の銭型模様と頭が三角形なのが特徴だ。
 過去に何度か遭遇した個人的な経験からだが、他の蛇と違ってのろまで俊敏に動けない。
長い棒があれば、捕まえるのも簡単。(・・・真似は絶対しないように!)
待ち伏せ型の狩りをするので早い動きは必要無いのかもしれない。

マムシ181021.JPG

 マムシに遠くに行ってもらった後で
トンボ達を観察し始めると、あれれ、何やらおかしな組み合わせが・・・
 リスアカネ♂が、ミヤマアカネ♀に求愛していた!
有りえないのだろうが、仮に繁殖できたとしたらどんなトンボになるのかな?

リスアカネ&ミヤマアカネ求愛181021.JPG


 そろそろ帰ろうかなと支度をしていたら
今日の本命カトリヤンマ♂が姿を見せてくれた。
 ホバリングは、一回だけだったので撮れず。
止まりものを一枚。

カトリヤンマ♂休憩中181021.JPG
posted by 森のきのこ at 17:48| 東京 ☀| Comment(0) | 爬虫類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする