2019年11月04日

晩秋の里山歩き

 久しぶりに里山を歩いてみた。
大型台風で激変した河川敷に比べると、大木が倒れる等、多少の被害はあったものの
 散策路は、普通に歩くことができた。

 梅林でイラガの古い繭空を見ていたら、繭の穴の開き方に違いがあるのに気が付いた。
並べてみると良く分かるが、上部に綺麗に円形に空いた方が、イラガが出てきた方。
 不自然にギザギザした方が、イラガセイボウの脱出痕になる。
イラガセイボウは、まだ見たことが無い。
 羽化の季節に梅林を、まめに歩けば出会えるかもしれない。

イラガの古繭191104.JPG

 アカメヤナギの枯れ枝からは、この時期にお馴染みのヒラタケが出ていた。
オイスターマッシュルームとも呼ばれて世界中で栽培されているキノコだ。

ヒラタケ191104.JPG

 同じところで、こちらも寒くなってくると出始めるエノキタケも出ていた。

エノキタケ191104.JPG

 腐植土に覆われた日陰の道脇では、サンコタケが出ていた。
仏教で使う三鈷(サンコ)に形が似ていることから名づけられたという。

サンコタケ191104.JPG




posted by 森のきのこ at 17:16| 東京 ☁| Comment(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

キセキレイのトンボ狩り

 晩秋になるとカトリヤンマが集まる河川敷の湿地に行ってみたが
度重なる大型台風の水害によって環境は激変していた。
奥多摩方面からの流入量が多いせいか、普段は、流れの無い場所も
川状態になっていた。

水害痕191102.JPG

水害痕191102-1.JPG

岸辺を歩いていくと砂地に見慣れない足跡を見つけた。
偶蹄目の足跡(蹄が偶数)なので鹿か猪なのだが、どちらかな?

イノシシの足跡191102.JPG

 座っていれば、何か来るかなと待っていたら
キセキレイがオオアオイトトンボを捕まえるところを見ることができた。

キセキレイのトンボ狩り191102.JPG
posted by 森のきのこ at 19:04| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

畑のジョウビタキ♂

 菜園にジョウビタキが来る季節になった。
今日は、♂2羽が、縄張り争いを繰り返していた。
 バトル中なら近寄れるかと思ったのだが、傍に行くと飛んで行ってしまう。
渡ってきて間もないので、まだ警戒心強い。


 野菜用の支柱は、格好の止まり場所だ。

ジョウビタキ♂191026.JPG

ジョウビタキ♂191026-1.JPG

 縄張りを主張して『ヒッ、ヒッ』と鳴く♂

ジョウビタキ♂191026-2.JPG
posted by 森のきのこ at 18:32| 東京 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

庭のホシホウジャク

 庭に植えたホトトギスの花にホシホウジャクが吸蜜来ていた。
ハチドリのようにホバリングして長い口吻を花に差し込んでいた。
 花粉を媒介するわけでもないので受粉には、全く役立っていないのだろう。

ホウジャク191020.JPG

ホシホウジャク191021.JPG
posted by 森のきのこ at 18:57| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

キララタケの幼〜成〜老

 今日も夜中から降り始めた雨が、朝まで続いて遠出を躊躇させる天気となった。
これだけ降れば何か出ているだろうと雨が止んだのを見計らって定点観察している
 公園を歩いていたらキララタケが、群生しているのに出くわした。

 まずは、幼菌、この段階で傘にある鱗片が、雲母のようにキラキラ光ることから
キララタケと名付けられたという。

キララタケ幼菌191019.JPG

 傘を開いて胞子を飛ばしている成菌、命を繋ぐために懸命だ。

キララタケ成菌191019.JPG

 役目を終えて傘が溶けはじめた老菌
明日の朝には、跡形も無くなっているのだろう。

キララタケ老菌191019.JPG
 
posted by 森のきのこ at 19:18| 東京 ☁| Comment(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする