2017年03月25日

新治市民の森観察会

 HP道端自然観察館の花虫さん主催の新治市民の森観察会に参加した。
生憎、主催の花虫さんは、体調不良で参加できなかったが、総勢15人で、何かいないかなと園路をきょろきょろしながら歩いた。
本日の主役、ミヤマセセリは、気温の低い時間帯は、ちょっと飛んでは、休憩と不活発だったが、上昇してくるにつれてモミジイチゴの花で、吸蜜をしたりと動き始めた。
ミヤマセセリ170325-2.JPG

ミヤマセセリ170325.JPG

 ビロウドツリアブも多かった。
同じモミジイチゴで吸蜜しているところを一枚。
ビロウドツリアブ170325-1.JPG

 ウグイスカグラは、丁度見頃で白花型も見ることができた。
ウグイスカグラ170325.JPG

ウグイスカグラ白花型170325.JPG

 最後は、ツバキの樹下で春を告げるキノコ
ツバキキンカクチャワンタケが、顔を見せてくれた。
 
ツバキキンカクチャワンタケ170325.JPG
 
posted by 森のきのこ at 20:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

湧水池の鳥

 昨日は、小山田緑地から多摩川の湧水池へと移動してみた。
池畔に座ってぼんやりしながら待っていると遠くに何やら動くものが・・・
 個人的に、多摩川で初認となるタシギであった。
ゆっくりと近くに移動してみたが、どこへ行ったか見失ってしまった。
 警戒心も強い。
タシギ170320.JPG

 こちらは、じっとしていれば、平気に目の前に出てくれるバンとアカハラ
採餌に夢中な時には、尚更だ。
バン170320.JPG

アカハラ170320.JPG
posted by 森のきのこ at 19:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

公園散策

 もうそろそろ、ミヤマセセリやコツバメが、飛んでいるかと小山田緑地を歩いてみた。
生憎、まだお出ましには、なっておらず、会う事は、できなかったが、ムラサキシジミ
 テングチョウ、スジグロシロチョウ等が、飛び回っていた。
ムラサキシジミ170320.JPG

スジグロシロチョウ170320.JPG

テングチョウ170320.JPG
 シモクレンの花が、見事だった。
雨にあたるとすぐに傷んでしまうので、見頃は、今週一杯かも。
シモクレン170320.JPG
 
posted by 森のきのこ at 20:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

奥秩父の谷にフクジュソウを訪ねて その2

 目の前には、谷一面にフクジュソウの花畑が、広がっていた。
なぜ、この谷だけにこれだけの数が、咲いているのか、不思議だ。
 キンポウゲ科の毒草なので、鹿などが、食べることはないはずであり。
この植物の繁殖方法に理由が、あるのかもしれない。
谷いちめんのフクジュソウ170318.JPG

 また訪れることは、ないかもしれないので、何枚も撮影してみた。
その中で気に入ったカットを選んでみたけれど、現地で見た感動をそのまま、残すのは、難しい。
フクジュソウ170318.JPG

フクジュソウ170318-2.JPG

 名残惜しかったが昼食を食べて尾根へ登った。
尾根道にも雪が多く残っており、慎重に帰路についた。
尾根の残雪170318.JPG

 帰り道で、ザゼンソウ群落地の表示板が、あったので寄ってみた。
生息条件が、悪くなっているのか小さい花が、多かった。
 見まわしていると珍しいアオザゼンソウが、一株だけあったので、撮ってみた。
アオザゼンソウ170318.JPG
posted by 森のきのこ at 13:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

奥秩父の谷にフクジュソウを訪ねて その1

かねてから一度は、見てみたいと思っていた奥秩父の谷奥にある
フクジュソウの群落地を訪ねてみた。
 現地までのルートは、まともな登山道では、ないので、読図が、ある程度
できることと、充分な体力が、なければ、歩くのは難しい。
 踏みあと程度の道が延々と続き、険しい谷沿いをトレースするなど
かなり危険な場所もあった。

登り口には、木製のオブジエが、色々あったが、カッパの釣りが、印象的だった。
オブジエ170318.JPG

 今は、廃屋となった場所までは、しっかりとした道が、続いていた。
ここまで、車道はなく徒歩でなければ、来ることはできないので住んでいた人は、かなり苦労したであろう。
山道170318.JPG

廃屋170318.JPG

 さらに進むと沢沿いを歩くようになり、残雪もかなり多く、転倒に注意しながらキックステップで進んで行った。
沢.JPG

沢沿い170318-1.JPG

 そして、ようやくたどり着いたフクジュソウ群落地、黄色い花が谷いちめんに広がっていた。
 
谷いちめんのフクジュソウ170318-1.JPG

 その2へ続く!
posted by 森のきのこ at 19:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする