2017年03月13日

続・谷戸のクイナ

 再度、谷戸のクイナを見に行ってみた。
昨日は、逆光の位置だったので順光になる場所に陣取ること暫し・・
 葦原の奥から姿を見せ始めた。
170313クイナ.JPG

 座っているところは、日陰で、かつ曇天ということで、震え上がるような寒さだったが
とにかく、動かず、音を立てずの忍耐の待ちを続けていると、ようやく茂みから姿を見せてくれた。
クイナ179313-1.JPG

 最接近した時は、目の前3mまで来たが、どうしても藪がかかってしまう。
クイナ170313-2.JPG

 他に、トラツグミやルリビタキ♀(写真)も現れたが、日陰の寒い場所で待機するのは、体によろしくない。
やや、風邪気味となってしまった。
ルリビタキ170313.JPG
posted by 森のきのこ at 21:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

谷戸のクイナ

 谷戸の奥にある葭原にジョウビタキやルリビタキがいたので、近くにこないかと座っていると茂みの奥の方で何やら動くものが、見られた。
 多摩川の葭原などで、たまに姿を見ることがある用心深いクイナであった。
クイナ170312-5.JPG

クイナ170312-4.JPG

 暫く、他のところを散策してから様子を見に戻ったところ
何と! 葭原の外へ出て採餌をしていた。
クイナ170312.JPG

クイナ170312-1.JPG

 生憎、逆光気味なので、綺麗に撮れなかったが、全身をクリアに見れたのは、初なのであった。
posted by 森のきのこ at 18:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

河原散策-越冬明けの虫達

 吹く風は、暖かく、越冬後の虫が、色々見られた。
ベニシジミ(写真)、キタテハ、キチョウ、モンキチョウ、モンシロチョウ、フチグロトゲエダシャク、ツチイナゴ(写真)、セイヨウミツバチ(写真)等、蛹や成虫で越冬しているのだが、飛び出さないと見つけるのは、難しい。
 フチグロトゲエダシャク♂は、ひらひらと飛ぶのを、何度も見たが、着地点を見失って写真に撮ることは、できなかった。
ベニシジミ17305.JPG

ツチイナゴ170305.JPG

セイヨウミツバチ170305.JPG
posted by 森のきのこ at 19:37| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

水路のコサギ

 コサギの飾り羽が、目立つようになってきた。
足をモゾモゾと動かしながら餌取りをしていたが、見ている間に獲ることはできず。
コサギ170304.JPG

posted by 森のきのこ at 19:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

河原散歩

 河原も冬から早春の気配となってきた。
湧水池の畔で座っていたら餌を探すアカハラと水浴びするビンズイを見ることができた。
ビンズイ170225.JPG

湧水池のアカハラ170225.JPG

 タチヤナギでコムラサキの幼虫を探したら、5頭が、同じ木で越冬中だった。
幼虫の体色は、黒や茶色等、変化が多い。
コムラサキの越冬幼虫170225.JPG
posted by 森のきのこ at 19:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする