2019年09月21日

公園歩き-マエグロハネナガウンカ

 大きな台風が、近づいているせいで冴えない天気となった。
キノコに的を絞って定点観察している緑道、公園を歩いてみたけれど
 秋のキノコにはまだ時期が早いせいか、腐ったハツタケの仲間以外に何も
見られずだった。

 公園の遊歩道のイボタの木に、ウラゴマダラシジミの卵でもあるかなと見ていたら
マエグロハネナガであろうウンカが、4頭ほどとまっていた。
 この仲間は、特徴がある面白い顔つきをしている。

マエグロハネナガウンカ190921.JPG

マエグロハネナガウンカ190921-1.JPG
posted by 森のきのこ at 19:25| 東京 ☁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月15日

大地沢観察会

 大型台風のあと暫く暑さが続いたが、ようやく凌ぎやすくなってきた。
昨日は、観察会仲間のmyさん企画の大地沢観察会に参加した。
 集合時間前に遊歩道脇でヒメコブオトシブミが、葉揺を作っているのを見つけた。
この時期まで葉揺作りをしているとは意外。

ヒメコブオトシブミ190914.JPG

 本命のヒメカマキリを探して谷戸へ歩いていくとヤマグワの葉上にヤママユ♂が
とまっていた。とりあえず撮ってから目線位置にとまらせてと考えたのだが
そこは生き物相手、とまり位置から動かしてみたら、予想外に元気に飛んで行ってしまった。

ヤママユ♂190914.JPG

 ヒメカマキリは、なかなか見つからなかったが
アケビコノハの幼虫、チャバネセセリ幼虫、冬虫夏草カメムシタケなどが見られた。

アケビコノハの幼虫.JPG

ジャノメチョウ幼虫19-914.JPG

カメムシタケ190914.JPG

 最後のチャンスとばかりにもう一度、実績のある池畔へ行ってみたところ
my奥方が本命のヒメカマキリを見つけてくれました。

ヒナカマキリ190914.JPG

posted by 森のきのこ at 19:12| 東京 ☁| Comment(0) | 観察会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

旅をする沢蟹

 帰宅したところ食器の中に沢蟹(コガニ)が、いた。
家族に聞いたところ、居間の床を這っていたとのことだ。
 おそらく愛犬ポンの散歩の際に、毛にしがみついて来たのだろう。
蟹にしてみれば、移動距離や運など奇跡的な旅をしていることになるであろう。
 雑食なのでドックフードを餌にあげたところ気にいったようで食べている。
週末には、丘陵の沢に放す予定だ。

サワガニ(コガニ)190911.JPG

 
posted by 森のきのこ at 19:15| 東京 ☀| Comment(0) | 甲殻類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

池脇のきのこ

 残暑厳しい日が続く
所要の合間にヤブヤンマの小池とセイボウの古民家を歩いてみたけれど
 ヤブヤンマは、滞在時間短く撮れず、セイボウは、今季の寄生活動を終了したようで
姿を見せずだった。
 
 池の脇で、傘がおちょこになったキノコが束生しているのを見つけたので一枚
ダイダイウラベニタケだと思うのだが・・・

キツネタケモドキ?190901.JPG
posted by 森のきのこ at 21:02| 東京 ☀| Comment(0) | きのこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

良く似ている-ハグロとアオハダ

 一昨日、多摩川水系で見たハグロトンボの♂
同じ場所で発生するので、最初に見た時に一瞬アオハダ♂かなと
 思ったのだが、翅の色が全く違う、ハグロ♂の翅は、黒いし
アオハダは、この時期には、まず見られない。

過去画像(2015年7月)を見たところ翅の色が全く違うのだった。

 昨日のハグロトンボ♂
  
ハグロトンボ♂190825.JPG

 4年前の7月に同じ場所で見たアオハダトンボ♂

アオハダトンボ150712.JPG

 帰りに寄った湿地になった休耕田では、オオイトトンボが発生していた。

オオイトトンボ190825.JPG
posted by 森のきのこ at 19:30| 東京 ☀| Comment(0) | トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする