2017年05月02日

ドロハマキの林道

 もうそろそろお出ましでは、なかろうかとドロハマキチョッキリの林道を歩いてみた。
食草のイタドリは、葉が、伸びたばかりで、去年より季節の進みは、少し遅いようだ。
 揺藍も3個ほどあったが、作製中のをみることはできず。
葉上で、一頭をようやく見つけることができた。
ドロハマキチョッキリ170502-1.JPG

 林道の法面で、フモトスミレが、咲いていた。
斑入りが、ないかと探してみたが、ここでは、見つけることが、できなかった。
フモトスミレ170502.JPG

 戻り道で、イロハモミジの植林を見たところ、ファウストハマキチョッキリと
ドロハマキ濃青色型が、揺藍を作っている所を見ることができた。
ファウストハマキチョッキリ170502-1.JPG

ドロハマキチョッキリ濃青色型170502-1.JPG
posted by 森のきのこ at 20:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

ホオの花

  毎年、GWには、見に行くホオの花
高所に咲くので、なかなか目の前で見ることが、できないのだが
 この場所は、片側が土手になっていて触ることが、できるぐらいだ。
作りが大きいので、花の寿命は、短い、雨にあたると直ぐに傷んでしまう。
ホオの花170501.JPG

ホオの花170501-1.JPG
posted by 森のきのこ at 19:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

裏山のマルバスミレ

 家の裏山では、タチツボ、アカネ、マルバの3種のスミレが
この時期に花を咲かせている。
 マルバスミレは、八王子の長池公園生き物図鑑にも投稿が、無いので
僅かに残った緑地で辛うじて生き残っているのかもしれない。
マルバスミレ170423.JPG

 アカネスミレも少ないけれど花を咲かせていた。
アカネスミレ170423.JPG

posted by 森のきのこ at 19:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

渓流の蝶と花

 今日は、奥多摩の渓流沿いの道を歩いてみた。
昆虫は、気温が、低いせいなのか、見られたのは、スギタニルシジミのみだった。
 山地性で食樹が、トチノキということで登山道では、頻度よく見ることができる。
スギタニルリシジミ170422.JPG

 スミレ類は、ナガバノスミレサイシン(上)、エイザンスミレ(中)、ヒナスミレ(下)を
見ることができた。
ナガバノスミレサイシン1709422.JPG

エイザンスミレ170422.JPG

ヒナスミレ170422.JPG

 ニリンソウとヤマエンゴサクも見ごろだった。
今年は、若干季節の進みが遅いような気がする。
ニリンソウ170422.JPG

ヤマエンゴサク170422.JPG
posted by 森のきのこ at 19:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

新緑のコナラ

 谷戸のコナラが、芽吹いて葉を展開し始めた。
ここを訪れる度に見ており、晩秋や雪景色も見事だが、力強さを
 感じるのは、春の今頃だと個人的には思う。
谷戸のコナラ170415.JPG

 田圃のあぜ道では、和名にも紫とつくムラサキサギゴケが、目立っていた。
ムラサキサギゴケ170415.JPG

posted by 森のきのこ at 19:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする